幸せを呼ぶ黄色いジャージー

日立サンロッカーズ#1木下 博之選手

日立サンロッカーズ#1木下 博之選手

今年のラッキーカラーは「イエロー」「ゴールド」「グリーン」の3色だとDr.コパさんは仰っている。
占いに興味があるわけではない。なぜラッキーカラーに注目したかと言えば、オールジャパンで日本一になった男女両チームのチームカラーがイエローだったからに他ならない。
日立サンロッカーズ東京はイエローだけだが、JX-ENEOSサンフラワーズに至ってはグリーンも入っているわけだから、WJBL7連覇間違いなし!…とDr.コパさんに太鼓判を押されているようなものではないか。笑

国内4リーグにおいて、この3色をチームカラーとしているチームを挙げてみた。その中でもジャージー(ユニフォーム)の多くの面積でラッキーカラーを配しているのは☆印が付く10チームとなる。

  • NBL
    ☆日立サンロッカーズ東京(イエロー)
    ☆トヨタ自動車アルバルク(グリーン)
    リンク栃木ブレックス(ネイビー×イエロー)
    レバンガ北海道(レバンガグリーン×ラベンダーパープル×ゴールド)
    兵庫ストークス(濃紺×グリーン)
  • TK bjリーグ
    ☆仙台89ERS(イエロー)
    ☆埼玉ブロンコス(グリーン)
    ☆群馬クレインサンダース(イエロー×ホワイト×レッド×ブラック)
    ☆高松ファイブアローズ(イエロー×セトウチネイビー)
    ☆大分ヒートデビルズ(グリーン)
    ☆琉球ゴールデンキングス(ゴールド)
    信州ブレイブウォリアーズ(プルシアンブルー×シルバー×イエロー)
  • WJBL
    ☆JX-ENEOSサンフラワーズ(イエロー×グリーン)
  • NBDL
    ☆東京エクセレンス(グリーン)
    レノヴァ鹿児島(レッド×ブラック×イエロー)

チームカラーとしていながら、一番目立つジャージーに使っていないチームは、今からサードジャージーを作ることをオススメする。開運ジャージーとすれば、新たなる売れ筋アイテムになる…かもしれない。

オールジャパンはイエロージャージーが制したわけだが、東京エクセレンスはNBDLながらベスト8に進む快進撃を見せた。そのオールジャパンへの出場資格があるにも関わらず、今年もスケジュールを理由に辞退したbjリーグは、1月2日から各地でリーグ戦を行っている。連覇を目指す琉球は年明け2連勝スタートを切り、目下6連勝中。首位浜松・東三河フェニックスと勝率(24勝2敗)で並ぶ。イエロージャージーの仙台は1勝1敗ながらも、首位秋田ノーザンハピネッツから白星を挙げた。2月1日にオールスターゲームを迎える群馬も1勝1敗ではあるが、昨年末から白星が先行しており、順位をグングン上げている。

まだ結果を得られていないチームもあるが、ラッキーカラーは2015年のあいだ中、有効なのだ。これから一気に上昇するかもしれないし、来秋から始まる新シーズンで開幕ダッシュを見せ、ドアマットチームから脱出なるかもしれない。

各リーグは折り返し地点に来ており、ますます順位争いが楽しみである。
「イエロー」「ゴールド」「グリーン」のチームを応援するファンの方々は、自ずと今年のラッキーカラーを身につけているわけだ。
今年も、バスケを愛する皆様のご多幸を心よりお祈り申し上げます。

NBL
bjリーグ
WJBL
NBDL

泉 誠一