【日本代表】新しいスタート“AKATSUKI FIVE”

公益財団法人 日本バスケットボール協会は4月11日(月)、「平成28年度バスケットボール日本代表記者発表会」を開催した。会場は東京ミッドタウン(東京都港区)の屋外イベントスペース「アトリウム」。屋外ということもあり、関係者や報道陣だけでなく、バスケファンや東京ミッドタウンを訪れた観光客、ビジネスマンなど多くの人たちに“日本代表の新しいスタート”を印象づける機会となった。

Text by Hiroyuki Ohashi

 

■世界に挑戦! 新ニックネーム「AKATSUKI FIVE」

これまで日本代表には「隼(ハヤブサ)ジャパン」というニックネームがあった。しかし、リオデジャネイロ五輪の出場権をかけた昨秋のアジア地区予選で女子代表チームが活躍したことをきっかけに、「女子代表チームにハヤブサジャパンという男子チームのような名前がつけられている。もっとふさわしい名前があるはずではないか」という川淵三郎会長の提案があった。また、そのニックネームが商標登録されていなかったことが判明し、今後問題が発生する可能性もあったことから、「新たなスタートを切るときにどういう名前がふさわしいのか、そして多くの皆さんや子どもたちの夢の受け皿と思えるようなネーミングをつけたい」という方針のもと、新しい名前が決まった。

 

「AKATSUKI FIVE」というニック新しいニックネームは、代表のチームカラーである「黒×赤」を日出ずる国・日本の日の出、つまり「暁(あかつき)の空の色」を表現し、そこにコートで戦う5人の選手=「FIVE」を組み合わせて命名された。黒いロゴが男子代表チーム、赤いロゴが女子代表チームである。この日本を象徴するモチーフは、日本のバスケットボール界が新しいスタートを切るタイミングを表すにふさわしいものであろう。そして世界に挑戦する日本代表チームに「日の出の勢い」をもたらすという思いとともに、男子代表チームは黒メイン、女子代表チームは赤メインの新ユニフォームを身にまとって今夏、世界の強豪と対峙する。

bbs160412_01

特に男子代表チームはFIBA男子オリンピック世界最終予選(セルビア・ベオグラード)で女子に続く五輪出場権をもぎとりたいところ。チームを引っ張る田臥勇太は「川淵会長から“奇跡を起こせ”と我々は言われています。なんとしてでもその奇跡を起こせるように、僕らが先頭に立って必死になって戦っていきたいと思います。このユニフォームが輝くように全力を尽くします」と力強くコメントした。

 

■大きなバックアップ

新ニックネーム、新ユニフォームのお披露目と合わせて、平成28年度の日本代表チームのスポンサーが紹介された。今年度は男子代表チームにソフトバンク株式会社(トップスポンサー)、女子代表チームに三井不動産株式会社、日清製粉グループ(いずれもオフィシャルスポンサー)の男女合わせて3社が新たにスポンサーとなり、合計11社がAKATSUKI FIVEを強力にサポートする。

川淵会長も「今までにないぐらい多くのスポンサーの皆さんから、このバスケットボール界にご支援をいただきました。本当にありがとうございます。皆さんに応援しなきゃよかったと思われないように、バスケットボール界はしっかりと頑張っていきたいと思います」と感謝と決意を述べた。

bbs160412_02

 

■女子代表チーム、本大会への第一歩

女子代表チームは5月に世界ランク2位のオーストラリア代表を招いて、国際強化試合を行う。五輪本大会でも同じグループに入っている強豪国との試合は貴重な経験であり、メダル獲得を狙う日本代表にとって、現在の力を推し量るうえで格好の機会となる。また三屋裕子副会長から、この強化試合に三井不動産株式会社が冠協賛をすることが発表された。「三井不動産BE THE CHANGE CAP」という名称のもと、5月7日(土)にアオーレ長岡(新潟県長岡市)、5月9日(月)・10日(火)に国立代々木競技場第二体育館(東京都渋谷区)の3試合が予定されている。

bbs160412_03

主将の吉田亜沙美は「オリンピックでも対戦するオーストラリアという強豪国を迎えて、強化試合ができるということを選手たちは楽しみにしています。これをきっかけにバスケットボールファンを増やして、オリンピックではバスケットボールを知らない方にも応援していただけるように、私たち選手は精一杯プレーしていきたいと思います。オーストラリアとも戦えるという姿や、日本らしいバスケットを新潟や代々木でお見せできるように頑張っていきたいと思いますので、是非たくさんの方に会場へ来ていただき、一緒に戦っていただければと思います」と意気込みを語った。

現在、第1次強化合宿に入っている女子日本代表チームは、この強化試合を含めて6回の強化合宿を予定している。本番で良い結果が残せるように、「メダルを目指せ!」という川淵会長の檄が現実となるよう、オーストラリア戦を実りある試合にしてほしい。そのためにも、多くのバスケファンが会場に足を運び、選手たちにエールを送ろうではないか!

 

■「三井不動産BE THE CHANGE CAP」特設サイト
http://exhibition2016-women.japanbasketball.jp/

【長岡大会】5月7日(土)
11:00~ 帝京長岡高校 vs 洛南高校
14:00~ 女子U-23日本代表 vs KDB生命ウィナーズ(韓国女子リーグ)
17:00~ 女子日本代表 vs 女子オーストラリア代表

【東京大会】5月9日(月)
17:00~ 女子U-23日本代表 vs KDB生命ウィナーズ(韓国女子リーグ)
19:30~ 女子日本代表 vs 女子オーストラリア代表

【東京大会】5月10日(火)
17:00~ 女子U-23日本代表 vs KDB生命ウィナーズ(韓国女子リーグ)
19:30~ 女子日本代表 vs 女子オーストラリア代表

 

公益財団法人 日本バスケットボール協会オフィシャルサイト
http://www.japanbasketball.jp/