企業チームのメリット、プロチームのデメリット

統一プロリーグの草案に掲げられた参加要件は3つ。
「バスケを主たる事業として行う法人形態」
「チーム名は地域+ニックネーム」
「選手はプロ契約」
すでにプロリーグであるTK bjリーグはもちろん全チーム、NBLも13チーム中過半数以上となる7チームがすでに3つの条件をクリアしている。ネーミングライツとしてリンク&モチベーション社の名前を掲げるリンク栃木ブレックスは、現時点においてチーム名の条件のみ満たしていない。
チーム名に企業名が入ることを懸念するTK bjリーグ側。しかし、リンク栃木やTK bjリーグ同様にネーミングライツとして新たなるビジネスチャンスとなるかもしれない。TK bjリーグの河内 敏光コミッショナーは、「組織委員会の中での意見は仙台vs沖縄という表記の次に、トヨタvs群馬のようなものはどうなのか?(地域名で)統一した方がきれいではないか」と言う。

先日の説明会によると、統一プロリーグに向けた妨げとなっているのが企業チームの在り方。河内コミッショナー(元三井生命)も、NBLの丸尾 充理事長(元住友金属)も企業チーム出身であり、それらのチームは今はもう無い。ゆえに両者とも、景気に左右され、母体企業が継続できないと言えば、いくらチームが好成績を収めていようが休廃部に追いやられてしまうことを問題視。その解決策として、母体企業に左右されずに一つの事業体としてチームを運営する法人化を条件に盛り込んでいる。それは現在のNBLが推し進めているところでもある。

JBLラストシーズンに休部となったパナソニックトライアンズ

JBLラストシーズンに休部となったパナソニックトライアンズ

充実した環境が整備されている企業チーム

昨シーズンのNBLチャンピオンである東芝ブレイブサンダース神奈川は、バスケに専念できる充実した環境を持つチーム。専用の練習場があり、選手寮が完備され、栄養面も行き届いている。引退後は東芝でそのまま働ける道があり、セカンドキャリアの心配もない。また、現役中から社会人として仕事を覚えることもできる。逆に言えば、働きながらバスケをしている東芝神奈川が、バスケだけに専念しているプロチームを打ち負かしてリーグを制したのだ。

今シーズン、WJBLから脱退した山梨クイーンビーズ。その理由として、メインスポンサーの撤退により、練習場が確保できなくなったことを第一に挙げていた。その当時は、新たに場所を探せば良いだけの話ではないかと考えていたが、今ではその意見も納得がいく。
練習環境が確保できなければ良い選手が獲得できない。十分に練習ができなければ強くなることもできない。それが解決されない限り、トップリーグに居座るのは失礼に当たる。
最高のパフォーマンスを見せるために集まった選手たちが、いつでも十分に練習ができる環境を与えることから着手しなければ、いつまで経ってもそのレベルは上がらない。全ての企業チームに、専用練習場が確保されている。同じような環境を持つプロチームがどれほどあるだろうか。

もう一つ、東芝神奈川こそプロだと思わされる逸話がある。
シーズンを迎える前、社長をはじめとした要職の方々を前に挨拶する恒例行事があるそうだ。勝てなかった時代は、「いつまでもチームがあると思うな」という容赦ない言葉を浴びせられたと言う。
勝つか──、負けるか──。
母体企業が支える企業チームも、スポンサーが支えるプロチームもその目的に変わりはない。
追い詰められた状況を作り、闘争心を掻き立てながらトップレベルをキープできる環境作りこそが求められる。

厳しい運営状況が後を絶たないプロチーム

宮崎シャイニングサンズをはじめ、消滅したプロチームもある

宮崎シャイニングサンズをはじめ、消滅したプロチームもある

過去、企業チームが母体企業の経営難により、休部・廃部を余儀なくされてきた。同じようにプロチームが消滅に追い込まれた事実もある。
開幕したばかりの今シーズンも、すでにチーム運営が厳しいという話が耳に入ってきている。これは、オフシーズン中から毎年のように聞かれる話題だ。
チームを永続させるためにも統一プロリーグでは、単純に合併したり簡単に増やすのではなく、厳しい審査を設けてふるいにかけた方が健全だろう。
手をつないで、みんなで一緒にゴールする運動会のごとく、下のレベルに基準値に合わせる必要はない。10年が経つbjリーグのサラリーキャップが上がらないのも、新規参入チームに合わせているからであり、本来は年々上昇して然るべきこと。それこそが選手やチームにとってのモチベーションとなり、プロ選手を目指す子どもたちにとっての夢となる。

このまま行くと、2016年に始まるファーストシーズンは約40チームからスタートするそうだ。チーム数が多い分には、バスケを生業とする裾野が拡大するという良い面もある。しかし現状を見ると、選手やコーチ、レフェリーのレベルが薄まってしまっている感が否めない。
説明会で、丸尾理事長は「JBAのガバナンス」を強調していた。FIBAに言われるがままに、2つあるものを1つにする行為は、いつまでも平行線を辿り、なかなか出口が見えない。40チームに増えたところで、リーグ戦の対戦カードに新たなる刺激を見出すことはできるだろうか。優勝争いも、いずれかのリーグだけになってしまっては何も変わらない。

今のままNBLとTK bjリーグの2つのリーグをライバルとして煽り、それぞれのリーグで切磋琢磨させた最高のチーム同士が日本一を争う。コート外でも集客数や利益で激しい競争をさせながら、一定レベルをクリアできなければ淘汰する。その基準をJBAがガバナンスを持って示すような道は無いものか。
企業チームとプロチームのいずれにも、メリットとデメリットがある。日本における他のプロスポーツを見ても、企業に依存しているチームは多い。欧米のスポーツビジネスの成功例に当てはまらない点も、日本の風土にはある。しっかりとしたビジョンを持って見極めながら、世界に誇れる日本らしい統一プロリーグの在り方を迅速に見つけてもらいたいものだ。答えはとてもシンプルであるような気がしてならない。

JBA
TK bjリーグ
NBL

泉 誠一