大阪エヴェッサ 合田怜、青森ワッツ 菅俊男、香川ファイブアローズ 木村啓太郎

B元年ルーキーたちの現在地 part1

3月のバスケットボールスピリッツは3年目の選手にスポットを当てて、リーグの開幕からこれまでを振り返っています。2016922日に開幕したB.LEAGUE。開幕当時ルーキーだった選手たちは、この2年半をどのように過ごし、何を感じ取ってきたのか。各チームの3年目を迎える選手たちから、あつめたコメントを何回かに分けてお届けします。

大阪エヴェッサ 合田怜 #20

3年目を迎え、自身の変化や成長したところは

変化としては自信がつきました。コーチから求められている以上のことや自分が思い描いているプレーがコートで表現できるようになりました。間違いなく成長できていると感じます!

Bリーグ開幕前に思い描いていた3年後と現在に違いは感じますか?

これといった違いは感じていませんが、もっとバスケ界は盛り上がるとも思っています。W杯出場を決めた今、バスケ界にいい流れが来ていると思います。これから先も、もっと盛り上がっていくと思うので、自分自身としては怪我を完治させ一日でも早くコートに立てるように頑張りたいです。

7年後(Bリーグ開幕から10年)の自身の目標は

バスケットボール界の発展に携わりたいです。いずれは育成などもやってみたいなと思っています。

青森ワッツ 菅俊男 #18

3年目を迎え、自身の変化や成長したところは

課題であった3Pシュートの確率が年々向上してきていて、もともとの持ち味であったドライブとのバランスが良くなってきました。PTも毎シーズン増えていて、オフェンスでのスペーシングの取り方やDFでの対応など、ルーキーの1年目からたくさん経験させてもらい、試合中でも自分で考えて咄嗟に対処できるようになってきています。チームとしての自身の役割も増えてチームの核としての責任感や自覚も芽生えてきました。もっともっと練習してスキルを身につけ、大事な局面でもシュートを決めきる力、任される力をつけていきたいです。

Bリーグ開幕前に思い描いていた3年後と現在に違いは感じますか?

プロであっても、サッカーや野球と比べるとまだまだ認知度も低く、環境の充実度も自分が思っていたものとは違っていました。バスケットだけしていればいいのではなく、色んな人に支えてもらってバスケットができているということを学んだし、支えてくれる人たちに恩返しをするためにも、自分たちは試合で勝利しなければなりません。

7年後(Bリーグ開幕から10年)の自身の目標は

32才を迎える7年後も現役でバリバリプレーして、B1のトップレベルでチームに欠かせないプレーヤーになりたいと考えています。自分の経験してきたことを後輩に伝えたり、チームを良い方向へ導いたり、ベテラン選手としての役回りをしっかりできる選手になりたいです。また、選手としてはもちろんのこと、人としても子どもたちの見本・憧れられる存在でいたいです。

こちらもおすすめ

Top