「3×3 PERMIER.EXE」PREMIERの季節……と言ってもビールではありません。 “芳醇な味わい”の最高峰 3x3 トップリーグのこと。

3×3(ストリートバスケットボール)の楽しみ方を、さまざまなカタチで提案・実施している「3×3.EXE」。その中で、日本最高峰のトップリーグとして位置づけられているのが『PREMIER』だ。42名の精鋭たちが7チームに分かれて参戦。7月に開幕し9月までの3カ月間、国内主要都市で6大会を戦う。
大会ごとに開催地チームを加えた8チームによる1DAYトーナメントを行っていくが、すべての大会がFIBA(国際バスケットボール連盟)承認大会であり、参加チームは戦績によっては世界進出の可能性もある。
すでに始まっているオープントーナメント、「3×3 TOURMENT.EXE」とはまた違った、芳醇な味わいのパフォーマンスが楽しめそうだ。日程および参加チーム・メンバーは以下の通り。詳細は3×3.EXEオフィシャルサイトにアクセスを ⇒ http://exe.3x3league.com/

3×3 PERMIER.EXE 2014

  • Round.1 HIRATSUKA in SHONAN BELLMARE HIRATSUKA BEACH PARK
    7月12日(土)湘南ベルマーレひらつかビーチパーク(神奈川県平塚市)
    オーガナイザー:特定非営利活動法人 湘南ベルマーレスポーツクラブ
  • Round.2 HAKATA powered by TOKYO OCEANS ENTERTAINMENT
    8月3日(日)博多駅前広場 大屋根イベントスペース(福岡県福岡市)
    オーガナイザー:一般社団法人 東京オーシャンズエンターテインメント
  • Round.3 KOBE powered by HOS
    8月17日(日)神戸ハーバーランドスペースシアター(兵庫県神戸市)
    オーガナイザー:株式会社東大阪スタジアム
  • Round.4 YOKOHAMA
    8月31日(日)横浜赤レンガ倉庫前特設会場(神奈川県横浜市)
    リーグ管轄大会
  • Round.5 NABARI powered by HOS
    9月6日(土)名張市総合体育館(三重県名張市)
    オーガナイザー:株式会社東大阪スタジアム
  • Round.6 TOKYO FINAL
    9月20日(土)東京ソラマチスカイアリーナ(予定 東京都墨田区)
    リーグ管轄大会

参加7チーム

exe140616a

GREEDYDOG.EXE(グリーディドッグドットエグゼ)
チーム本拠地:東京都台東区/代表者名:高橋 渉
プレイヤー:落合 知也/Matthew Kyle/菅原 洋介/三井 秀機/中山 乃不史/宮坂 侑

exe140616b

SUNS.EXE(サンズドットエグゼ)
チーム本拠地:神奈川県藤沢市/代表者名:石田剛規
プレイヤー:飯島 俊/石田 剛規/柴田 政勝/濱田 陽介/阿刀 秀嗣/小宮 竜一

exe140616c

GC OSAKA.EXE(ジーシーオオサカドットエグゼ)
チーム本拠地:大阪府大阪市中央区/代表者名:株式会社KAGODAMA 吉岡大和
プレイヤー:坂東 玲央/比留木 謙司/飯島 康夫/石塚 裕也/夏 達維/丸田 健司

exe140616d

ZETHREE.EXE(ゼッスリードットエグゼ)
チーム本拠地:石川県金沢市/代表者名:上原浩光・新田康明
プレイヤー:川上 航平/堀田 秀幸/袋井 健吾/橋本 泰/Sarr PaPa Boubacar/山本 一

exe140616e

DIME.EXE(ダイムドットエグゼ)
チーム本拠地:東京都渋谷区/代表者名:岡田優介・田村裕・大西功二
プレイヤー:岩下 達郎/蒲谷 正之/西塔 佳郎/根木 大明/宮島 智久/安宅 寛法

exe140616f

CHIBAJETS.EXE(千葉ジェッツ.EXE)
チーム本拠地:千葉県船橋市/代表者名:株式会社ASPE 島田慎二
プレイヤー:一色 翔太/星野 拓海/村越 保昭/森山 翔太/早野 竜介/塚本 達也

exe140616g

TOKYO OCEANS.EXE(東京オーシャンズ.EXE)
チーム本拠地:東京都江戸川区/代表者名:一般社団法人東京オーシャンズエンターテインメント 山城英樹
プレイヤー:海老原 奨/Johnathen Maxwell/安室 高志/津川 隆治/臼井 隆浩/谷 昌典

文・羽上田 昌彦(ハジョウダ マサヒコ)
スポーツ好きの編集屋。バスケ専門誌、JOC機関紙などの編 集に携 わった他、さまざまなジャンルの書籍・雑誌の編集を担当。この頃は「バスケを一歩前へ……」と、うわ言のようにつぶやきながら現場で取材を重ねている。 “みんなでバスケを応援しよう!”を合言葉に、バスケの楽しさ、面白さを伝えようと奮闘中。