飲んで熱く語ったバスケLOVE ーこぼれ話ー(横浜:竹田謙選手/千葉・伊藤俊亮選手/栃木・網野友雄アンバサダー)

熱いバスケ話だけではなく、楽しい話も満載だったバスケLOVE。ツイッターを活用し、多くの方にバスケットを知ってもらおうと、様々なきっかけを提供してきた伊藤俊亮選手。Bリーグの認知度を上げつつ、企業にアプローチしたことでビジネスにつながったり、大活躍した裏側……裏側で大活躍したイートンをみんなでツッコミました。

伊藤俊亮 a.k.a. 女子高生

ーー ツイッターを通じて企画営業部長のような働きをしているわけだけだが、Bリーグからインセンティブも発生しているんでしょ?

伊藤 全然そんなものはない。

竹田 今シーズンは選手契約じゃないでしょ?笑

ーー キングジムとの効果は少なからずあったわけだからね。

伊藤 あれはたまたま。

竹田 いやいや絶対にある。ごちそうさまです!

伊藤 入ってきてないって。

竹田 乾杯しておく?

伊藤 ただBリーグとのコラボ商品を作ってもらっただけで、どれだけ売上が出たかは全く分からない。みんなが喜んでくれればそれで良いんですよ。

ーー そういうアクションを始めたのもBリーグになったから?

伊藤 ツイッター自体はずっとやってたけど、他の企業さんを巻き込みたいという思いがずっとあった。企業同士のツイッター内でのコラボレーションを見て、こんなことをバスケも絡めてできたら良いな、おもしろいなと思ったのがきっかけ。

網野 (伊藤選手の出身校)中央大学の後輩たちは、イートンのことを女子高生って呼んでたよ。

一同 爆笑

網野 荻野(大祐 中央大学ヘッドコーチ)がイートンのつぶやきの数がハンパなくて、もう女子高生みたいって言ってたよ。

伊藤 まぁ、そう言われるとうれしいよね。

竹田 うれしいんだ。

伊藤 ツイッター界で女子高生みたいって言われたら、認められたようなもんだからね。

竹田 名誉なことなんだ!

伊藤 使いこなせていると思ってもらえてると思ったらうれしい。マイクロソフトのリンナちゃんっていうAIがいるんだけど、最終的にはあのくらいまでいきたい。

竹田 あれ?今日ってビジネス誌の取材だっけ?

伊藤 リンナちゃんって知ってる?

竹田・網野 ヤバい、全然話が分からない。

伊藤 リンナちゃんのアカウントに何かを送ると、瞬時に女子高生風の答えがバンって返ってくる。

ーー イートンは手打ちで同じように返したいわけだ。

伊藤 いやいやそこまで追いつかないし、そんなことしてたら生活ができない。タケさんもツイッターやればいいのに。

竹田 僕は一切やらない。

伊藤 昔、「おれは(ブログなどをやってる)人に載っけてもらうぐらいが気持ちいい」って言ってた。自分ではやらないけど、載りには行くっていう。

竹田 すげーめんどくさいなって思う。アミはやってる?

網野 ツイッターはやってない。

伊藤 でも、みんなやってて盛り上がってるイメージはあるけど、リアルな世界には絶対に勝てない。SNSの中の世界からどうやってリアルに引っ張っていくかという作業の方がすごい大変。リアルからSNSの世界に引っ張っていくことも難しいし……

竹田 もうバスケ選手の発言じゃないよね。誰?笑

網野 IT企業のインタビューだっけ?

伊藤 そういうわけじゃないけど、せっかくSNSを活用しているので、そっちの世界ですごく楽しんでる方に、ひとつのコンテンツとしてバスケットに興味を持ってもらいたいし、今できているのはそこだけでしかないけど、それをやりたいと思ってる。

ーー その効果係数は測られてるの?

伊藤 いやいやそこまではやってない。

ーー 明確に変わった点としては?

伊藤 昨シーズンに比べたらフォロワー数は倍くらいに増えた。

竹田 今いくつなの?

伊藤 今回、ベースボールマガジン社から特別に作っていただいたトレーディングカードがあって、それをもらったので100枚プレゼント企画を(取材時)現在やってる。さっき1000リツイートを越えていて、ヤバい大変なことになってるとドキドキしてる。そういうつながりでいろいろと広がっていくのが楽しみ。その関係の話はスピリッツVol.10で話しているので、そっちも見てもらいたい。

栃木ブレックス
千葉ジェッツ
横浜ビー・コルセアーズ

続きは後日、会員限定にて配信!

文・泉誠一 写真・安井麻実