【会員限定】飲んで熱く語ったバスケLOVE ーOT前編:Bリーグ元年を総括ー(横浜:竹田謙選手/千葉・伊藤俊亮選手/栃木・網野友雄アンバサダー)

優勝した栃木ブレックスの元メンバーであり、長きに渡ってリーグはもとより、日本代表でも活躍されたベテランたちに集まっていただき、酒を酌み交わしました。酔いが進んでくると、ついつい熱い話になってしまうのは選手も、ファンも同じこと。バスケを愛する気持ちは変わりません。Bリーグ元年を終えて見えた反省点を振り返るとともに未来に向けても語り合い、誌面には掲載できずにこぼれた話を前後編でご紹介していきます。

Bリーグとなって変わった点

伊藤 やってるバスケット自体はそんなに変わらないけど、試合数が増えたことでチーム内でローテーションできるだけの戦力がないと戦い方としてしんどくなったような気がする。前までは7〜8人のコアメンバーさえいれば戦えたけど、それだけではこの長いシーズンはきつかった。仕事を分担しないとシーズンを乗り越えられないと感じた。

網野 環境は全然変わった。アリーナの雰囲気も変わったし、それぞれのクラブが相当努力をしたと思う。ブレックスも天井からセンタービジョンをつけたことで演出も大きく変わった。お客さんの数は明らかに違うし、チケット自体が売り切れる早さが全然違った。

竹田 一度、試合後に観客のみんながコートに下りた時があって、その時はすごく多いなってあらためて思った。

ーー 皆さんのいる3クラブを筆頭に、声を出して応援するファンが増えた気がする。

竹田 確かに。

伊藤 声を出して応援するお客さんは確かに増えたと思う。栃木にしても昔からあったもの以上に、今シーズンは圧力があった。千葉は元からお客さんは入っていたけど、シーズン当初は栃木戦で(田臥)勇太がおしゃれなパスを出すとワッと沸く。「敵チームなのになぁ」と思っていたけど、終盤になるにつれてそれが変わっていった。普通にバスケットを見て楽しんでいたファンの人たちが、ジェッツを応援しようと思って会場に足を運んでくれる熱気が増えてきた感じがした。ホームゲームが少しずつできあがってきている。

ーー 天皇杯に優勝したことで加速した感はある?

伊藤 ジェッツがあることは分かっていたと思うけど、あの時から「自分たちのジェッツだ」と思ってくれる人が増えたと思う。それは大きな違い。

竹田 どれくらい入ってるの?

伊藤 平均で4503人。

竹田 平均?

網野 ヤバいね。

伊藤 千葉ポートでは7千人が入った。それはすごかった。本来そこまで入るキャパではなかったので、運営側として大変な部分や問題点も多々あったと思うけど、集まってもらえたことが一つの成果になった。

Bリーグの課題点

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について