【会員限定】Bリーグ初代得点王、ニック・ファジーカスの思考

Bリーグの初代ファイナリストが決定した。川崎ブレイブサンダースと栃木ブレックスである。ともにチャンピオンシップのセミファイナルを第3戦まで戦い、それぞれの対戦相手、アルバルク東京とシーホース三河を退けてのファイナル進出となった。

川崎のニック・ファジーカスは5月20日におこなわれた第2戦、それを決めればほぼ勝利を手中に収められるフリースローを得た。残り23秒、2点リードの場面である。2本決めれば4点差、1本でも3点差となる大事なシュートだ。しかしファジーカスはそのフリースローを2本とも外し、そこから反転、残り13秒でアルバルク東京のジェフ・エアーズに3ポイントシュートを沈められた。逆転負けである。対戦成績を1勝1敗とした両チームは、そうしてファイナル進出をかけた第3戦へともつれこんだわけだ――。

遡ること2か月前。本誌の取材で川崎の練習コートに訪れたとき、ファジーカスは練習後の個人練習に約1時間をかけていた。締めはフリースロー。「久々だ」という50本連続でのそれを決めて、練習を切り上げた(ということは本誌にも書いたとおり)。

そんな選手でも、やはり試合を決めるフリースローは、いつもと同じメンタルでは打てないのだろうか。いや、それ以上にタフなゲームで、体力的に苦しかったのだろうか。そんなことを思いながら、前後半各5分の第3戦に臨むと、ファジーカスはやはりファジーカスだった。10分間で12得点。テレビの解説者がやたらと「ファジーカスが本気になりましたよ」と繰り返すので、いやいや、いつでも本気だろう、とテレビに向かって毒づきながら、しかし第3戦で見せた彼の集中力はやはり本物だろうな、解説者の言わんとすることも、あながちわからなくもないと思っていた。

そんなとき、ふと、誌面の都合上、割愛せざるを得なかったことを思い出した。それはニック・ファジーカスが“賢い選手”だということだ。本人も「ある程度の賢さはあると思います」と認めている。
どういうことか。

本誌8号のテーマでもある「3ポイントシュート」についてインタビューをおこなったとき、彼の口からダーク・ノビツキーの名前が出てきた。38歳の今なおNBAのコートで活躍するドイツ人プレーヤーで、リーグ史上最も優れたオールラウンダーの1人でもある。

ファジーカスはネバダ大学リノ校を卒業した後、2シーズンだけだがNBAでプレーしている。ドラフト2巡目に彼を指名したのがノビツキーを擁するマーベリックスだった。そのころすでにノビツキーはチームの看板選手であり、“7フッター(213センチ)”でありながら、3ポイントシュートも得意とする彼がいたからこそ、210センチのファジーカスもマーベリックスで3ポイントシュートを打つことができたと言うのだ。

「一緒に練習をしたり、トレーニングもしました。彼は間違いなく殿堂入りするでしょう。NBAの歴史のなかでもトップクラスの選手なので、ボクも彼のプレーを見て、真似しようとしてきたし、いまだに彼のプレーをテレビで見て、彼のようにプレーしようとしていますね」

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について