池内HCが目指すハイスコアバスケがおもしろい!(三菱電機カップ関東大学バスケットボール連盟創立90周年記念試合)

三菱電機カップ関東大学バスケットボール連盟創立90周年記念試合:日本学生選抜 vs ビクトリア大学

三菱電機カップ関東大学バスケットボール連盟創立90周年記念試合:日本学生選抜 vs ビクトリア大学

カナダの大学4強に入る強豪・ビクトリア大学を迎え、「三菱電機カップ 関東大学バスケットボール連盟創立90周年記念試合」が開幕した。ファーストシュートはどちらも3Pを決め、序盤から大きく得点が動く。1Qだけで日本学生選抜(以下日本)は3本、ビクトリア大学は5本もの3Pシュートを沈めて23-21。さらに日本は#6バランスキー ザック選手の3P、先発出場を果たした新人王#17馬場 雄大選手が速攻からダンクをねじ込み、一気に流れを呼び込む。激しいディフェンスから速攻を決め、#11笹山 貴哉選手が3Pで前半を締めくくり、46-33と13点差をつけてハーフタイムを迎えた。

ダンクを決める#14馬場 雄大選手

ダンクを決める#14馬場 雄大選手

池内泰明ヘッドコーチが目指すバスケスタイルは90点以上を挙げるハイスコアゲーム。試合前、「90対80くらいで勝つ試合をしよう」と話して臨んでいた。その狙い通り、前半で46点を挙げた。得点が動けば、見ていてもやっぱりおもしろい。
しかし後半、「リードしていたこともあり、ちょっと堅めに入ってしまった」と池内HCは振り返る。それにより、前半のような流れが止まり、得点も止まってしまった。PGの笹山選手も「疲れて来たことでウイングが走れず、センターも遅くなった3Qは、セットオフェンスが中心となった」と言う。ビクトリア大学に連続得点を許し、60-57。13点差あったリードが、3Q終了時点で3点差まで縮められてしまった。

#11笹山 貴哉選手

#11笹山 貴哉選手

1Qこそ3P攻勢で来たビクトリア大学であったが、4Qは高さと強さを生かして日本に襲いかかる。#8テレル・エヴァンス選手らがアグレッシブな1on1から得点を重ね、#4ジョン・ウォルドゥ選手のジャンパーで4Q早々に逆転を許す。「相手はパワープレイで来た分、ちょっと受けてしまった」と池内HC。前半はコンタクトを嫌っていた感のある#12クリス・マクラフリン選手だが、終盤は器用にゴール下を制し、リードをキープ。最後まで諦めずに攻め抜いた日本は残り2.3秒、笹山選手が3Pシュートを決め80-82。しかしあと一歩及ばず、80-84でビクトリア大学が逆転勝利し、初戦を終えた。

ビクトリア大学の印象について池内HCは、「#8テレル・エヴァンス選手、#12クリス・マクラフリン選手、そしてガード(#2マーカス・チッブス選手や#4ジョン・ウォルドゥ選手)の3人が中心となってプレイしており、あとの2人は外側にいるスタイル。うまく対応していたのですが、想像以上に3Pシュートを決められてしまいました」
PGとしてチームをリードした笹山選手は、「やっぱり全員が走れていれば得点につながるし、自分たちに流れを持って来られているので、そこは90点、いや100点に届かせるためにも、もっとシュートを打つことを意識させていきたいです」と、明日へ向けての修正点を挙げた。

第1戦のMVP#8テレル・エヴァンス選手

第1戦のMVP#8テレル・エヴァンス選手

この試合でMVPに輝いたのは、27点を挙げた#8テレル・エヴァンス選手。
「日本チームはピック&ロールやファストブレイクが多く大変でした。予想していた通り上手い相手でしたので、明日の対戦も楽しみです」

両チームの手の内が分かって臨む第2戦は、明日7月6日(日)代々木第二体育館で13時よりTIPOFF。4人が2桁得点を挙げた日本(野本 建吾選手/14点、笹山 貴哉選手/17点、橋本 晃佑選手/14点、ジョフ バンバ選手/11点)だったが、初戦は8人しか起用していない。残る7人をどう絡めて、90点以上を目指すバスケをするのか?フィジカル強い相手に、後半の疲労も敗因に挙げていたので、第2戦は総力戦でのハイスコアバスケが期待される。

2020年東京オリンピックのターゲットエイジである大学生たちが、国際経験を積む三菱電機カップ。この機会に、未来の日本代表をチェックしに会場へ足を運んでいただきたい。また、第2戦はBSフジでも生中継される。

選手たちもさることながら、ベンチも豪華!
元日本代表…全日本と言った方がしっくり来るかもしれない。全日本のシューターとして活躍した池内ヘッドコーチ。その脇を固めるのは、学生時代から日の丸を付けて来たビッグマン・陸川 章コーチ。NBLを制した東芝OBの吉田健司コーチは元日本代表ヘッドコーチでもある。バスケットボールスピリッツ読者にとっては、ベンチを見ているだけでも楽しんでもらえることだろう。

(左から)吉田健司コーチ、池内泰明ヘッドコーチ、陸川章コーチ

(左から)吉田健司コーチ、池内泰明ヘッドコーチ、陸川章コーチ

第1戦の試合結果やチケット情報などの詳細は関東大学バスケットボール連盟オフィシャルサイトへ

泉 誠一