メディアより愛を込めて -スタア誕生!- part3

※本記事は2018年12月発行、バスケットボールスピリッツvol.28からの転載

今後、新しいスターになり得る選手は?

秋元 遅れてすみません。今日は新しいスターを探す話ですよね。次代のスターと言えば、やはり渡邊雄太と八村塁でしょう。2人とも今、我々が想像できなかった域にいるじゃないですか。夢のまた夢というか。
山上 すみません。今回はこの2人を外した日本人選手ということで皆さんに語ってもらってます。
入江 雄太と塁を入れたら、みんなが「そうだよねぇ」と言って、座談会が5分で終わっちゃいますから(笑)
秋元 なるほど(笑)
 今のやり取りを聞いていて、10数年前に「日本でスターを作るんだったらNBA選手を作る方が早い」っていう話をしたことを思い出しました。けど、渡邊選手は周りが意図してNBA選手に作り上げたわけではないし、小さいころから海外に向けて育ててきたわけじゃない。高校からアメリカに送り込むとか、そういうバックアップして今の彼が生まれたわけじゃないですよね。八村選手も同じです。彼もおそらく将来はNBAでプレーする選手になると思いますが、それは協会やリーグがお膳立てしたわけではない。そう思うと、高い能力がある選手を協会がバックアップすれば10年後、NBAに10人くらい日本人選手がいる可能性もあるかもしれません。少なくともその可能性はゼロじゃないと思うんですよ。
入江 あと10年ぐらい経ったらアメリカの大学を出ていないと日本代表に入れないという時代が来るかもしれませんよ(笑)
山上 そんな想像をするのは楽しいですよね。それでは、皆さんが考える『今後のスターになり得る選手』についてお聞きしたいと思います。僭越ながら私から言いますと、私が持つスターのイメージに近いのは川村卓也選手(横浜ビー・コルセアーズ)なんですね。プレーヤーとしての能力が高く、自分のことばで自分の考えを話せて、少しばかり破天荒で。ただ彼も今年32歳ですから、次代のスターとなると川村選手をひと回り若くした感じの選手になるのかなと思います。今、気になっているのは拓殖大のエースでありながら大学を辞めてシーホース三河に入団した岡田侑大選手。まだ20歳ですよね。シューターとして楽しみな選手だし、ストーリーもあるし、おもしろい存在だなって思っています。
秋元 岡田君、いいですよね。1年生からチームのエースとして活躍してこれからも期待されていた大学を辞めてプロになることにはいろいろ言う人もいたと思いますが、そういうネガティブな声に耳を傾けないで自分が決めた道を進む彼みたいな選手がこれからもたくさん現れることを願っています。それと子どもがあこがれるスターの要素を持っているのは馬場選手じゃないですかね。スピードとかダンクとか見ていてわくわくするし、わかりやすい。さらに「いい車に乗ってます」とか、スター的ライフスタイルがのぞければもっとあこがれ度が増すかもしれません(笑)
丸山 僕の中でもやっぱり1番は馬場選手なんですけど、今後の期待を込めてという意味で挙げたいのは専修大学3年の盛實海翔君(この後サンロッカーズ渋谷の特別指定に)です。シュートもパスもうまい選手で、華もあります。聞くところによると普通だったら怒られるようなシュートでも自由に打たせてもらってるということで、なんていうか押さえつけられた部分がないんですね。スターになれるかどうかはまだ未知数ですが、のびのびとして見ていて楽しいプレーヤーなのでその要素は十分あると思います。
マーク 盛實!彼の名前は絶対僕しか言わないと思ってた(笑)。左利きで上下の駆け引きができて、ディフェンスをちょっと小バカにしたようなプレーができる選手です。見た目もいいし、スター性はめちゃくちゃあると思いますよ。まだ3年ですが、彼がプロになってどんなプレーをするのかすごく楽しみ。あと、日本人はちっちゃなプレーヤーが好きじゃないですか。バスケットボールスピリッツさんが前にやった『U175』という特集はすばらしい企画だったと思ってます。
山上 ありがとうございます。
マーク あの特集号の表紙にもなっていた伊藤達哉(京都ハンナリーズ)や寺園脩斗(三遠ネオフェニックス)といった小さくて、ちょっとかき回す系のガードは見ていて爽快だし、必然的に人気が出るんじゃないでしょうか。大きな選手とスイッチして外国籍選手と1対1になってそこで決めるっていうのはハイライトとしてもすごくインパクトがありますよね。スターって実力以上に人気があってもいいんです。むしろそれは必要なこと。その意味ではこの2人にはスターになる要素があるし、スターになってほしいと思いますね。
 僕はあえて誰とは言いませんが、絶対的に必要なのは観客を盛り上げる存在であることだと思います。代表戦を見ていても渡邊、八村というアメリカ組はいいプレーのあと吠えたり、観客を煽ったりして場内を盛り上げてますよね。それがあたりまえになってる。逆に日本ではすごいプレーをしても何事もなかったように去っていく選手が多くていつも物足りなさを感じます。自分のプレーをもっとアピールしてほしいし、そうやって観客を巻き込んでこそスターになり得るんじゃないかと思います。
入江 スターになり得る選手…うーん、難しいですけど、今シーズンを見た限りでは並里(成・琉球ゴールデンキングス)に可能性を感じますね。彼が琉球に戻ると聞いたとき、佐々(宜央)ヘッドコーチがどんな使い方をするのか興味があったんですけど、蓋を開けたらのびのびと自由にプレーさせていて、とてもおもしろい。もともと地元(沖縄)のスターですからね。彼が入ったことでブースターさんの盛り上がりも違うと思いますよ。
山上 そういう意味では“地元のスター”の存在も見逃せませんね。
入江 そのとおりです。今回富山に来て感じたのは馬場選手(富山市出身)の人気がすごいってこと。同じように富山グラウジーズも人気ありますよねえ。テレビを見てたら「あれ、こんなにバスケのニュースやってるの?」とびっくりしたし、代表戦のCMも流れてて、なんかすごく新鮮でした。
 コンビニにスポーツ誌が置いてあって、表紙は(富山出身の)馬場と八村でしたもんね。
入江 東京にいたらわからないローカルヒーローは富山に限らずその地方、地方にいると思います。さっき言った並里選手にしろ地元に戻った五十嵐選手(圭・新潟アルビレックスBB)にしろ大正解なんじゃないかな。
マーク NBAだと選手が地元アピールする場面をよく見ますね。「今度地元に帰ります」とか、地元にいなくてもところどころで地元をアピールするみたいな。
秋元 僕は東京にいても結構“隠れファン”っていうのはいると思うんですよ。みんな帰属意識があって、地元の祭りには帰りたいとか。そういう人たちの背中を誰かが押して、会場に足を運んでもらう。そこでまた見に来たいと思う選手が見つかったらシメたもんです(笑)。バスケ人気も俄然違ってくる気がします。
丸山 ですよね。僕は今回の代表戦はせっかく富山開催なのだから宇都選手(直輝・富山グラウジーズ)を入れてもよかったんじゃないかなあと思ってます。
秋元 それ、同感。まあチーム事情もあるでしょうが、この2連戦だけでも宇都選手を入れてほしかった。
入江 僕も同じことを思いました。スターの要素としては海外組の方が可能性が高いのは確かでしょうが、それとは別に地方が推すローカルスターがいるのは楽しい。その選手が代表戦に出場するとなれば絶対盛り上がるのになあって。

part4へ続く

構成・文 松原貴実
写真 吉田宗彦、安井麻実、三上太

こちらもおすすめ

Top