【Vol.4撮影裏話】藤吉 佐緒里選手(シャンソン化粧品シャンソンVマジック)

こんにちは。【撮影裏話】はじめました。
フォトグラファーの安井麻実です。

Basketball Spirits Vol.4、もう皆さん手に入れましたか?
Vol.4はWJBL選手特集!しかも、普段なかなかお目にかかれない私服姿での撮影という事もあって、とても華やかな1冊になりました。

表紙の吉田亜沙美選手を含め、11名もの素敵な女性アスリートを撮影させて頂き、楽しいエピソードがいっぱい!そんな撮影の裏側を、お話していきたいと思います。

今回の撮影で、私にとってとても難しかった事があります。
それは、【撮影環境が全くわからない】ということ。下見が出来ず、一発本番!だったのです。しかも選手たちはみんな私服。

「どんな場所だろう」「自然の光は差すかな…」
「いや、そもそも晴れるのか?」「どんな色の服かな」

などと、状況を想像しては不安になる、の繰り返し。心の中は、撮られる選手以上に緊張していたかもしれません。笑

ドキドキしながらまず訪れたのは、静岡県!
今回の撮影1人目は、シャンソンVマジック所属の藤吉佐緒里選手です。

この日の天気は雨。
どこで撮影したら良いか、頭をフル回転させていた時。マネージャーさんに案内されたのは、真っ白な壁に真っ白な階段! 体育館へ向かう途中の通路でした。

体育館へ来て、こんなに真っ白な空間に出逢えるとは全くの想定外。笑)
私は自然光がすごく好きなので、可能ならストロボは使いたくない…。だけど雨だし、暗かったら仕方ないなぁと思っていた矢先の明るい空間。迷わず撮影場所をその階段付近に決め、藤吉選手との撮影がスタート。

まず上から撮りたいと思い、階段を降りてもらう事に。
降りてもらう途中で「藤吉さん!」と呼び止め、振り返ってもらいました。

最初とても緊張した様子だった藤吉選手でしたが、私の呼びかけに「はい?」と言いながらくるっと振り返った瞬間、すごく柔らかくなりました。

ガチガチにポーズをきめる事をしたくないので、いつも【自然な動きの中で撮る】ということを心がけています。何度か階段をゆっくり降りてもらい、その都度途中で呼び止めて振り返ってもらいました。

顔も体も、動かす事で筋肉が和らぎますよね。

jun170110b

立ち位置を指示して、「ここで良いですか?」の瞬間。
こういうふとした表情、大好きです。

そして今回、心に染みた事はマネージャー、チームの皆さんの力は絶大!ってこと。
今回の企画は、各チームのマネージャー、チームの皆さんにスペシャルサンクスって感じです。選手の緊張をほぐしてくれ、褒め上手!

私は皆さんと初対面ですが、チームメイトはいつも一緒。【いつもの顔】を狙った今回は、チームの方の協力なしには撮れない貴重な瞬間ばかりです。

(写真左:早坂彰恵選手 右:杉浦マネージャー)

(写真左:早坂彰恵選手 右:杉浦マネージャー)

密着度に、仲の良さが伺えますね!
藤吉選手の撮影中、杉浦さんも沢山の声かけをくれました。

「後ろに水やりのホースありますけど大丈夫ですか?写ってませんか?」
「ぁ、前髪が割れてる!直します!」
「わー(この写真)可愛い〜〜〜!!」

と、まるで何人もアシスタントがいるかのような賑わいで、本当に楽しかった。笑)
気配りに大助かりでした!

良いカットが沢山撮れ、撮影を終えようかという時、チームメイトの皆さんが登場!

「良ければ皆さんで撮りませんか?」

と言うと、皆さん(かなり)ノリノリで参戦!

(写真左:加藤優希選手, 中央上:河村美幸選手, 中央下:増岡加奈子選手)

(写真左:加藤優希選手, 中央上:河村美幸選手, 中央下:増岡加奈子選手)

本当に皆さんノリがよくって可愛い!カメラのシャッター音に合わせて、動く動く。上のような写真が10枚以上ありました。笑)

そして、なぜか始まったある選手の撮影。

(増岡加奈子選手)

(増岡加奈子選手)

その場に居た全員から「ほら、一人で撮ってもらいなよ!」と促され、まさかの増岡選手ソロ写真。先に撮っていた藤吉選手を見ていたせいか、似たポーズで上目遣い。もう、最高ですね。笑)

皆さんの温かさに、撮っている私がすごく幸せな気持ちになりました。
初回から楽しい事が多くって長くなってしまいましたが、これが全貌です。笑

それではまた次回!

三菱電機コアラーズの、渡邉亜弥選手へとつづく。

WJBL
シャンソン化粧品シャンソンVマジック

写真/文・麻実