三遠ネオフェニックス 渡邊翔太、千葉ジェッツ 原修太、福島ファイヤーボンズ 徳川慎之介、茨城ロボッツ 福澤晃平

B元年ルーキーたちの現在地 part2

3月のバスケットボールスピリッツは3年目の選手にスポットを当てて、リーグの開幕からこれまでを振り返っています。2016922日に開幕したB.LEAGUE。開幕当時ルーキーだった選手たちは、この2年半をどのように過ごし、何を感じ取ってきたのか。各チームの3年目を迎える選手たちから、あつめたコメントを何回かに分けてお届けします。

part1(大阪エヴェッサ 合田怜、青森ワッツ 菅俊男、香川ファイブアローズ 木村啓太郎)はこちら

三遠ネオフェニックス 渡邊翔太 #7

3年目を迎え、自身の変化や成長したところは

時間に対する意識や使い方が変わってきたと思います。バスケットに充てる時間の為にも、それ以外のところで時間を無駄にしないようにしようと思うようになりました。そうすることで、より集中してバスケットに取り組めるようになったと思います。

Bリーグ開幕前に思い描いていた3年後と現在に違いは感じますか?

ここまでメディアに扱ってもらえるようになると思ってませんでした。もちろんBリーグ初年度もすごい注目してもらったのですが、webやテレビでバスケットボールが、今までにないほど取り上げてもらい、注目度が上がってきているなと感じています。その中でバスケットができることに感謝して、より一層注目してもらえるようにしていきたいと思います。

7年後(Bリーグ開幕から10年)の自身の目標は

Bリーグでチームを優勝に導けるポイントガードになりたいです。

千葉ジェッツ 原修太 #31

3年目を迎え、自身の変化や成長したところは

プロに入って3年目。大野ヘッドコーチのもとでバスケするのも3年目に入り、大野ヘッドコーチが求めるハードにプレーすること、リバウンドやルーズボール、ディフェンスから走るバスケットはチームとしても個人としてもスタンダードに体現することができています。さらに、今年はこの2年間言われ続けていた状況判断も個人的に前よりは良くなってチームに貢献できていることを実感じています。

Bリーグ開幕前に思い描いていた3年後と現在に違いは感じますか?

Bリーグが開幕する前にSNSやメディアで取り上げてもらえていて、このまま人気が出ればいいなぁと思っていました。正直、3年後どうなっているとか細かく想像はしていませんでしたが、日本代表がワールドカップを決めたことや、天皇杯で連覇できたことで、3年前より、ホームゲームのときも多くのブースターさんたちが来てくれて、たくさんの声援があるのは感じていますし、メディアやマスコミ、SNSでも3年前より注目してもらえているのも実感しています。

7年後(Bリーグ開幕から10年)の自身の目標は

7年後はBリーグとして10年目、個人としてもプロ10年目です。今よりもっと日本のバスケを強くして、メジャーにして、今よりバスケファンを増やしたいです。そして、より多くの人に自分のプレーを観てもらって、元気や勇気を与えられるようなバスケットボール選手になりたいです。

福島ファイヤーボンズ 徳川慎之介 #2

3年目を迎え、自身の変化や成長したところは

プロ入りして3年目になり、シーズンを重ねるごとに自分の個性や持ち味をプレーで表現できるようになってきました。また、シーズン毎に課題が明確になってきているので、毎年充実したシーズンを送ることができています。プロ生活の中での生活リズムやコンディション維持、パフォーマンス向上なども少しずつ自分の方法が見つかり始めています。

Bリーグ開幕前に思い描いていた3年後と現在に違いは感じますか?

Bリーグ開幕前は、3年後のビジョンとしてBリーグや自身がどうなっているかは正直全く想像できませんでした。でもいざ、Bリーグが開幕してみると注目度や勢いは毎年高まっているように実感していますし、自身の周りでも認知度はかなり高まっているように感じます。ただ、B1と自分が所属するB2では取り巻く環境や注目度で毎年差が生じてきているように感じるのも率直な気持ちです。

7年後(Bリーグ開幕から10年)の自身の目標は

7年後は30歳を越えているので、まずはそこまでプレーできる身体やコンディションを強化すること。パフォーマンスをもっともっと向上させ、Bリーグ内でも大きく注目されるような選手に成長できるように日々ベストを尽くしたいです。あとは選手としても人としても魅力的だと思って貰えるようになり、Bリーグ10周年記念パーティーに呼んでもらえるような選手になることが目標です!笑

茨城ロボッツ 福澤晃平 #2

3年目を迎え、自身の変化や成長したところは

当たり前なのかもしれませんが「バスケットをさせてもらっている」という考えを強く持ちました。自分に給料をくださるクラブ、チームのためにお金を払ってくださるスポンサーの方々。試合に応援に来てくださるファン・ブースターの方々。ここでは書ききれないほど多くの人の支えがあって自分という選手が存在し、大好きなバスケができている。その人たちのために“勝つ”ことが仕事なのだと学びました。頭ではわかっていましたが、3年を通して直接的に様々な方と関わることでその責任を肌で感じました。その人たちに感謝することを忘れることなくプレーしていきます。

 

構成 バスケットボールスピリッツ編集部

こちらもおすすめ

Top