あきらめるなっ! ー 統一プロリーグへ向けた交渉難航によりJBA深津会長辞任 ー

10月23日(木)13:16。JBAから「平成26年度 臨時理事会に関する記者説明会のご案内」が届く。
筆者がそのメールを開封したのは14:00手前。そこに記された説明会開催日時は10月23日(木)15:30。あと1時間半しかない。
仕掛かっていた仕事を投げ出し、慌てて用意して会場へ向かう。
15:28、何とか間に合う。すでに多くの報道陣がいた。
開始予定の15:30になったが、登壇者は現れない。馴染みの記者たちと情報を交換していると、会長辞任の話が出た。この説明会は、FIBAへの回答期限である10月末日を見据え、統一プロリーグへ向けた進捗を聞けるものだと思っていただけに、頭の中が混乱する。ネガティブな意見が飛び交う場内。別の部屋では臨時理事会が続いており、幾度となく説明会の開始が遅れるというアナウンスが続く。待つ間に投げ出していた作業を進め、そして終わらせることができた。

突然のJBA深津会長辞任

14102417:50。当初の開始時間から遅れること2時間20分、ようやくJBA深津泰彦会長だけが現れ、辞任した旨を説明し始めた。その理由としては、FIBAから指摘されている「JBAのガバナンスの確立」「男子日本代表の強化」「2リーグ併存状況の解消」の3つ問題点のうち、「2リーグ併存状況の解消」に関しては期限とされる10月末日までに合意できる見通しが立たず、十分な方向性を示せないことで、その責任を取る形で辞任の運びとなった。残る2つの問題に関しては、継続的な課題として報告し、FIBAからも了承が得られるまでまとまっていると言う。

“あきらめたらそこで試合終了ですよ”というスラムダンクの名言が頭を過ぎる。志半ばであり、FIBAへの回答期限までまだ8日もあるにも関わらず、タイムアップのブザーを聞く前にあきらめてしまった。引責辞任というよりも、さじを投げたと思わずにはいられない。

2013年1月、麻生 太郎元会長の金融大臣就任に伴い、当時副会長であった深津氏が会長職務代行としてトップに立つ。2014年6月に正式に会長に就任するが、麻生会長体制だった時から中心となって活動してきた功績がある。統一プロリーグ化へ向けたこの3ヶ月間は、NBLに所属する企業チームへの理解を求めるために奔走してきた。その結果、企業チームもリーグのプロ化に賛同するまでに至る。

統一プロリーグへ向けた障壁となっているのが、チームの運営法人設立とチーム名称に企業名を入れない点である。「NBLには5社の企業チームがありますが、全てが理解しているわけではなく、引き続きお願いをしていくことになります。一方、プロクラブチーム側にも、一定の歩み寄りや理解をしてもらわなければならない点もあります」と現状を説明。話がまとまらないもう一つの点は、統一プロリーグが一般社団法人として立ち上がった時に、今ある株式会社日本プロバスケットボールリーグの処遇について。一つのリーグになっても、2つの運営基盤がある構造はいかがなものか、と思わざるを得ない。NBLは統一プロリーグへ向けた準備室的に発足したわけだが、TK bjリーグはすでに10年続いており、統一により消滅させるわけにはいかないだろう。統一プロリーグ誕生後は、「ある業務を手伝ってもらうスキームを考えて準備はしています」と話していた。その内容がしっかり決まっていないため、まだまだ協議が必要である。

FIBAからの制裁は免れない状況──

“会長が辞任したところでFIBAが許すわけでも、リーグが統合するわけではなく、問題の解決には至らない”という指摘に対し、「謙虚に受け止めねばならないと思っています。しかし一方では、責任者としてやってきたことが成就できず、見通しが立たなかったことについて、けじめとして責任を取って辞することは組織運営上必要なことだと思っています。そのことがFIBAに対して何か良い材料になるということではありませんが、組織はその都度都度、責任をもって運用していくわけであり、責任を果たせなかったことでの辞任は常識的な判断だと思っています」と深津会長。

統一プロリーグへ向けた3者会議は、深津会長だけがリーダーではなく、NBLとTK bjリーグのそれぞれのトップがヒザをつき合わせて議論を重ねてきた。それぞれが意見をぶつけ合い、リーグ構造の草案作成まで漕ぎつけたのに、チームの理解を得られなかったのは両リーグトップの責任でもある。辞めるべきは、そして責められるべきは深津会長だけではないはずだ。しかし、NBL丸尾 充理事長も、TK bjリーグ河内 敏光コミッショナーも、登壇を拒みこの日は姿を見せることは無かった。

「日本バスケ界がより前進していくために、一刻も早く新体制に移行することが重要だと考え、本日辞意を表明した」
これまでスピードを感じられなかったが、ここに来て早い決断をされた深津会長。この辞任会見が行われていたのと同じ時間に、次の体制についての議論が行われていた。副会長であり、NBL理事長の丸尾氏が会長職務代行に選ばれ、深津会長が託した新体制はすでに発足したわけである。

FIBAへの回答期限まであと1週間。
丸尾会長代行となり、今こそ河内コミッショナーと共闘し、今日もなお議論を続けてもらいたい。大逆転の両リーグの合意に至ることができれば、彼らはパイオニアとなり、後世に名を残すことになるだろう。
前回の報告会で、丸尾会長代行は、「JBAのガバナンスが一番大事であり、ガバナンスがしっかりしていれば強化の問題も整理でき、リーグ問題も整理できる」と話していた。今、そのガバナンスを牛耳れる立場にある。
一方、河内コミッショナーの「スタートするのは2016年ですから、意外と時間がある」と言う発言に疑問を抱く。現時点でリーグ統一への合意に至らず、このまま行けばFIBAからの制裁は免れない。日本の資格停止により、日本代表全カテゴリーの国際試合への参加ができなくなるのだ。悠長なことを言ってられず、各リーグだけの問題ではないことを分かってもらいたい。

来年、リオデジャネイロオリンピックへ向けたアジア予選が待っている。男子はもとより、昨年アジアチャンピオンとなった女子日本代表は、2連覇を果たせばオリンピック出場が決まる。今月、来年のU-19世界選手権を勝ち獲った女子U-18日本代表にとっても、このまま行くと出場できない事態を招く。
リーグ同士の意見が平行線のまま、それぞれこれまでと変わらぬ興業をしていくことはできる。当事者たちにとっては何の痛手にもならないだろう。しかし、そのしわ寄せを強いられるのが全てのバスケ選手であり、バスケを愛するファンであることを忘れてはならない。
「日本代表の強化や海外遠征等の企画をすでにされているわけですから、そこに影響を及ぼすことを極力少なくするよう進めていかねければなりません。選手に対しては、仮に制裁を受けたとしたら本当にお詫びの言葉も無く、申し訳ないと思っています。1日でも早く解除できるように、努力していかなければなりません」

統一プロリーグは今年中に参加要件をまとめて公募をスタートさせ、来年3月には締め切り、2016年発足へ向けたスケジュールに変わりはない。参加要件がまとまるということは、両リーグ間での合意に至るという結論が出た証。制裁が下されても、FIBAから課された問題をクリアし、納得させればその時が解除されることで話はついている。
「来年3月へ向け、お互いの立場を尊重し合えば折り合って行けると思っています」
1日も早い解決へ向け、やっぱりあきらめてはいけないのだ。そして今、両リーグに携わっている方々こそが、明るい未来が切り拓くことができるパイオニアであることを忘れてはいけない。厳しい道のりではあるが、より良い道を前進し、歴史にその名を残せっ!

JBA
NBL
TK bjリーグ

泉 誠一