B.LEAGUEシーズン2テーマは、『BUILD UP』!多くの課題を[ Breakout ]!

9月11日に行われたTIPOFFカンファレンス。
2シーズン目を迎えるB.LEAGUEのシーズンテーマは『BUILD UP』。
新しいバスケットボール文化を『築き上げる』ために考えられた、昨シーズンとは違う新たな仕組みや取り組みが発表された。
B1所属の18チームから注目選手が登壇する際は、今シーズンの公式テーマソングとなった[BREAKOUT]が流れ、それを手がけたアーティスト、FlowBackもその登場を見守る。

今シーズンよりB.LEAGUEアナリストに就任した佐々木クリス氏によってインタビューが繰り広げられ、会場は一気に『開幕』に向けて熱を帯びた。

FlowBack メンバー TATSUKI

FlowBack メンバー MARK

FlowBack メンバー MASAHARU

FlowBack メンバー JUDAI

FlowBack メンバー REIJI
FlowBack(意味は「逆流」)は“新たな波を起こす”ことを掲げて作品制作をする5人組ダンス&ボーカルグループ。今回の公式テーマソングについて、「乗り越えなければならない壁はたくさんある。それを壊して進んでいく、という想いを込めて作りました。僕らの曲が選手の背中を押すことになればとても嬉しい」と力強く語った。

FlowBackと選手たちの集合写真

「情熱を持って、より分かりやすく、バスケットボールの魅力を伝えたい。」
B.LEAGUEアナリストに就任した佐々木クリス氏。

「連覇を狙えるのは栃木だけ。挑戦者の気持ちで臨みたい。」
リンク栃木ブレックス #21 橋本晃佑

「早い展開のバスケットをして、新しいシーホースを見て欲しい。」
シーホース三河 #6 比江島慎

「激しいディフェンスが今期のアルバルクのカラー。開幕までしっかり準備したい。」
アルバルク東京 #24 田中大貴

「西宮が台風の目となって、リーグ全体を盛り上げたい。」
昨シーズンのB2から、今期よりB1に昇格。西宮ストークス #13 道原紀晃

「涙は健康にもお肌にもいい。チーム、ファン全員で喜びの涙を流したい。」
川崎ブレイブサンダース #7 篠山竜青

「しっかり準備して、(篠山選手に)悔し涙を流させたい。」
名古屋ダイヤモンドドルフィンズ #8 張本天傑

名古屋の張本のコメントの直後、川崎の篠山が「打ち合わせと違う」とトークをダメ出し。選手同士で笑い合う、和やかな時間も。

「オフコートでも自分を磨いていきたい。」
レバンガ北海道 #8 多嶋朝飛

「イケメンというだけでなく、バスケで印象付けができるように頑張りたい。」
富山グラウジーズ #11 宇都直輝

「昨シーズン、優勝とMVPを獲得したのは僕だけ。その経験を生かしつつ、己を過信せずに、良いチームが作れるよう力を尽くしたい。」
栃木から今期、琉球へ移籍。 #51 古川孝敏

「若い選手に負けないように、経験を生かしてチームを引っ張りたい。」
新潟アルビレックスBB #7 五十嵐圭

「B1に昇格して初のシーズン。大きなインパクトを残したい。」
昨シーズンB2から、今期よりB1に昇格。島根スサノオマジック #1 岡本飛竜

会見終了後は、開幕カードごとの囲み取材。
「開幕戦で2連勝して、良い形でシーズンインしたい。」と意気込む、千葉ジェッツ#2 富樫勇樹

琉球はホームで渋谷を迎え撃つ。
東海大学の先輩と後輩でもある、渋谷 #9 ベンドラメ礼生と、琉球 #51 古川孝敏。
文字通り「堅く」握られた手に、ベンドラメの顔が歪む。

囲まれたカメラ全台にしっかり目線を送りアピールする姿が「プロ選手」を感じさせる。
滋賀レイクスターズ #7 並里成 と、横浜ビーコルセアーズ #1 川村卓也。

B1全18チームから召集された注目選手たちと大河チェアマン。

フォトグラファーあとがき

いよいよ今月末に迫った開幕の日を前に、TIPOFFカンファレンスが9月11日に催され、数多くのメディアが新しいB.LEAGUEの展望を垣間見るため集まった。

Flowbackの曲が流れる中、アリーナでの選手入場を思わせる、力強い選手名コール。登壇した選手たちは、開幕に向けての意気込みを語る。

また、なかなか普段見ることの出来ない選手同士の絡みが、場を和ませた。

そして冒頭に、今シーズンのテーマとして掲げられた、『 BUILD UP 』.

B : BIRTH
U : UPGRADE
I : IMPACT
L : LIFE
D : DEEP

という5つの取り組みを含んだ今回のシーズンテーマは、それぞれにおいていかに壁を打ち破っていけるのかが注目される。

新たなB.LEAGUEの誕生まであと17日。

B2から昇格した西宮と島根を迎える、B1の新時代から目が離せない。

B.LEAGUE

文・写真 安井麻実