埼玉ブロンコス、ナゼ弱い?

埼玉ブロンコス(左)石橋 貴俊ヘッドコーチ(右)ジョン・ハンフリー選手

埼玉ブロンコス(左)石橋 貴俊ヘッドコーチ(右)ジョン・ハンフリー選手

ヘッドコーチが変わったばかりの不安定なチーム状況であり、付け入る隙があったはずのライジング福岡に敗れた夜。
石橋 貴俊ヘッドコーチはブースターに対し、その夜も頭を下げた。そして、今シーズン何度も聞いた「明日はもっともっとがんばります」
新規参入したばかりであり、同じ東地区の青森ワッツはすでに12勝16敗。現在8位ながら1ゲーム差でプレイオフ争いに絡んでいる。西地区の新規チームであるバンビシャス奈良も9勝21敗、2桁勝利まであと一歩。後半がスタートした2月2日現在、3勝27敗の埼玉ブロンコスは、ぶっちぎりの最下位を独走中だ。

なぜ勝てない?ハンフリーに直撃!

“オリジナル6”と呼ばれるbjリーグ誕生時から参戦するチームの中で、唯一プレイオフへ進出していないブロンコス。
あまりに弱く、勝てない理由を11月17日に行われた信州ブレイブウォリアーズに79-95で敗れた後、#35ジョン・ハンフリーに直撃した。
「言い訳はしたくないが、ケガ人が多いので彼らが帰ってくるのが大事だ」
もちろん機嫌は良くない。憮然とした表情のハンフリーに対し、選手やヘッドコーチがコロコロと変わることがチームとしてビルドアップできていない原因ではないか、とさらに攻め込んでみた。
「マイケル・ジョーダンが入っただけのブルズは勝てなかったし、ピースが揃わないことにはチームも上向かない」

良くも悪くもハンフリー次第のブロンコス。バスケットの基本として、ボールを持った時にまずゴールを見ることを教わる。しかしブロンコスの選手たちは、まずハンフリーを見てしまっていた前半戦。40点、50点獲れるだけの得点能力はあるが、1人だけが大量得点しても勝てないのがバスケット。歴史を紐解いてみれば、神様が証明している。
そして、ハンフリーはマイケルではない。そのことを彼自身も分かっていることを石橋HCが代弁する。
「ハンフリー自身もチームのリーダーとして、チームでプレイして行こうと言っています。しかし、勝負がかかると興奮してしまう点も確かにあります」

2月1日(土)の福岡戦。外国人選手たちがケガから戻り、#23信平 優希、#57原口 真英らコートに立つ日本人選手もしっかりとゴールを狙い、得点を重ねる好スタートを切る。2Q途中、熱くなって1on1一辺倒になるハンフリーをベンチに下げ、そこから巻き返して33-36、3点ビハインドで終えた前半。
しかし、良くも悪くもやっぱりハンフリー次第のチームなのである。
「でも、やっぱりハンフリー無しではこのチームの得点は伸びません。そこをどう共存していくかが、大きな課題でもあります。そこもなんとかクリアできるようにがんばります」

コロコロ変わるヘッドコーチと最下位争い

bj140207b

#57原口 真英選手は強気の3Pシュートで粘りを見せた

オールスターブレイク中、巻き返すために石橋HCも練習からしっかり準備をして来た。
「もっともっとプレッシャーをかけよう、もっともっと簡単にプレイさせないように手を使ってディフェンスをする練習をしました。前半はけっこうボールを引っかけられる場面もあったと思います。でも、その後にまた相手ボールになってしまい、そこで戻りきれない。そして、簡単に3Pを決められてしまったシーンが3回ほどありました。手を出すことで引っかけられるようになったのは進歩した点ですが、その後のディフェンスまで行けなかった点を積み上げていきたい」
フルコートプレスやゾーンディフェンスなどを切り替えながら守ってはみたが、結局は79点を獲られ、66点しか挙げられず勝利に届かなかった。明日はもっとがんばるとブースターと誓った石橋HCであったが、翌日も同じような展開となり64-72で敗れて5連敗。

素材からして弱いのか?そうとは思えない選手たち。
213cm#33アンワ・ファーガソンなるビッグマンがいる。原口 真英ら頭角を現すシューターもいる。#10三澤 貴弘のゲームメイクにも期待したい。そして、AND1 MIX TAPEで日本を席巻したヘリコプターことジョン・ハンフリーやスラムダンク奨学金第4期生の#91山崎 稜といった話題性ある選手もいる。
ただし、ハンフリー以外、経験値はまだまだ浅い。それは石橋HCも同じこと。
これまでのブロンコスはデービッド・ベンワーHC以外、毎年のように首をすげ替え、カギとなる外国籍選手を入れ替えてきた。その歴史を振り返っても、落ち着かないチーム事情が敗因とも言える。

  • 2005-06 チャールズ・ジョンソン 6位(6チーム)
  • 2006-07 山根謙二 6位(8チーム)
  • 2007-08 デービッド・ベンワー 東地区4位(5チーム)
  • 2008-09 デービッド・ベンワー 東地区5位(6チーム)
  • 2009-10 福島雅人 東地区5位(6チーム)
  • 2010-11 ボブ・ナッシュ 東地区5位(7チーム)※東日本大震災によりシーズン途中で活動休止
  • 2011-12 ディーン・マーレイ→ナタリー・ナカセ 東地区10位(10チーム)
  • 2012-13 トレイシー・ウィリアムズ 東地区10位(11チーム)
  • 2013-14 石橋貴俊 現在東地区11位(11チーム)
#10三澤 貴弘選手

#10三澤 貴弘選手

温かいブースターのおかげで入場者数は中堅クラス

ビリ争い常連の弱〜いブロンコスなのだが、いつも温かいブースターが会場にやって来る。その数は褒められるほどではないが、けっして少ない数ではない。福岡と対戦した所沢市民体育館は、2月1日が1,554人、2日は1,710人に増加。第17週だけの入場者数を比較すればリーグ3位。シーズンを通しても平均1,276人で13位と中堅クラス。
27敗中、(2勝)12回がホームで敗れている。その度に、選手よりも大きな石橋HCが体を小さくさせ、平謝りする日々が続いてきた。ブースターは謝られることより、勝利を求めている。勝てなくても、上向く光を求めているはずだ。
これまで3勝しかできていない現状にも関わらず更迭されないならば、石橋HCはもっといろんなことを試しながら、改善案をコート上で示さねばならない。
「やるしかないですね!少しずつですが、ステップアップは見えて来ています。僕も魔法使いではないので、1週間や2週間端でそう簡単には改善させられないし、そこまでの能力も無いと自分でも思っています。でも、つなげていくしかない」

石橋HCが魔法使いでも、名将でもはないことは分かっている。同じように短期間で変わることもまた難しいこと。
一生懸命がんばるのは当たり前なのがプロチームであり、プロ選手たち。ブロンコスの成績を上向かせるための中長期計画を明文化し、負け続けていても集まる多くのブースターと共有し、一つずつ階段を上って行く姿を見せて欲しい。
責任をヘッドコーチや選手に押しつけて、シーズンオフに入れ替えるだけが強化ではないはずだ。フロントのプロ化が最大の改善策かも知れない。幸い(?)1月29日付のブロンコスオフィシャルサイト上でフロントスタッフ募集がリリースされていた。

今週末(2月8日/9日)は西地区最下位の島根スサノオマジック(6勝24敗)と頂上決戦ならぬ、東西山麓決戦とでも言うのだろうか…。
会場はブロンコスのホーム・さいたま市記念総合体育館。4勝目を挙げるチャンス到来。いつも通り多くのブースターは歓喜できるプレミアムな瞬間を期待しながら、今週もまた温かい声援を送ることだろう。
Let’s Go Broncos♪

2月8日(土)18:00 埼玉 vs 島根@さいたま市記念総合体育館
2月9日(日)14:00 埼玉 vs 島根@さいたま市記念総合体育館

埼玉ブロンコス
bjリーグ

泉 誠一