mami’s photo report:アルバルク東京 vs 千葉ジェッツ(2017年4月15日/代々木第二体育館)

4月15日、チケット完売御礼の代々木第二体育館で行われた、アルバルク東京vs千葉ジェッツの1戦。5月から始まるチャンピオンシップを目前に、これまでのレギュラーシーズンの中でも、特に深く記憶に刻まれるであろう熱戦だった。

その1戦を千葉の視点から振り返る。

心を一つに。スターティングメンバーを送り出す直前の千葉ジェッツベンチより。

コートで仲間を迎えるキャプテン、#34 小野龍猛

空中で、数センチの攻防。写真左:千葉 #16 ヒルトン・アームストロング 写真右:A東京 ザック・バランスキー

この日5本のスリーポイントを沈め、計17得点 #27 石井講祐の力みなぎる眼差し。

#27 石井の連続スリーポイントシュートに湧く千葉ジェッツベンチ。

第4ピリオド残り20秒。最後かもしれないオフェンスで、一人ディフェンスをかわしながらリングへ一直線。残り6秒で同点に。#33 タイラー・ストーン

6秒を守り切り、同点延長戦へ。延長戦を控え一度ベンチへ戻って来るその時、柔らかくも自信溢れる眼を見せてくれた。 #33 タイラー・ストーン

延長戦を制した千葉ジェッツ。ブースターを含めた“チーム力”が導いたこの勝利に、この会場にいた全員が、魅せられた。#44 伊藤俊亮

フォトグラファーあとがき

今回、久しぶりにこのフォトリポートをアップするにあたり、1番新しい作品からご覧頂きました。

この日の試合は、この会場に居た全員にとって、忘れがたい試合の1つになった事でしょう。
ファンの方々の応援は凄まじく、選手たちはなにか、不思議な力を授かったに違いありません。超満員の代々木第二体育館に響き渡るファンの声援と、選手たちから発せられる物凄いパワー。たくさんの感動を貰ったこの日、何度涙を堪えてファインダーを覗いたかは、ここだけの秘密です。

こんなに素晴らしい試合を見せてくれた両チームの選手に、心から感謝を。

「これからも、ずっとバスケットボールを撮っていたい。」

そう思わせてくれた試合から、私の中でキーになった8枚の写真をお届けしました。

来週は、チャンピオンシップ目前!ということで、撮影した試合の中からお見せしたいものをピックアップ。【レギュラーシーズン総集編(仮)】を、お届けします!

写真・文 安井 麻実