創部15年、日立サンロッカーズが Legend Matchを開催

創部15年、日立サンロッカーズが Legend Matchを開催

Text by T.MATSUBARA / Photo by F.MIKAMI

4月25日、日立サンロッカーズホームゲーム(対和歌山トライアンズ)終了後、同じ代々木第二体育館のコートで『Sunrockers Legend Match』が行われた。

#11菅 裕一さん

#11菅 裕一さん

 この催しの発起人となったのは、創部から2006~2007年シーズンまでチームの中心選手として活躍した菅裕一さん。「ファンの皆さんから引退した選手のプレーをもう1度見たいという声を聞き、それを上に届けると同時にOB選手に声をかけました。今日参加してくれた中には現役選手もいますし、クラブチームでやってる選手もいますが、多くは僕のように本当に久しぶりにコートに立つ選手。そんな選手たちが気持ちよく集まってくれて今回の催しを実現することができました」

この日は現在の日立サンロッカーズの前身とも言える日立本社ライジングサン(昭和10年創部)、日立大阪ヘリオス(昭和31年創部)でプレーした選手も集まり、スタッフを含めた総勢24名がYellowチームとWhiteチームに分かれて15分ハーフ形式で行われた。

 

20150427_sunrockers_legend_match03

#13渡邉 拓馬さん

ファーストシュートは渡邊拓馬選手(NBDLアースフレンズ東京Z)の鮮やかなスリーポイント。場内からは「さすが現役!」と声が上がったが、これに負けじと大屋秀作選手がスリーポイントシュートを決め返しさらに大きな拍手を浴びる。試合前には「最近運動不足だし、ぶっつけ本番なのでかなり心配」「久しぶりにTシャツを着たら、なんかTシャツが小さくなってた」など不安を感じさせる声も聞こえたが、いざ始まってみると、岩隈隆士選手の鋭いカットイン、往年を彷彿させる宮ノ腰達也選手の美しいアウトサイドシュート、さらには半田圭史選手と菅選手、佐藤稔浩選手と戸倉寛之選手、宮ノ腰選手と近森裕佳選手が次々に見事な合わせのプレーを披露した。中でも「おおお~!」と場内を沸かせたのは小野竜智選手のダンクシュート!拍手を送る観客はみな笑顔で、それに応える小野選手はやや照れ笑い。いつまでも応援したいというファンの気持ちがコートに伝わったかような印象的な1シーンだった。

 

ハーフタイムにはホームゲームの華であるサンロッカーガールズが、こちらも歴代のOGを交えて圧巻のパフォーマンス、無敵のマスコット・サンディーとともにおおいに会場を盛り上げた。また、今回参加できなかった中濱達也選手(昨年引退)からのビデオレターを大型スクリーンで紹介するなどうれしい演出もあり、ゲームのみならず楽しめるイベントとなった。

 

#20佐藤 稔浩さん

#20佐藤 稔浩さん

後半に入ってもゲームは大接戦。残り3.2秒で42-39とYellowチームがリードするも、Whiteチームにもスリーポイントで同点に持ち込むチャンスは残されている。幸か不幸か、この場面でフリースローをもらったYellowチームの小野選手はゲームを盛り上げるために2本とも落とすつもりだった(と思う)。観客も暗黙の内にそれを期待していた(と思う)。しかし、そんな全員の思いを裏切るかのように1投目はすんなりゴールイン!すっかり‟空気が読めない人„になった小野選手が平謝りする中ゲームは43-39で試合終了となった。

敗れたWhiteチームを代表してマイクを握った近森選手は開口一番「昨年引退したとは思えないプレーを見せた近森です」と、笑いを誘ったあと、「またこういう機会があったらもうちょっといいプレーをお見せしたいのでまた頑張ります」と、にこやかにあいさつ。

菅選手もまたその後のインタビューで「今日はやっぱり現役の活躍が光りましたね。バスケットは毎日やらないと厳しいということを実感しました。同じようにファンの皆さんが‟毎日やることが大事なんだ„と実感してくれたら、イベントは成功でしょう」と白い歯を見せた。

レジェンドマッチを笑顔で観戦する現役選手たち

レジェンドマッチを笑顔で観戦する現役選手たち

選手たちが異口同音に語ったのは『ファンへの感謝』の気持ち。現役時代、苦しいときも支えてくれたのはファンの変わらぬ声援であり、「そのファンの前で今日、チームとして戦えたことが本当にうれしい」――

現役時代とはひと味違った選手たちの穏やかな笑顔と、見守るファンの温かな笑顔が心に残り、次の機会をぜひ!と願いたくなるような楽しいイベントだった。

 

日立サンロッカーズ legend match

試合後はファンとハイタッチ

【Whiteチーム】
91 中尾和登 F 193cm
21 戸倉寛之 G 188cm
9 宮ノ腰達也 G 188cm
1 鈴木浄 G 182cm
5 永田道夫 F 194cm
31 二戸倫太 F 188cm
20 佐藤稔浩 G 175cm
16 山田哲也 F/C 194cm
8 大屋秀作 F 191cm
27 近森裕佳 F 192cm
35 小出敦也 スタッフ 180cm

【Yellowチーム】
9 三谷康隆 F 195cm
0 小宮邦夫 G 188cm
3 黒田健一郎 G 183cm
8 大門義守 F 190cm
12 林宏樹 F 193cm
11 菅裕一 G 187cm
8 半田圭史 G 173cm
5 上山博之 G 182cm
13 渡邉拓馬 G 188cm
24 山下洋克 F/C 200cm
9 小野竜智 F 195cm
21 岩隈隆士 G 184cm
634 堀内武蔵 スタッフ 174cm