最大の武器はいつもポジティブなチームワーク(三遠ネオフェニックス)

最大の武器はいつもポジティブなチームワーク(三遠ネオフェニックス)

東海・北陸アーリーカップで2連敗を喫した三遠ネオフェニックス。3位決定戦では、B2の信州ブレイブウォリアーズに敗れてしまった。 だが、そんな不安を払拭するように、先週9月17日は大阪エヴェッサに78-49で快勝。昨日9月… Read More »

Mami’s photo report 関東アーリーカップ 9/3決勝戦 アルバルク東京

Mami’s photo report 関東アーリーカップ 9/3決勝戦 アルバルク東京

9月1日〜3日、船橋アリーナで開催された関東アーリーカップ。 9月3日、激戦を繰り広げた決勝戦、東京vs千葉戦の模様を、アルバルク東京の視点から振り返ります。 今季、秋田から移籍してきた #3 安藤誓哉の鋭いドライブ。 … Read More »

Mami’s photo report 関東アーリーカップ 9/3決勝戦 千葉ジェッツふなばし

Mami’s photo report 関東アーリーカップ 9/3決勝戦 千葉ジェッツふなばし

9月1日〜3日、船橋アリーナで開催された関東アーリーカップ。 その決勝戦を千葉ジェッツふなばしの写真から振り返ります。 千葉#21 キャビン・エドワーズ。昨シーズンまで三河でプレーし、今季より千葉へ移籍。何度も富樫とコミ… Read More »

B.LEAGUEシーズン2テーマは、『BUILD UP』!多くの課題を[ Breakout ]!

B.LEAGUEシーズン2テーマは、『BUILD UP』!多くの課題を[ Breakout ]!

9月11日に行われたTIPOFFカンファレンス。 2シーズン目を迎えるB.LEAGUEのシーズンテーマは『BUILD UP』。 新しいバスケットボール文化を『築き上げる』ために考えられた、昨シーズンとは違う新たな仕組みや… Read More »

7人を入れ替えた大阪が浮上するためのカギ(大阪エヴェッサ)

7人を入れ替えた大阪が浮上するためのカギ(大阪エヴェッサ)

7千人収容可能な府民共済SUPERアリーナを本拠地とする大阪エヴェッサのアリーナ環境は、B1クラブの中ではトップクラスである。混戦となった昨シーズンの西地区において大阪は、1ゲーム差で琉球ゴールデンキングスに及ばず、チャ… Read More »

ポテンシャルを引き上げ、巻き返しを図る雑草軍団(滋賀レイクスターズ)

ポテンシャルを引き上げ、巻き返しを図る雑草軍団(滋賀レイクスターズ)

西地区のライバルである琉球ゴールデンキングス、京都ハンナリーズ、そして大阪エヴェッサはいずれも7人の選手を補強した……補強?半分以上の選手を入れ替えた時点で、全く新しいチームになったと言った方が適切かもしれない。 昨シー… Read More »

経験浅い原石をゴールドに輝かせられるか!(琉球ゴールデンキングス)

経験浅い原石をゴールドに輝かせられるか!(琉球ゴールデンキングス)

関西アーリーカップを制した直後、開口一番「周りには勝って当然と言われてますが、僕らはそんなことは思っていません」と新指揮官の佐々宜央ヘッドコーチは言った。全くもって同感である。 昨シーズンのファイナルMVP古川孝敏選手、… Read More »

Mami’s photo report 9/3 関東アーリーカップ3位決定戦@船橋アリーナ

Mami’s photo report 9/3 関東アーリーカップ3位決定戦@船橋アリーナ

B.LEAGUEとなって初の試み、「アーリーカップ」なるトーナメントが9月1日~3日、催された。全4地域で開催された今大会の、関東トーナメント3位決定戦【川崎ブレイブサンダース vs 栃木ブレックス】を写真で振り返る。 … Read More »

関西アーリーカップは琉球が制し、初タイトル奪取

関西アーリーカップは琉球が制し、初タイトル奪取

関西アーリーカップは、琉球ゴールデンキングスが滋賀レイクスターズを74-68で下し、栄えある初代関西王者に輝き、優勝賞金200万円を手にした。3 Pシュートを4本決め、14点を挙げた琉球#14岸本隆一選手がMVPを獲得。… Read More »

アグレッシブ・インテンシティ・ストロング(アルバルク東京)

アグレッシブ・インテンシティ・ストロング(アルバルク東京)

弊誌Vol.12「CHANGE」がそろそろ全国に発送される頃である。 その中で栃木ブレックスを紹介しているが、アルバルク東京も取材候補クラブだった。なかなか調整がつかずにVol.12では取り上げられなかったが、8月26日… Read More »

どん底から抜け出すための第一歩(横浜ビー・コルセアーズ)

どん底から抜け出すための第一歩(横浜ビー・コルセアーズ)

首の皮一枚でB1残留を果たした横浜ビー・コルセアーズのB.LEAGUE2年目が始まろうとしている。夏休み終わりの8月26日、多くのファンを迎えて公開練習が行われた。時折、歓声や拍手が降り注ぐ温かい空間だったが、練習を見て… Read More »

東海北陸アーリーカップは“走るイルカ”に注目しよう!

東海北陸アーリーカップは“走るイルカ”に注目しよう!

この時期、Bリーグのチームはどこも9月29日の開幕に向けて、チーム作りに余念がない。それは取材に訪れた名古屋ダイヤモンドドルフィンズも同じである。この日もチーム練習終わりに一部の選手が自主練習に励んでいた。 一足先に練習… Read More »

新たなタイトル「B.LEAGUE EARLY CUP」の初代チャンピオンを目指せ!

新たなタイトル「B.LEAGUE EARLY CUP」の初代チャンピオンを目指せ!

9月1日より関東(船橋アリーナ)、関西(エディオンアリーナ大阪)、東海北陸(新潟市東総合スポーツセンター 他)、そして9月8日より東北(山形市総合スポーツセンター)の4つのエリアで行われる「B.LEAGUE EARLY … Read More »

【会員限定】飲んで熱く語ったバスケLOVE ーOT後編:日本代表の強化をホンキで考える時ー(横浜:竹田謙選手/千葉・伊藤俊亮選手/栃木・網野友雄アンバサダー)

【会員限定】飲んで熱く語ったバスケLOVE ーOT後編:日本代表の強化をホンキで考える時ー(横浜:竹田謙選手/千葉・伊藤俊亮選手/栃木・網野友雄アンバサダー)

Bリーグとなり、これまでのプロリーグと大きく変わった点は、日本代表の強化に直結することを明確にしたこと。これまで日の丸を背負ってきた選手たちだからこそ、日本代表への思いは誰よりも強くあります。取材を終えた後に行った二次会… Read More »

【会員限定】飲んで熱く語ったバスケLOVE ーOT前編:Bリーグ元年を総括ー(横浜:竹田謙選手/千葉・伊藤俊亮選手/栃木・網野友雄アンバサダー)

【会員限定】飲んで熱く語ったバスケLOVE ーOT前編:Bリーグ元年を総括ー(横浜:竹田謙選手/千葉・伊藤俊亮選手/栃木・網野友雄アンバサダー)

優勝した栃木ブレックスの元メンバーであり、長きに渡ってリーグはもとより、日本代表でも活躍されたベテランたちに集まっていただき、酒を酌み交わしました。酔いが進んでくると、ついつい熱い話になってしまうのは選手も、ファンも同じ… Read More »

【会員限定】ここからまた自分の挑戦が始まります(横浜ビー・コルセアーズ #21 田渡凌)

【会員限定】ここからまた自分の挑戦が始まります(横浜ビー・コルセアーズ #21 田渡凌)

京北中学から京北高校と名門の道を歩き、その後自らの意思でアメリカに渡った田渡凌。大学卒業後は帰国し、Bリーグで戦う道を選んだ。横浜ビー・コルセアーズのニューフェイスとしてコートに立つ田渡が語る「これまでの自分」と「これか… Read More »

飲んで熱く語ったバスケLOVE ーこぼれ話ー(横浜:竹田謙選手/千葉・伊藤俊亮選手/栃木・網野友雄アンバサダー)

飲んで熱く語ったバスケLOVE ーこぼれ話ー(横浜:竹田謙選手/千葉・伊藤俊亮選手/栃木・網野友雄アンバサダー)

熱いバスケ話だけではなく、楽しい話も満載だったバスケLOVE。ツイッターを活用し、多くの方にバスケットを知ってもらおうと、様々なきっかけを提供してきた伊藤俊亮選手。Bリーグの認知度を上げつつ、企業にアプローチしたことでビ… Read More »

【会員限定】バス・スピリッツ延長戦ー後編ー「鵜澤潤とガンクラフト」

【会員限定】バス・スピリッツ延長戦ー後編ー「鵜澤潤とガンクラフト」

本誌で熱く語っていた愛竿ガンクラフト。この取材後、ガンクラフトの平岩孝典社長と一緒に釣りにいく夢を果たし、金丸晃輔選手のインスタグラムではさらなる会心の笑顔を披露していた。 尊敬する平岩社長からプロ意識を学んだ金丸選手。… Read More »

【会員限定】バス・スピリッツ延長戦ー前編ー「狙いを定めるキャスティングと3Pシュート」

【会員限定】バス・スピリッツ延長戦ー前編ー「狙いを定めるキャスティングと3Pシュート」

そんなにバス釣りが好きだったら、練習後すぐにでも行ける滋賀レイクスターズに行っちゃえば? 「いいんですか?」とまんざらでもない。すかさず三河の広報さんが「何を聞いてるんですか!」と割って入る。 そんなやりとりから楽しかっ… Read More »

【BEST SHOT】ベストショット賞 発表!!【6月度】

【BEST SHOT】ベストショット賞 発表!!【6月度】

バスケットボールスピリッツvol.10の発行より少したちまして、そろそろ皆さまの元にも行き届いている頃でしょうか。本誌やSNSなどで募集しております「BBS BEST SHOT」。今月も皆さまがアリーナで撮影された中から… Read More »

【BEST SHOT】ベストショット入選発表!!【6月度】

【BEST SHOT】ベストショット入選発表!!【6月度】

皆さまから応募いただいております「BBS BEST SHOT」。おかげさまで大きな反響をいただきまして、6月30日に発行のバスケットボールスピリッツvol.10にも第2回目として皆さまが撮影されたベストショット2点を掲載… Read More »

【BBS BEST SHOT】ベストショット賞 発表!!

【BBS BEST SHOT】ベストショット賞 発表!!

6月1日は写真の日ということで緊急更新です!バスケットボールスピリッツ本誌やSNSなどで募集してました「BBS BEST SHOT」。Bリーグ元年、皆さまがアリーナで撮影された中からベストな写真をたくさん投稿していただき… Read More »

【BEST SHOT プレ企画】入選ベストショット発表!! その2

【BEST SHOT プレ企画】入選ベストショット発表!! その2

バスケットボールスピリッツ読者の皆さまに今シーズン試合会場などで撮影されたベストショットを投稿してもらった「BBS BEST SHOT」。紙面への掲載は惜しくも適わなかったものの、入選となったベストショット、前編に引き続… Read More »

【BEST SHOT プレ企画】入選ベストショット発表!! その1

【BEST SHOT プレ企画】入選ベストショット発表!! その1

バスケットボールスピリッツvol.8やSNSなどで募集しておりました「BBS BEST SHOT」。読者の皆さまが今シーズン、アリーナで撮影された数々の写真の中からコレ!というBEST SHOTを投稿していただくこの企画… Read More »

【会員限定】Bリーグ初代得点王、ニック・ファジーカスの思考

【会員限定】Bリーグ初代得点王、ニック・ファジーカスの思考

Bリーグの初代ファイナリストが決定した。川崎ブレイブサンダースと栃木ブレックスである。ともにチャンピオンシップのセミファイナルを第3戦まで戦い、それぞれの対戦相手、アルバルク東京とシーホース三河を退けてのファイナル進出と… Read More »

「ジジイになっても容易に思いだせるようなかけがえのないシーズンでした」(アルバルク東京・#7正中岳城)

「ジジイになっても容易に思いだせるようなかけがえのないシーズンでした」(アルバルク東京・#7正中岳城)

川崎ブレイブサンダースとの対戦となったセミファイナル。第1戦を76-84で落としたアルバルク東京は残り12秒、#23ジェフ・エアーズの逆転3ポイントシュートで第2戦を勝ち取った(78-77)。 しかし、5分ハーフの第3戦… Read More »

「自分の役割がはっきり見えてきた今、バスケットがすごく楽しい」 (川崎ブレイブサンダース#11野本建吾)

「自分の役割がはっきり見えてきた今、バスケットがすごく楽しい」 (川崎ブレイブサンダース#11野本建吾)

Bリーグチャンピオンシップ・セミファイナルでアルバルク東京を倒し、ファイナル進出を決めた川崎ブレイブサンダース。2大看板と言われるニック・ファジーカス、辻直人に加え『第3の男』篠山竜青の活躍が頼もしく光る。さらにチームの… Read More »

【会員限定】3Pシュートとベースボール(秋田:田口成浩選手、SR渋谷:アイラ・ブラウン選手)

【会員限定】3Pシュートとベースボール(秋田:田口成浩選手、SR渋谷:アイラ・ブラウン選手)

弊誌8号の表紙を飾ってくれた秋田ノーザンハピネッツの田口成浩選手は、小学校時代は野球少年だった。野球好きな父から「お前は野球をやるんだ」と幼い頃から言われていたことで田口選手自身も「やらなければいけない」という気になる。… Read More »

底辺であるB3から見たBリーグ(大塚商会アルファーズ #14 兒玉貴通選手)

底辺であるB3から見たBリーグ(大塚商会アルファーズ #14 兒玉貴通選手)

Bリーグの底辺に位置するB3。プロクラブにとっては上位リーグへ這い上がることが大きなモチベーションとなる。5月10日のBリーグ理事会を経て、1位・ライジングゼファーフクオカと2位・金沢武士団がB2昇格を決めた。 上位チー… Read More »

新たなキーマンとして注目を集める須田侑太郎の武器は『努力できる才能』(栃木ブレックス #11 須田侑太郎)

新たなキーマンとして注目を集める須田侑太郎の武器は『努力できる才能』(栃木ブレックス #11 須田侑太郎)

5月3日、代々第二体育館で行われた東地区頂上決戦は、栃木ブレックスが79-76でアルバルク東京を下しレギュラーシーズン東地区チャンピオンに輝いた。 この日、栃木のベンチには故障欠場の田臥勇太とジェフ・ギブスの姿がなかった… Read More »

Top