Mami’s Photo Report[012] 2016年4月22日【NBL】/東芝ブレイブサンダース神奈川 ○88‐76● 千葉ジェッツ@川崎市とどろきアリーナ“躍動する選手たちの心”

Photo & Text Mami Yasui / 安井 麻実mpr012_01固く握られた拳の連なりに、チームの“絆”を見た。

mpr012_02軽快で気合いの滲み出るプレーが魅力。 東芝神奈川#0藤井 祐眞。

mpr012_03この手から放たれた4本のスリーポイントシュートは、見事リングの中へ。東芝神奈川#9栗原 貴宏。

mpr012_04美しく伸びた指先が、相手の視界を遮る。東芝神奈川#33長谷川 技

mpr012_05戦いに向かう足元。東芝神奈川#5山下 泰弘。

mpr012_06試合の中で見せる強い眼。東芝神奈川#7篠山 竜青。

mpr012_07集中して一投に向き合うその瞬間、時は止まって見えた。千葉#18デクアン・ジョーンズ。

mpr012_08チームメイトの活躍に興奮を爆発させる。東芝神奈川のベンチ。

mpr012_09激しい戦いを想わせる、滴る汗。千葉#34小野 龍猛。

*   *   *   *   *   *   *   *

ほとんど“止まる”瞬間がないバスケットボール。
フロア上であったり時に空中であったり。目の前で激しく、時に“静かに”躍動する選手たちがこの日魅せてくれたさまざまなシーン。

ボールの弾む、音。バッシュとコートが擦れる、音。肉体同士がぶつかり合う、音。
ファンの声援とベンチの歓喜。それらすべての“音”に酔いしれる。

これも、バスケットボールの魅力の一つかもしれない。