大神の“アシスト”を生かそう!

tf150225i

2月25日、「JAPAN 2024 TASKFORCE」の川淵三郎チェアマンと、平成26年度女子日本代表の選手たちとの意見交換会がおこなわれた。女子日本代表とはいわゆるA代表だけでなく、アジア大会日本代表、U-18日本代表、U-17日本代表をも指す。出席したのは大神雄子、久手堅笑美、宮元美智子、大庭久美子、渡嘉敷来夢、長岡萌映子、諏訪裕美、篠原華実、そして加藤優希。篠原と加藤は現役の女子高校生である。

川淵チェアマンから忌憚のない意見を求められるなか、彼女たちは「オリンピックに出るのが夢。その夢の実現のためにも(今年8~9月におこなわれる予定の)オリンピック予選に出たい」「バスケットをやっている子どもたちの未来を奪わないでほしい。早く制裁の解除を」、そして「世界と互角に戦うためには(合宿を含めて)世界と戦える環境が欲しい」といった懇願に終始する。むろんそれらは彼女たちの切実な願いであるが、現状の女子日本代表活動に対する問題提議ではない。唯一、大神が「Wリーグの登録期限は5月末であり、それだと世界に出ていくことが難しくなる」との問題を提議したが、それとて日本バスケットボール協会の問題というより、Wリーグの問題である。

だからといって、この意見交換会が無駄だったかと言えば、けっしてそうではない。大神は久手堅以下のメンバーがこの会に参加した経緯をこう説明する。
「はじめは『シン(大神のコートネーム)だけでいいんじゃないか』と言われていたんです。でもこういう機会にほかの選手がいないのはダメなんだと私からお願いしました。川淵さんの話を選手たちが聞いてどう感じるか。またほかの選手の意見をどう感じるのか。そういう輪を広げていくことが必要だと思って、リーグの最中であることは十分に理解したうえで、監督会、部長会、Wリーグの方々に理解してもらって、選手を集めてもらいました。その点はすごく感謝しています」

アメリカや中国でプレイした大神だからこそ見える日本の女子バスケット界の盲点。当初はそんな大神と川淵チェアマンの話し合いの場でもいいのではないかと打診されていたという。しかし、それでは日本の女子バスケット界に発展はない。大神はそう考えたわけだ。
事実、上記の選手たちの懇願には、たいていこんな枕詞がついていた――制裁の問題など詳しいことはよくわかりませんが……。

彼女たちは今、タスクフォースが日本のバスケット界をどのようにしようとしているのか、あまり理解していない。さほど興味も持っていないのかもしれない。しかし、それはそうだろう。Wリーグは佳境を迎えつつある。協会関係者はそちらに注力しているようだが、自分たち選手は目の前のゲームに集中することを最優先しなければならない。もちろん代表のことを考えればまったくの無関係ではないが、それでも根本は男子の問題がメインであり、女子バスケとは少し遠い世界のことだと考えていてもおかしくはない。
つまり彼女たちは恵まれているのだ。これは川淵チェアマンも認めるところで「女性のスポーツはなかなかプロとして成立しにくい中で、女子バスケットは企業がバスケットをやらせてくれて、給料ももらえている。率直に女子バスケットは恵まれていると思いますよ」

確かに住居から食事、練習環境、果ては遠征のチケットやホテルの手配に至るまで、多くをチーム(企業)に準備してもらい、選手はプレイだけに集中ができる。企業の業績によって廃部の憂き目を見るかもしれないという恐怖は常につきまとい、実際にそういう経験をした選手もいるが、概ねバックアップ体制はしっかりしている。
極論をいえば、リーグがどうだ、代表チームがどうだと彼女たちが考える必要など、“これまで”はなかったわけだ。
そんなときに意見交換会の名のもとに、川淵三郎というスポーツ界では知らない者はいないであろう大物と話す機会を得た。得たというより、大神の“アシスト”によってそのチャンスを作られたのだ。問題提議とまでいかなかったが、大勢のマスメディア、関係者の前で自分の思いの丈を語った意味は大きい。大神もそれが「きっかけでいい」と認める。
「意見交換会で言葉を発したこと自体が責任のある行為です。バスケット界を盛り上げたい、オリンピックに出たいと言うのであれば、次に何をしなければいけないのか、自然と行動に出さなければいけない。本気で未来のためを思うのであれば、問題に対して声を発しなければならないんです」

大神は現役選手たちにそう発破を掛けながら、一方でこうも言っている。
「とはいえ、今まで日本の部活動という文化の中で先生(監督)の言ったことを『はい』と聞いてきた経緯がある。その流れも手伝って、こうした問題に声を発することができないのかもしれない……」
ことはWリーグだけの問題ではない。だがオリンピックを目指し、日本のバスケット界をより発展させようと思うのであれば、「恵まれている」と言われる現状の維持だけでは進歩がない。時代は進化している。現状維持はいわば退化なのである。

何かを言ったところですぐには変わらない。しかし言わなければ、けっして変わることはない。「すぐに」と「けっして」では、同じ「変わらない」でも意味はまったく異なる。
まずは、よりよいリーグにするために、よりよい女子日本代表にするために何が必要なのかを少しずつ考えることだ。リーグの活動中、日本代表の活動中にノートの端にでも「こうしたらもっと動きやすくなるのに」と、ちょっとメモを取るのでもいい。もちろんゲーム中、およびその前後はバスケットに集中しながら、たとえば移動のとき、食事のとき、テレビを見る時間帯、そしてオフの日――時間はないようである。

考えに間違いなどはない。違ったと思えば、翌日から考え方を180度変えてもいい。まずは自分なりの女子バスケット界の進むべき道、理想の未来像を本気で考えてほしい。
大神の“アシスト”を生かすも殺すも受け手次第である。

WJBL
タスクフォース

三上 太