Photo of The Game:Bリーグチャンピオンシップ クォーターファイナル(千葉ジェッツ vs 川崎ブレイブサンダース)

立川立飛で行われた、A東京vs京都のGame2。
京都は本当によく闘っていた。
エナジーを出してハッスルをし、A東京に勝利すべくコートに立った選手全員が全力でプレーしていた。
筆者が言及した伊藤にいたっては、日本人選手の中でも獅子奮迅というに値するプレーで京都を引っぱり、点数差以上にゲームを緊張感のあるものにしていたほどだ。
だが、それでもやはり、体力には限界がある。
チームへの忠誠心やファンへの献身、そしてプロとしてのプライドで、連戦で消耗しきった身体にむち打って普段からは考えられない力を発揮できたとして、それでも、また全力でぶつかってくる相手に対してそれを上回ることは全く容易ではないのだ。
もちろん試合の結果が体力だけの問題ではないのは明らかだ。
だが、やはりその時その時の体力には限界があり、それを補うのが戦略であり戦術というものだろう。

CSに入り一段と激しくなるルーズボール争い
Bリーグチャンピオンシップのクォーターファイナル、千葉ジェッツvs川崎ブレイブサンダースのGame2とGame3。
怪我明けで調子が万全とは思われない篠山に代わり、スターターを務めた藤井の活躍もあり、川崎はGame2に勝利する。
藤井はプレータイム30分30秒、13得点で勝利に貢献した。
ハイライトは第3Qの終わり。千葉の富樫が川崎の栗原との接触でファンブルしたボールを藤井がスティール、自陣からシュートを放ち、見事にブザービータースリーを決めてみせた。
このシュートでリードを9点とした川崎は、この点差を守りきりGame2に勝利、シリーズの決着はGame3に持ち越されることとなった。

藤井のブザービータースリー!咆哮は歓声にかき消された
Game2の20分後に行われるGame3は、前後半5分ずつの10分ゲーム。
相手の出方に対して「修正する時間もない」(千葉・大野HC)ほどあっという間に決着がつく。
結果的には千葉のいいところばかりが出て、逆に川崎は自分たちの強みを出せずに終わってしまった印象のゲームだった。
Game2では不調だった富樫の活躍もあり、千葉がGame3に勝利し、セミファイナルにコマを進めている。

これほど激しく檄を飛ばす大野HCをあまり見たことがない
くしくも敗れた川崎の北HCは、会見で京都の浜口HCと同じことを口にした。
Game2で選手のプレータイムを分散させられなかったこと、それができていればGame3は違った結果になったかもしれないこと、そしてそれは自身のミスであり責任は自分にあるということである。
川崎はGame3のスタートにも藤井を起用したが、Game2でもコートを所狭しと走り回っていた藤井のプレーは、やはりキレを失っているように見えた。

リーグを代表するセンタープレーヤーとなった千葉のエドワーズも闘志を剥き出しにしてプレー
それでも勝利を信じて、最後まで声援を送り続けたブースターは、選手の鬼気迫るプレーに”本当によくやった”と労いの言葉をかけこそすれ、”不甲斐ない”とため息をつくことは決してないだろう。
Game1を落としながら、Game2をとりGame3に持ち込んだ川崎の全力のプレーに、アウェーまで観戦に来て精一杯の声援を送っていたブースターは胸を熱くしたに違いない。
NBL時代を知る筆者は、川崎ファンの熱さと一体感に、正直に言って驚かされた。

川崎と来期の契約を済ませ、チームへの忠誠を見せたファジーカスだったが、去年と同じファイナルの舞台に立つ事は叶わなかった
敗れはしたが、北HCは会場の一角を”白く”埋めたファンに感謝し、「ファンの皆さんに何かメッセージが伝わるプレーができたと思う」と胸を張った。
そしてこの敗戦で、川崎にとっては、東芝の社名をジャージに負ってたたかう最後のシーズンが終わった。

川崎の栗原は要所でスリーを決めるベテランらしい働きで”TOSHIBA”ラストゲームを締めくくった
一方の千葉もファンの熱さについては言わずもがなだろう。
「ホームでなければ勝てなかった」と大野HCに言わしめたハイボルテージな声援が、このゲームでも遺憾なく発揮されていたことは言うまでもない。
シリーズに勝利した千葉には、セミファイナルで琉球との対戦が待っているが、ホームの声援が再び選手の後押しをしてくれるはずだ。

Game3を前に

“シュートを打ち続ける”、本分を全うした川崎のエースシューター辻

Game3でとうとう当たりのきた千葉の富樫、7得点と勝利をたぐり寄せた

Game3の終盤、24秒守りきり観客を煽る千葉のキャプテン小野龍猛
文・写真 吉田宗彦