【会員限定】飲んで熱く語ったバスケLOVE ーOT後編:日本代表の強化をホンキで考える時ー(横浜:竹田謙選手/千葉・伊藤俊亮選手/栃木・網野友雄アンバサダー)

Bリーグとなり、これまでのプロリーグと大きく変わった点は、日本代表の強化に直結することを明確にしたこと。これまで日の丸を背負ってきた選手たちだからこそ、日本代表への思いは誰よりも強くあります。取材を終えた後に行った二次会でも止まることなく、この話題は尽きることなく熱く語り合っていました。

日本代表を強くさせるためのBリーグにならないと!

竹田 僕はもっとBリーグが日本代表の強化に寄せても良いのかなと思う。東京オリンピックもあることだし、それまでの3年間だけでもそっちに寄せるレギュレーションや試合数にしていっても良い。もっとリーグを活用して、日本代表が強くなるようにすれば良いのになって思う。僕がずっと思っているのはアジア人枠を作って欲しい。今、アジアの選手は中国リーグに行ってしまっている。年俸さえ上がれば来てもらえるわけだから、対戦相手の中に勝ち抜かなければならないアジアのライバル選手が常にいるようなリーグ環境になる方が、僕はより強化につながると思う。選手の年俸が上がって、NBA選手が来てくれるのもうれしいけど、普段のチームと代表でやることがあまりにも違いすぎるのは代表選手にとっても良くはないのかなと思う。幅が広がる部分はあるかもしれないけど、代表は急造チームであり、これからシーズン中に試合があるわけだし。そこも考慮しながら、思い切って代表のためのリーグになっても良いのかなって思う。

網野 シーズン中に北海道で国際強化試合があったけど、リーグに関する記事はメチャクチャ増えたのに、日本代表のニュースは全然増えていないとあの時にすごい思った。東アジア選手権もそうだったが、代表はニュースとして取り上げられないんだなって感じている。

竹田 やっぱりテレビ放送の差なのかね。開幕戦はフジテレビで放送され、その前からずっとバスケの特番や選手を使ったりしながらしっかり準備していたのはすごかった。

伊藤 それがテレビのシステムでもあるわけだから、そこに乗ればよい。協会がお願いしていないから露出が少ないのもあるかもしれないけど、代表チーム自体がもっと注目されるように仕掛けていって欲しい。せっかくシーズン中の代表戦だったのに、ただの代表活動中のブレイクになってしまったのは残念だった。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について