女子日本代表トム・ホーバス新ヘッドコーチ就任「日本のエースを目指すなら夢を語れ!」

試合が始まる前にあいさつへ行くと、JX-ENEOSサンフラワーズのヘッドコーチ、トム・ホーバスはいつもやさしい笑顔で「こんにちは」と手を差し出してくれる。しかし選手をコートに送り出し、ベンチの前に立つと、その表情は一変する。女子バスケット界をリードするスーパースター軍団に対しても、一切の妥協を許さない。彼女たちの後を追う、経験の少ないベンチメンバーであっても容赦はしない。チームとして戦っている限り、主力であろうとなかろうと、約束事は徹して守らせる。それがホーバスヘッドコーチの流儀だ。

トム・ホーバス女子日本代表新ヘッドコーチ

そのホーバスヘッドコーチが今年4月から女子日本代表のヘッドコーチに就任する。しかも“専任”である。昨秋に開幕したWリーグ2016-2017シーズンから、名実ともにJX-ENEOSを率いることになったホーバスヘッドコーチがわずか1年でその職を辞し、日本代表の指揮官として世界と戦う道を選んだのである。
「僕はいつも(JX-ENEOSの)選手たちに『毎日うまくなって。自分自身にチャレンジして』と言っています」

1990年に来日し、その後日本人女性と結婚、2人の子どもを儲けたホーバスヘッドコーチは日本語も流暢だ。
「僕にとってもJX-ENEOSで過ごした8年間はいいチャレンジだった。でも次のチャレンジは? と考えたときに、日本代表ならいいだろうと思ったんです。もちろん難しいよ。プレッシャーもたくさんあると思う。でも僕はチャレンジが好きなんです」

日本を「第二の故郷」と断言する彼のチャレンジャー精神は4月以降、2020年の東京オリンピックに向けられる。そしてメダル獲得という、女子バスケットボール日本代表がいまだかつて成し遂げたことのない大きな目標にも向けられる。それは壮大な“夢”といってもいい。

スター軍団JX-ENEOSサンフラワーズで指揮する姿を見られるのも残りわずか

彼の人生は常に大きな夢とともにあった。
1967(昭和42)年1月にアメリカ・コロラド州に生まれると、中学生のときに「NBAでプレイしたい」という夢を持つ。ペンシルベニア州立大学を卒業し、ポルトガルで1年プレイした後、1990年から4シーズン、トヨタ自動車でプレイしている。そこで4年連続の得点王や、2年連続の3ポイント王に輝くと、1994年にわずか4か月という短い期間だが、NBAのアトランタ・ホークスと契約し、プレイしているのだ。His dream has come true!
「夢を大きく持たなければ、目標は達成することができません」

正式な就任は4月だが、1月23日に都内のホテルで行われた発表記者会見で発したこの言葉には、彼自身の生きざまが反映されているというわけだ。
「チームの目標としては東京オリンピックでメダルを獲ることです。もちろん簡単なことではないと思いますが、リオデジャネイロオリンピックで得た経験は、我々を大きく前進させたと思っています」
ヘッドコーチとしてのゴールを、昨夏の経験を踏まえて、自信を持って発言した後、彼はさらにこう続けた。
「ずっと夢見ていたことですけど、個人的な夢としては東京オリンピックの決勝戦でアメリカと対戦して、金メダルを獲ることです」
率直に言おう。その言葉にしびれた。

目を輝かせて夢を語るトム・ホーバス女子日本代表新ヘッドコーチ

これまで、私が知る限りで、自らの夢を記者会見で語ったヘッドコーチを見たことがない。
大言壮語してはならないという日本人の謙虚さ、ある種の美徳が、これまでの日本人監督・ヘッドコーチにはあったのかもしれない。

しかし彼はアメリカ人だ。女子日本代表として初めてとなる外国人ヘッドコーチは、だからこそそれができたのかもしれない。それでも指揮官自らがまっすぐな思いをぶつけてくることに、少なくとも好感を抱いた。
むろん勝負師たるもの、腹に一物を抱えていて然るべきだ。たぶん彼にもそういう一面があるだろう。しかしそれを見せず、一方で自らのピュアな側面を実直に見せるところに、応援したいという気持ちを掻き立てられる。

さぁ、自らの夢を語れる指揮官のもと、日本のエースの座を射止めるのは誰だろう?
選手選考は彼がWリーグの戦いを終えた後に本格化するはずだが、現時点で「ベースはリオのメンバー」と言うから、エースの座も渡嘉敷来夢が一歩リードしていると推測する。
しかし彼はこうも言っている――若い選手も見てみたいね。

ならば、渡嘉敷からその座を奪ってやろう、そして「東京オリンピックは私のオリンピック」と大きな夢を語れる選手が出てくることに期待もしたい。それがまた女子日本代表をメダル獲得に押し上げる1つの大きな要素になるはずだ。
オリンピックが近づけば近づくほど、チーム内での争いは、好むと好まざるにかかわらず沈静化する。チーム内の切磋琢磨をチームワークに昇華させなければいけないからだ。
日本のエースの座をかけた争いの期間は、オリンピックが開幕を迎える日々よりもずっと短い。

内海知秀ヘッドコーチからバトンを受け継いだトム・ホーバス新ヘッドコーチに託された至上命令は「東京五輪でメダル獲得」

JBA
Wリーグ
JX-ENEOSサンフラワーズ

文・三上 太 写真・三上 太/安井 麻実