シーホース三河 岡田侑大 #30

自らの道を進む覚悟 part3

取材当日、改めて岡田に今後の目標を聞いたときも彼はこう言っている。

そんなに遠くの目標は立てないんですけど、まずは三河を優勝に導けるような選手になりたいですし、エースになってチームを背負えるようなプレーヤーになりたいですね

高校2年生のころから全国的にその名を知られるようになったが、それでもまだアンダーカテゴリーを含めて、日本代表とは縁がない。本人も「実力が伴っていないのに代表に行っても、いい経験は積めると思いますが、何もできずに帰ってくるだけ。今は自分で代表に行きたいって思えるような実力をつけてから、代表を口にしていきたい」と多くを語らない。

渡邊雄太や八村塁らが活躍する海外についても、現時点では意識をしていないと認める。

自分が大学を狭く感じたように、B.LEAGUEでも成績を残していけば、海外に行きたいと思うかもしれません。B.LEAGUEで一番にならないと、海外に行っても何もできないと思うんで

もはやステレオタイプの引用にも思えるが(それだけ今も影響があるということだが)、『スラムダンク』(井上雄彦・集英社)の安西先生の言葉を借りれば、「とりあえず日本一になりなさい」といったところか。単独のチームで日本一を経験していない岡田としては、まずは“日本一のエース”になることが当面の目標なのだろう。

大学でそれを目指すこともできた。当初は彼もそう考えていたに違いない。しかし登り始めた山は岡田にとってやや低く感じられたのだろう。いや、そのすぐそばにより高い山がそびえていることをしっかりと視界に捉えたからこそ、岡田は大学バスケットを“下山”し、プロという山を登り始めたのだ。

その頂点へたどり着くには試練も多い。千葉戦のように完全に止められることもあるだろうし、取材当日の練習でもそうだったのだが、ミスを連発することもあるだろう。ただそれらが成長の糧にすることでしか頂点に立つことはできない。

さっきも鈴木(貴美一)ヘッドコーチに言われました。『いいプレーばかりしていても何の経験にもならない』って

すべては“日本一のエース”になるためだ――。

part1【大学を辞め、プロの世界へ
part2【プロとしてファンを楽しませる

文 三上太
写真 安井麻実

シーホース三河

こちらもおすすめ

Top