スタッツ微減も前向きに捉えられた3シーズン目を終え、笑顔で帰国(シアトル・ストーム/JX-ENEOSサンフラワーズ 渡嘉敷来夢選手)

スタッツ微減も前向きに捉えられた3シーズン目を終え、笑顔で帰国(シアトル・ストーム/JX-ENEOSサンフラワーズ 渡嘉敷来夢選手)

WNBAシアトル・ストームでの3シーズン目を終えた渡嘉敷来夢選手が9月19日夕方、笑顔で帰国した。 開幕戦、引退したNBAレジェンドのコービー・ブライアント氏が観戦する中、アウェーで行われたLAスパークス戦で先発を任され… Read More »

Mami’s photo report 関東アーリーカップ 9/3決勝戦 アルバルク東京

Mami’s photo report 関東アーリーカップ 9/3決勝戦 アルバルク東京

9月1日〜3日、船橋アリーナで開催された関東アーリーカップ。 9月3日、激戦を繰り広げた決勝戦、東京vs千葉戦の模様を、アルバルク東京の視点から振り返ります。 今季、秋田から移籍してきた #3 安藤誓哉の鋭いドライブ。 … Read More »

Mami’s photo report 関東アーリーカップ 9/3決勝戦 千葉ジェッツふなばし

Mami’s photo report 関東アーリーカップ 9/3決勝戦 千葉ジェッツふなばし

9月1日〜3日、船橋アリーナで開催された関東アーリーカップ。 その決勝戦を千葉ジェッツふなばしの写真から振り返ります。 千葉#21 キャビン・エドワーズ。昨シーズンまで三河でプレーし、今季より千葉へ移籍。何度も富樫とコミ… Read More »

B.LEAGUEシーズン2テーマは、『BUILD UP』!多くの課題を[ Breakout ]!

B.LEAGUEシーズン2テーマは、『BUILD UP』!多くの課題を[ Breakout ]!

9月11日に行われたTIPOFFカンファレンス。 2シーズン目を迎えるB.LEAGUEのシーズンテーマは『BUILD UP』。 新しいバスケットボール文化を『築き上げる』ために考えられた、昨シーズンとは違う新たな仕組みや… Read More »

本命不在!? 群雄割拠な関東大学オータムリーグ開幕!

本命不在!? 群雄割拠な関東大学オータムリーグ開幕!

関東大学1部「オータムリーグ」が9月9日より開幕した。その開幕戦では、早稲田大学が15点差をつけて白鷗大学を破った以外、残る4試合は全て一桁点差の接戦続きであった。今シーズンのオータムリーグはこれまでの成績を忘れて、全1… Read More »

7人を入れ替えた大阪が浮上するためのカギ(大阪エヴェッサ)

7人を入れ替えた大阪が浮上するためのカギ(大阪エヴェッサ)

7千人収容可能な府民共済SUPERアリーナを本拠地とする大阪エヴェッサのアリーナ環境は、B1クラブの中ではトップクラスである。混戦となった昨シーズンの西地区において大阪は、1ゲーム差で琉球ゴールデンキングスに及ばず、チャ… Read More »

「ベテラン×若手・新戦力」の融合が未来を拓く

「ベテラン×若手・新戦力」の融合が未来を拓く

僕ら世代がチームを引っ張っていく 東京パラリンピックへ向けて、新たに始動した車椅子バスケットボール日本代表が世界の強豪チームに挑んだ「三菱電機 WORLD CHALLENGE CUP 2017」。2勝2敗、リーグ戦と3位… Read More »

ポテンシャルを引き上げ、巻き返しを図る雑草軍団(滋賀レイクスターズ)

ポテンシャルを引き上げ、巻き返しを図る雑草軍団(滋賀レイクスターズ)

西地区のライバルである琉球ゴールデンキングス、京都ハンナリーズ、そして大阪エヴェッサはいずれも7人の選手を補強した……補強?半分以上の選手を入れ替えた時点で、全く新しいチームになったと言った方が適切かもしれない。 昨シー… Read More »

経験浅い原石をゴールドに輝かせられるか!(琉球ゴールデンキングス)

経験浅い原石をゴールドに輝かせられるか!(琉球ゴールデンキングス)

関西アーリーカップを制した直後、開口一番「周りには勝って当然と言われてますが、僕らはそんなことは思っていません」と新指揮官の佐々宜央ヘッドコーチは言った。全くもって同感である。 昨シーズンのファイナルMVP古川孝敏選手、… Read More »

Mami’s photo report 9/3 関東アーリーカップ3位決定戦@船橋アリーナ

Mami’s photo report 9/3 関東アーリーカップ3位決定戦@船橋アリーナ

B.LEAGUEとなって初の試み、「アーリーカップ」なるトーナメントが9月1日~3日、催された。全4地域で開催された今大会の、関東トーナメント3位決定戦【川崎ブレイブサンダース vs 栃木ブレックス】を写真で振り返る。 … Read More »

世界のトップに通用する手応えを感じられた価値ある3位「三菱電機 WORLD CHALLENGE CUP 2017」

世界のトップに通用する手応えを感じられた価値ある3位「三菱電機 WORLD CHALLENGE CUP 2017」

男子車椅子バスケットボール日本代表が世界に挑んだ「三菱電機 WORLD CHALLENGE CUP 2017」は、リーグ戦を1勝2敗で終えた。9月3日の最終日には、予選で1勝を挙げたトルコと再び3位決定戦で対戦。予選では… Read More »

関西アーリーカップは琉球が制し、初タイトル奪取

関西アーリーカップは琉球が制し、初タイトル奪取

関西アーリーカップは、琉球ゴールデンキングスが滋賀レイクスターズを74-68で下し、栄えある初代関西王者に輝き、優勝賞金200万円を手にした。3 Pシュートを4本決め、14点を挙げた琉球#14岸本隆一選手がMVPを獲得。… Read More »

「三菱電機 WORLD CHALLENGE CUP 2017」開催中!今宵19:35〜イギリス戦(観戦無料)

「三菱電機 WORLD CHALLENGE CUP 2017」開催中!今宵19:35〜イギリス戦(観戦無料)

8月31日、絶対に負けられないオーストラリア戦を2-0で勝利。サムライブルーがワールドカップ出場を決め、日本は歓喜に沸いた── 同時刻、東京体育館でも日本vsオーストラリア戦が行われていた。こちらの結果は69-70、惜し… Read More »

アグレッシブ・インテンシティ・ストロング(アルバルク東京)

アグレッシブ・インテンシティ・ストロング(アルバルク東京)

弊誌Vol.12「CHANGE」がそろそろ全国に発送される頃である。 その中で栃木ブレックスを紹介しているが、アルバルク東京も取材候補クラブだった。なかなか調整がつかずにVol.12では取り上げられなかったが、8月26日… Read More »

どん底から抜け出すための第一歩(横浜ビー・コルセアーズ)

どん底から抜け出すための第一歩(横浜ビー・コルセアーズ)

首の皮一枚でB1残留を果たした横浜ビー・コルセアーズのB.LEAGUE2年目が始まろうとしている。夏休み終わりの8月26日、多くのファンを迎えて公開練習が行われた。時折、歓声や拍手が降り注ぐ温かい空間だったが、練習を見て… Read More »

東海北陸アーリーカップは“走るイルカ”に注目しよう!

東海北陸アーリーカップは“走るイルカ”に注目しよう!

この時期、Bリーグのチームはどこも9月29日の開幕に向けて、チーム作りに余念がない。それは取材に訪れた名古屋ダイヤモンドドルフィンズも同じである。この日もチーム練習終わりに一部の選手が自主練習に励んでいた。 一足先に練習… Read More »

新たなタイトル「B.LEAGUE EARLY CUP」の初代チャンピオンを目指せ!

新たなタイトル「B.LEAGUE EARLY CUP」の初代チャンピオンを目指せ!

9月1日より関東(船橋アリーナ)、関西(エディオンアリーナ大阪)、東海北陸(新潟市東総合スポーツセンター 他)、そして9月8日より東北(山形市総合スポーツセンター)の4つのエリアで行われる「B.LEAGUE EARLY … Read More »

【会員限定】飲んで熱く語ったバスケLOVE ーOT後編:日本代表の強化をホンキで考える時ー(横浜:竹田謙選手/千葉・伊藤俊亮選手/栃木・網野友雄アンバサダー)

【会員限定】飲んで熱く語ったバスケLOVE ーOT後編:日本代表の強化をホンキで考える時ー(横浜:竹田謙選手/千葉・伊藤俊亮選手/栃木・網野友雄アンバサダー)

Bリーグとなり、これまでのプロリーグと大きく変わった点は、日本代表の強化に直結することを明確にしたこと。これまで日の丸を背負ってきた選手たちだからこそ、日本代表への思いは誰よりも強くあります。取材を終えた後に行った二次会… Read More »

【会員限定】飲んで熱く語ったバスケLOVE ーOT前編:Bリーグ元年を総括ー(横浜:竹田謙選手/千葉・伊藤俊亮選手/栃木・網野友雄アンバサダー)

【会員限定】飲んで熱く語ったバスケLOVE ーOT前編:Bリーグ元年を総括ー(横浜:竹田謙選手/千葉・伊藤俊亮選手/栃木・網野友雄アンバサダー)

優勝した栃木ブレックスの元メンバーであり、長きに渡ってリーグはもとより、日本代表でも活躍されたベテランたちに集まっていただき、酒を酌み交わしました。酔いが進んでくると、ついつい熱い話になってしまうのは選手も、ファンも同じ… Read More »

【会員限定】ここからまた自分の挑戦が始まります(横浜ビー・コルセアーズ #21 田渡凌)

【会員限定】ここからまた自分の挑戦が始まります(横浜ビー・コルセアーズ #21 田渡凌)

京北中学から京北高校と名門の道を歩き、その後自らの意思でアメリカに渡った田渡凌。大学卒業後は帰国し、Bリーグで戦う道を選んだ。横浜ビー・コルセアーズのニューフェイスとしてコートに立つ田渡が語る「これまでの自分」と「これか… Read More »

飲んで熱く語ったバスケLOVE ーこぼれ話ー(横浜:竹田謙選手/千葉・伊藤俊亮選手/栃木・網野友雄アンバサダー)

飲んで熱く語ったバスケLOVE ーこぼれ話ー(横浜:竹田謙選手/千葉・伊藤俊亮選手/栃木・網野友雄アンバサダー)

熱いバスケ話だけではなく、楽しい話も満載だったバスケLOVE。ツイッターを活用し、多くの方にバスケットを知ってもらおうと、様々なきっかけを提供してきた伊藤俊亮選手。Bリーグの認知度を上げつつ、企業にアプローチしたことでビ… Read More »

mami’s photo report:男子日本代表強化試合@7月30日青山学院記念館

mami’s photo report:男子日本代表強化試合@7月30日青山学院記念館

この日行われたバスケットボール男子日本代表強化試合2戦目。 FIBAランク26位のウルグアイ代表に、初戦は破れたAKATSUKI FIVE。 ー 体格差がさほどない相手に、どう対応するのか。ー 前日から“どう調整したのか… Read More »

新生AKATSUKI FIVE ウルグアイ代表との国際強化試合でスタートを切る!

新生AKATSUKI FIVE ウルグアイ代表との国際強化試合でスタートを切る!

新しく指揮官に就任したフリオ・セザール・ラマスヘッドコーチが率いる男子日本代表チーム対ウルグアイ代表チームの国際強化試合が7月29日、30日、青山学院大記念館(東京都渋谷区)において行われた。ウルグアイは国内初のNBA選… Read More »

【女子アジアカップ】フォトレポート(3連覇“Three-Peat“達成!We are the CHAMPIONS!!!)

【女子アジアカップ】フォトレポート(3連覇“Three-Peat“達成!We are the CHAMPIONS!!!)

FIBAアジアカップのベスト5。日本からは藤岡麻菜美と長岡萌映子が受賞。MVPは決勝戦でも30得点をあげたオーストラリアのKelsey GRIFFIN。 表彰台の一番高いところで国歌を斉唱する選手たち。タイ・バンコク(2… Read More »

【女子アジアカップ】フォトレポート(決勝:日本○74-73●オーストラリア)

【女子アジアカップ】フォトレポート(決勝:日本○74-73●オーストラリア)

FIBAアジアカップ2017の最終日。日本に残された試合は決勝戦のみ。相手は予選ラウンドで敗れているオーストラリア。それぞれが秘めた思いを胸に、チーム1つになって戦う。 今大会で復帰後、ケガ明けとは思えない安定した力を出… Read More »

【女子アジアカップレポート】中国を打ち破った“影”の存在(準決勝:日本○74-71●中国)

【女子アジアカップレポート】中国を打ち破った“影”の存在(準決勝:日本○74-71●中国)

もはや常套句のようであまり使いたくはないのだが、今夜のようなゲームを見ると、どうしても使いたくなってしまう。強い光には必ず濃い影が伴う。裏を返せば、影が濃ければ濃いほど、光もまた強く輝きを放っている、と――。 女子アジア… Read More »

【女子アジアカップ】フォトレポート(準決勝:日本○74-71●中国)

【女子アジアカップ】フォトレポート(準決勝:日本○74-71●中国)

セミファイナルの中国戦に臨む女子日本代表。近年は勝っているが、今大会の中国は間違いなく、2年前より強くなっている。ディフェンスも最後まできっちりとおこなうし、メンタルのムラも少ない。倒すのはけっして簡単ではない。 19得… Read More »

【女子アジアカップレポート】勢いを取り戻してきた“キング”の咆哮(準々決勝:日本○73-57●チャイニーズ・タイペイ)

【女子アジアカップレポート】勢いを取り戻してきた“キング”の咆哮(準々決勝:日本○73-57●チャイニーズ・タイペイ)

序盤の重たい展開のなかでひとり気を吐き、後半はさらにギアを上げることでチームを勝利に導いた。これで女子日本代表は来年度のワールドカップへの出場権獲得である。そんな女子アジアカップ2017のクウォーターファイナル、チャイニ… Read More »

【女子アジアカップ】フォトレポート(準々決勝:日本○73-57●チャイニーズ・タイペイ)

【女子アジアカップ】フォトレポート(準々決勝:日本○73-57●チャイニーズ・タイペイ)

勝てば来年度のワールドカップ進出が決まる準々決勝。序盤、チームに勢いをもたらしたのは、これまでもうひとつ彼女らしさを出しきれていなかった長岡萌映子だった。第1Qだけで9得点をあげる。 オーストラリア戦で活躍した宮澤夕貴は… Read More »

【Vol.4 撮影裏話】 篠崎澪選手(富士通レッドウェーブ)

【Vol.4 撮影裏話】 篠崎澪選手(富士通レッドウェーブ)

こんにちは。 フォトグラファーの安井麻実です。 ラスト3人というところまできました、【vol.4撮影裏話し】。 Vol.10での裏話しも書きたくて仕方ないのに、まだvol.4、、、笑 けど、急ぎません。 全部の撮影に、キ… Read More »

Top