SOMECITY 2014-15 TOKYO 2nd PLAY OFF進出4チームと、自動降格1チームが決定。

SOMECITY 2014-15 TOKYO 2nd は、1月7日(水)の第7戦@クラブチッタ川崎を終えて、最終順位が決まった。上位4チームは2月4日(水)、新木場スタジオコーストで行われるPLAYOFFで、『THE FINAL』(3月7、8日@クラブチッタ川崎)への出場権獲得を賭けたトーナメント戦を戦う。また、最下位のSUNDAY CREWは自動降格。7位のSIMONはWHO’S GOT GAME? CHAMPIONSHIPの勝者と残留を賭けて戦うことになった。

SOMECITY 2014-15 TOKYO 2nd最終順位

1位 F’SQUAD 5勝2敗(PLAYOFF)
2位 TOKYO BEAST 5勝2敗(PLAYOFF)
5位 平塚Connections 4勝3敗(PLAYOFF)
4位 勉族 4勝3敗(PLAYOFF)
5位 KIDROC 4勝3敗
6位 UNDERDOG 3勝4敗
7位 SIMON 2勝5敗(SOMECITY CRASH)
8位 SUNDAY CREW 1勝6敗(自動降格)

ちなみに、第7戦の試合結果は以下の通り。(写真がないので創造力を膨らませ)寸評と合わせてご覧ください。

SOMECITY 2014-2015 TOKYO 2nd 第7戦の結果

【GAME 1】
UNDERDOG 〇41 – 30● KIDROC
※アクシデントにより(!?)によりUNDERDOGは4人でゲームをすることに。年末のウインターカップで刺激を受けたのか、M-21が切れのある動きで本領発揮。M.I.P獲得のDISUKEが要所要所で3Pやトリッキーなシュート決めて勝利を呼び込んだ。これでUNDERDOGは降格圏脱出。ちなみにDISUKEは札幌で開催される全日本実業団選手権にも出場する。

【GAME 2】
勉族 ●30 – 50〇TOKYO BEAST
※「あんまり強うそうじゃないのに……」(by MOJA)とイジられながら、この日も高得点をマークしたTOKYO BEAST。SOGENのフライングアタックに、KIKUのシュートと絶好調。一番ウケたのは409(シュレック)とダークロ(勉族)がもつれ合って倒れた場面。「相撲!?  KISSするかと思った」というMOJAのひと言で大爆笑。決まり手は浴びせ倒し!?

【GAME 3】
SIMON〇40 – 31● F’SQUAD
何としても自動降格を避けたいSIMONは序盤からスパート。「こんなに強えんなら、シーズンの頭からやれよ!」(by MAMUSHI)とはまったくその通り! 1stのチャンピオンチームが自動降格という事態は避けられた。が、まだSOMECITY CRASHが待っている。その対戦相手は、1月21日(水)@クラブチッタ川崎のWHO’S GOT GAME? CHAMPIONSHIPで決まる。

【MAIN GAME】
平塚Connections〇46 – 25● SUNDAY CREW
勝てばPLAYOFFが決まる平塚ConnectionsがSUNDAY CREWを圧倒。CHIHIRO、SHIGEO、TATSUHITOら主力が持ち味を発揮すれば、終盤はベンチメンバーも登場するなど盤石のゲーム運び。この日、LEEを欠いたSUNDAY CREWはANDYがチームを鼓舞し、KyleやKCら皆が呼応したものの勝機は見出せなかった。再昇格を期待したい。
※「テコセンター presents M.I.P.」 =UNDERDOG #30「DAISUKE」

SOMECITY