行けなくなっちゃった!ゼッタイ観たい!!だったら、「NBL公認マーケットプレイス」

(左)チケットストリート株式会社山本 翔代表取締役(右)NBL山谷拓志専務理事

(左)チケットストリート株式会社山本 翔代表取締役(右)NBL山谷拓志専務理事

NBL2013-2014 プレーオフの前売りチケットについて、こんなサービスが始まっているのをご存知だろうか?
「せっかく前売りを買ったのに行けなくなった。このチケットどうしよう?」というAさん、
「いい席で観たかったけど、前売りは売り切れ。どうにかならないかな……」というBさん。
こんな2人の悩みを解決してくれるのが「NBL公認マーケットプレイス」だ。
このサービスは、スポーツや音楽、演劇などさまざまなジャンルで“チケット二次流通”に実績のあるチケットストリート株式会社(代表取締役:山本 翔)との提携によって実現したもの。欧米では一般的なチケットの二次流通だが、主催者(今回はNBL)が公認して行うのは国内初となる。

5月3日(土)から始まるプレーオフは、コートサイドなど高額な席ほど売れ行き好調とのこと。ひいきのチーム・選手を間近に観て“一緒に盛り上がりたい!”と思うのは当然だ。
Aさん、Bさんと同じような悩みをお持ちの皆さん、一度、下記アドレスにアクセスしてください。
http://ticket.st/information/NBL.php

nbl140710b

NBL公認マーケットプレイス

  • 〈サービス開始日〉2014年4月1日(火)12:00
  • 〈取扱い対象チケット〉
    NBLオンラインチケットをはじめ、プレイガイドやコンビニにて購入されたすべてのチケット(紙チケット※1・電子チケット)
    ※1:紙チケットの場合、手続き終了までに時間がかかるので要注意。
  • 〈取引価格〉定価以上、定価以下など、売り手が「この値段で」と思う金額を自由に設定※2できます
  • 〈取引手数料〉成約チケット価格の8%(税別)
    ※2:オークションではなく、価格についてはあくまで売り手の判断による。
  • 〈NBL 2013-2014 プレーオフ特設サイト〉http://www.nbl.or.jp/playoffs/2014/