シーホース三河 加藤寿一、レバンガ北海道 山本柊輔、西宮ストークス 谷口淳、山形ワイヴァンズ 伊澤実孝

B元年ルーキーたちの現在地 part3

3月のバスケットボールスピリッツは3年目の選手にスポットを当てて、リーグの開幕からこれまでを振り返っています。2016922日に開幕したB.LEAGUE。開幕当時ルーキーだった選手たちは。この2年半をどのように過ごし、何を感じ取ってきたのか。各チームの3年目を迎える選手たちから、あつめたコメントを何回かに分けてお届けします。

part1(大阪エヴェッサ 合田怜、青森ワッツ 菅俊男、香川ファイブアローズ 木村啓太郎)はこちら
part2(三遠ネオフェニックス 渡邊翔太、千葉ジェッツ 原修太、福島ファイヤーボンズ 徳川慎之介、茨城ロボッツ 福澤晃平)はこちら

シーホース三河 加藤寿一 #24

3年目を迎え、自身の変化や成長したところは

3年目を迎えて、やっと試合にからめるようになったのが一番の成長です。試合で「もっとこうした方がいい、ああした方がいい」というのを感じて、練習で試すことで試合でもできるようになっています。試合に出ないと気づけなかったことも多いです。あとは3年目でやっと後輩ができまして、今までは自分が一番年下で、正直、先輩たちをただ追いかけてる、という感じだったのですが、後輩が3人もできて、自分の中でもチームのことを考える時間が増えたというのが変化だと思います。

Bリーグ開幕前に思い描いていた3年後と現在に違いは感じますか?

アーリーエントリーを使ってNBLも経験しているのですが、NBLとBリーグでは注目度が断然違うと感じました。メディアで取り上げられることがBリーグになってから多くなりましたし、練習中にメディアの方がたくさん来られるというのは、NBLの頃を思い出しても、なかったなと思います。Bリーグになってからメディア出演が増えたのは他のチームでもそうですけど、注目されてるなあって感じます。

7年後(Bリーグ開幕から10年)の自身の目標は

まず、ユニフォームを着て現役でプレーしてることですよね。そこで7年後というと33歳だと思うので、チームの中心にいて活躍したいっていうのはありますが、まずはプレーしていることですね。33歳になっても元気に、プレーしてる姿をファンの方々に見せられたらいいなと思います。そのときもシーホース三河でプレーしていたら、それは一番うれしいですね。

レバンガ北海道 山本柊輔 #2

3年目を迎え、自身の変化や成長したところは

プロ選手としての在り方を自分の中で定めることができてきたと感じています。プロとして、ファンやブースターの方、子どもたちにとって、どんな姿を見せたいかというのが、年数を重ねるごとに自分の中でよりはっきりしてきています。

Bリーグ開幕前に思い描いていた3年後と現在に違いは感じますか?

1番変化を感じるのは、日本代表がここまで強くなったことです。アジアでも勝てない時代が続いていましたが、先日、2006年自国開催以来のワールドカップへの出場権を獲得しました。代表が強くなるということは日本のトップリーグであるBリーグのレベルも上がりますし、そこで戦うことは自身にとっても非常に刺激になります。代表戦があるときは、必ず何かしらでチェックしています。

7年後(Bリーグ開幕から10年)の自身の目標は

たくさんの人に「自分にもできるんだ!」と思ってもらえるような、誰かの挑戦するきっかけや頑張る力になれるような、そんなプレーや姿を見せられるように、自分自身もチャレンジし続けたいと思っています。

こちらもおすすめ

Top