【天皇杯決勝】ハイエナジーのバスケットを貫いた千葉が天皇杯2年連続の王者に輝く

準々決勝で新潟アルビレックスBBを96-72で下した後、「今日のディフェンスは非常に良い出来だった。100点とはいかなくても80点は付けたい」と、シーホース三河の鈴木貴美一ヘッドコーチは胸を張った。準決勝で川崎ブレイブサンダースを87-68で下した後、キャプテンの橋本竜馬は「ディフェンスもリバウンドもルーズボールも最後の最後まで手を抜かず、全員が集中して戦うことができた。この大会を通じてステップアップしている手応えがある」と笑顔を見せた。ともに伝わってきたのは『日本一』への揺るぎない自信だ。決勝の相手に決まった千葉ジェッツふなばしとは今シーズン初の対戦となるが、「うちのバスケットを遂行するだけ」という橋本の言葉に迷いはなく、その目はここしばらく遠ざかっている“頂上„を見据えているように感じられた。

だが、2年連続の“頂上„を見据えていたのは千葉も同じだ。47-42と5点リードで折り返した後半、ダニエル・オルトン、比江島慎の3ポイントシュートで三河に傾きかけた流れを小野龍猛の3連続3ポイントシュートで断ち切ると6分50秒には48-60と二桁リードを奪った。さらに試合の流れを決定づけたのは残り6分。三河の起点となる桜木ジェイアールが4つ目のファウルを犯しベンチに下がったのを機に千葉のトランジションバスケットが爆発する。ベンチから「プッシュ、プッシュ」の声が聞こえてきそうな速い攻撃で三河のディフェンスを振り切ると、3Q終了時には76-54と2連覇へ大きく歩を進めた。対する三河も4Qには金丸晃輔のバスケットカウント、狩俣昌也の3ポイントシュートで追いかけるが、千葉はケガの富樫勇樹に代わって司令塔を任された西村文男が最後まで緩急を付けたゲームコントロールで三河を寄せ付けず89-75で天皇杯2連覇を成し遂げた。
「“個„でなく、チームで戦ったことが最大の勝因」と大野篤史ヘッドコーチが語ったように、マイケル・パーカー、ギャビン・エドワーズを含め千葉は全員がエネルギッシュにコートを駆け抜けた。三河が犯した“らしくない„18個のターンオーバーは千葉のスピードに煽られた結果とも言えるだろう。大会前のケガで欠いた富樫の穴を感じさせることなく、自分たちのバスケットを貫いた先に千葉の栄えある2連覇があった。

天皇杯決勝 千葉ジェッツvsシーホース三河

  • 試合前、静かに集中力を高める、三河#0橋本竜馬
  • 三河の公式マスコット、シーホースくん(左)と、今シーズンから突如現れた公式“風”マスコットのタツヲが、三河の応援を後押し。
  • 千葉のマスコット、ジャンボくんも準備万端!
  • 大一番を前にしても三河のエース#6比江島慎の表情に気負いはない。
  • 三河 #3 ダニエル・オルトンに対する千葉の執拗なディフェンス。
  • チームを鼓舞し続ける、三河 鈴木貴美一HC。
  • 千葉のタイトな守りに最後まで苦しんだ三河#14金丸晃輔
  • チームをベンチから盛り上げる。写真中央、左から 三河 #24 加藤寿一 #9 森川正明
  • 高さと走力で魅せた#21ギャビン・エドワーズ(千葉)は文句なしのMVP
  • 指示を出す大野篤史ヘッドコーチの口調にも熱がこもる。
  • チームメイトの活躍を飛び跳ねて喜ぶ、千葉ジェッツふなばしベンチメンバー。
  • 3連続スリーポイントシュートを沈め、会場を沸かせた 千葉 #34 小野龍猛
  • 「勝つと信じてた。」そう試合後に語った、千葉の司令塔 #2 富樫勇樹。怪我により欠場を余儀なくされたが、チームメイトの活躍に何度も気持ちを爆発させた。
  • 両者、満面の笑み。ベンチに下がる際、富樫に迎えられる#11 西村文男。
  • 試合終了のブザーが鳴り響く中、強く抱き合って喜びを分かち合う、千葉 #21 ギャビン・エドワーズ(左)と、#34小野龍猛(右)
  • 元チームメイトの健闘を讃える、三河 # 14 金丸晃輔
  • 2連覇達成!笑顔の大野ヘッドコーチが宙を舞う
  • 表彰台で、嬉しそうに優勝メダルを眺める。(写真左から、#44 伊藤俊亮、#31 原修太、#25 荒尾岳)
  • 昨年の優勝時は怪我で1秒もコートに立てなかった、千葉#11 西村文男は、今大会30分という長時間、コートでその存在感を示した。
  • 天皇杯を高々と掲げる、千葉ジェッツふなばし代表取締役社長、兼Bリーグ副チェアマンの、島田慎二氏。

文・松原貴実 写真/キャプション・安井麻実