知らない世界(関東実業団バスケットボール選手権大会)

11月24日(日)に行われた関東実業団バスケットボール選手権大会を初めて観戦してきた。
初めて…?
もしかすると初めてではないのかもしれない。20年ほど前、当時勤めていた某電気会社のバスケチームに参加していた時期がある。今思えば、あれは関東実業団に登録したチームであり、当時は4部か5部あたりに属していた。もちろん筆者は戦力にならないので、人数合わせや練習要員として一緒に汗を流させてもらっていただけ。しかし、自分がどこに所属し何の大会に出ているのかさえ分からず、誘われるまま体育館に行ってたものだ。まだまだネットが発達していなかった時代であり、バスケができさえすれば良かったと思っていた。

そんな“Do スポーツ”環境の関東実業団。取材申請方法はオフィシャルサイトを見ても分からず、ダメモトで会場へ行き、取材交渉をさせていただくことに。
会場にはプレス用入口等はなく、仕方なくチケット売場の方に事情を説明。すると、戸惑う姿勢を見せたので、取材は受け入れていない大会だと思い「すいません」と帰ろうとしたその時、他の方が「どうぞ」と声をかけていただき、中に通していただけることに。広報の方にいただいた取材申請書を書き終えると、無事に取材体制が整った。
しかし、全く情報が無いまま飛び込んだ今回の取材。
決勝に上がった日本無線がオールジャパン(天皇杯)に出場を決めたことは知っていたが、その程度。チームも選手も分からないまま、とりあえず500円で売られていたプログラムを購入。男子3位決定戦、新生紙パルプ商事vs三井住友銀行を横目で見ながら、プログラムに目を落とし、付け焼き刃の情報をインプット。NBLやbjリーグ等ではお目にかかれないような名門大学出身の選手が多いなぁ〜、というのが第一印象。
何を取材対象としようかな?そこからのスタートであった。

(左)まぶたの上にバンソウコウを貼ってプレイする三井住友銀行#13飯野 茉李選手 (右)転んでも笑顔の三井住友銀行#6木村優 里選手(松蔭大学)

(左)まぶたの上にバンソウコウを貼ってプレイする三井住友銀行#13飯野 茉李選手
(右)転んでも笑顔の三井住友銀行#6木村 優里選手(松蔭大学)

顔が傷つくほどの真剣勝負

女子決勝戦・東京海上日動 vs 三井住友銀行戦。
東京海上日動は…そうだ!一昨年までWJBLに所属していたあのビッグブルー。昨年から関東実業団に活躍の舞台を移していたことを思い出す。撮影のためにフロアに下りると、ウォームアップをしている三井住友銀行の中に、大きなバンソウコウを目の上に貼っている選手が目に入る。女子なのに、明日も仕事があるだろうに、そんなことを考えながら顔を眺めていたら、あら?ユニバーシアード女子日本代表選手でもあった日本女子体育大学出身の飯野 茉李選手だと気付く。
ボールが飛んできたので、そのまま立ち話をさせてもらったら、前日の試合でケガをしたようである。顔に傷を付けられるほど真剣に取り組んでいることを実感。情報ゼロからではあるが、こちらも真剣に取材に挑まねばならないと引き締まる思いがした。

試合の方は3Q終盤に#1前田 優香選手(拓殖大学)が2本の3Pを決めてリードを広げた東京海上日動。勢いに乗り、4Qは一気に東京海上日動ペース。その4Qだけで37点を奪った東京海上日動が点差を開き、93-66で勝利し、2連覇を果たした。#23横井 美沙選手(長野大学)は40点を挙げる活躍を見せ、MVPを受賞。

優勝した東京海上日動ビッグブルー

優勝した東京海上日動ビッグブルー

チーム存続が危ぶまれているビッグブルー

さて、優勝した東京海上日動だが、思わぬ話を聞いてしまった。WJBLから関東実業団へ来てまだ2年目、そして2連覇を果たしたにも関わらず、今シーズン限りで引退する選手もおり、人数が減ってしまうことでチーム存続が危ぶまれている。まだ確定的な話では無いようだが、選手もスタッフも、今シーズンで最後と割り切ってラストシーズンに賭けている。このままでは、2014年2月8日(土)から始まる第46回全日本実業団バスケットボール選手権大会が最後の舞台となってしまう。有終の美を飾って欲しい気持ちと、存続を願う気持ち、何だか複雑な思いがした。
他のチームに移籍した選手がいたので話を伺ったところ、実業団チームの場合は母体企業の経営状態云々ではなく、選手が揃うかどうかが一番難しいようだ。そのために廃部となってしまうケースが多いことを知る。

(左)ジャンプシュートを決める葵企業#7佐々木 隼選手 (右)203cmの葵企業#20羽立 龍太選手

(左)ジャンプシュートを決める葵企業#7佐々木 隼選手
(右)203cmの葵企業#20羽立 龍太選手

爆笑トラッシュトーク炸裂の男子決勝戦

女子決勝を見ていてとくに印象的だったのは、三井住友銀行の選手たちの笑顔。楽しそうにプレイをする姿がとても眩しかった。
その後に行われた男子決勝・日本無線vs葵企業もまた笑いが絶えない。
試合中にも関わらず、コートの中から、そしてベンチからもトラッシュトークが炸裂。その一言一言がおもしろい。
ご紹介したいところだが、笑ってしまって書き留めておらず、今後、ぜひ会場でコートに近い位置で観戦していただきたい。
葵企業#87柳沢 孝行選手(拓殖大学)は、劣勢に立たされた3Q中盤のフリースロー時、「楽しまなきゃ」とチームメイトに声をかける。
そして4Q、その柳沢選手が転倒により足を痛打。レフェリータイムを取るほど痛がっている。しかし、ベンチは呆然と眺めているだけで交代要員を出さない。そんな状況に「誰も心配してくれないのかよ」と柳沢選手。これにもドッと笑いが起こり、しっかり楽しませてくれた。もちろんプレイ続行。
その柳沢選手は15点を挙げ、効果的なジャンプシュートを決めた#7佐々木 隼選手(東海大学)の17点に次ぐ活躍を見せた。また、今大会最高身長であり、唯一の2mとなる#20羽立 龍太選手(203cm/国士舘大学)は14得点。

しかし、勝ったのは日本無線。前半はビハインドを強いられる展開だったが、「後半に入ってから、地味ですがルーズボールやリバウンドをしっかりやり始めたことで点数を広がった」と話すのは尾崎智則ヘッドコーチ。基本から立て直したことで#1福田 大祐選手(法政大学)、#9小林 純也選手(青山学院大学)が次々と得点を重ねる。#6鈴木 伸之選手(青山学院大学)の3Pで点差を広げ、93-68で勝利し、9年振り6度目の優勝を決めた。
日本無線は第46回全日本実業団バスケットボール選手権大会の前に、正月に行われるオールジャパン(天皇杯)が待っている。

(左)ダンクに決めに行く日本無線#1福田 大祐選手 (右)日本無線#9小林 純也選手は25得点

(左)ダンクに決めに行く日本無線#1福田 大祐選手
(右)日本無線#9小林 純也選手は25得点

知らない世界の関東実業団であったが、もしかすると筆者だけが知らないだけのことかもしれない。しかし、情報があるところにしか、話題は集まらないのもまた然り。少しずつでも知らない世界をお伝えしながらも、実は近くにある楽しいバスケを探して行きたい。特に実業団リーグは、カレッジバスケファンにとって懐かしい顔ぶれが多いので、きっと楽しめるはずだ。

  • 第16回 関東実業団・関東大学バスケットボールオールスター対抗戦
    2013年12月14日(土)11:00〜 @日本女子体育大学(観戦無料)
  • 第46回全日本実業団バスケットボール選手権大会
    2014年2月8日(土)〜11日(火)@東京体育館、代々木競技場第二体育館

関東実業団バスケットボール連盟
日本実業団バスケットボール連盟

文・泉 誠一