栃木ブレックス #10 竹内公輔

新天地で挑む

※本記事はバスケットボールスピリッツのWEB化に伴う、2016年9月発行vol.1からの転載

文字通り「竹内世代」の中心として日本をけん引してきた竹内公輔。今季、栃木ブレックスへ移籍しB.LEAGUE開幕を迎えるビッグマンにB.LEAGUE開幕や新チームに向けての意気込みを聞いてきた。

 

── 今季は栃木ブレックスに移籍しての開幕になります

チームにはいい選手がたくさんいますし、ファンも優勝を期待しています。Bリーグの初代チャンピオンは語り継がれると思いますし、何としても優勝を狙いたいです。企業チームとクラブチームの両方経験しましたが、ブレックスのようなクラブチームのほうが、より一層地域のためにプレーしないといけないなという思いがありますね。

── ロシター選手と組むインサイドはかなり強力になりそうです

他のチームも強化してますし、一筋縄ではいかないですよ。昨シーズンに比べ、大きなスポンサーがついたチームもありますし、選手の補強には力を入れてます。本当にフタを開けてみるまでわからないですよ。優勝できる自信はありますが、簡単に勝てるものではないと思っています。

── 移籍に際しては田臥選手に誘われたと聞いています

田臥選手はもちろん尊敬できる選手です。バスケットのために全てを犠牲にしてきた選手。僕にとってもそうですし、若い選手にもすごくいい見本になります。早く一緒にプレーしたくてワクワクしています。

── Bリーグ開幕で期待しているところは?

日本ではバスケはまだマイナースポーツ。Jリーグが開幕したとき、僕は小学生だったのですが、爆発的な盛り上がりだったのを覚えています。そのときのような盛り上がりがバスケでもできれば。競技の露出も増えますし、選手になろうという人も増えます。そうやって底辺を拡げていかないと強化につながりません。日本のバスケがもっとよくなっていくと良いですね。

── リオ五輪では男子代表の出場がかないませんでした。東京五輪に向けて強化すべき点は

全部ですね。これといって一つというわけではなく。身長とか身体能力は生まれ持ったものが大きいので、そこを強化するよりはバスケットの技術を高めなくてはならないです。ヨーロッパなど世界のチームと試合してきましたが、ジャンプ力やスピードなど身体能力についてはそれほど大きな差は感じませんでした。差を感じたところはやはりバスケットの技術。もっと基本的なところから強化しなければなりません。

── 長く代表のインサイドでプレーしてきました

若い選手には負けたくないですね。もう31歳で、怪我もしてきて、体にガタがきてるというのは否めないかもしれないですけど、それでもまだ若い選手には負けないと思ってます。大きい選手がたくさん台頭してきましたが、自分が一番だと思ってます。

── ファンの皆様にメッセージをお願いします

Bリーグが始まっていろいろ注目されてると思います。すごく面白いリーグになると思うので、ぜひ会場でお会いしましょう。そのときに、できたらバスケットを知らない人を誘ってもらって、一度でもいいので足を運んでください。

 

文・写真 バスケットボールスピリッツ編集部

こちらもおすすめ

Top