【Vol.4 撮影裏話】伊集南選手(デンソーアイリス)

こんにちは。フォトグラファーの安井です。

4回目の今回は、デンソーアイリスの伊集南選手との時間を振り返ります!今回も、誌面漏れした貴重なオフショット満載ですよ。

撮影場所は、ななななんと世界のデンソー、その会社内の敷地!
そうです、ロケハン(※先に撮影場所を下見しておくこと。)が、全くできない…!
前回お話した長部さん編から2時間後なのに、築舘マネージャーの事が昨日の事のように感じるくらい、再び緊張が私を襲います。笑

伊集さんとマネージャーさんが会社の入り口まで迎えに来てくださって、受付を済ませいざ、敷地内へ!

公園というか広場のような場所があって、木々は秋色に色付いていました。考える時間もさほどなく、「ここしかない!」という事で早速撮影開始。

時はランチタイム。

社内という事もあって人通りも多く、ちょっと緊張した様子の伊集選手。

美しいなぁと思ったのですが、今回の企画的に【緩んだ表情】が欲しいところ。
所用で一瞬席を外していたマネージャーさんが戻り、会話が弾み出しました。(マネージャーさんの力、本当に絶大!)

撮影し始めてすぐの頃は、カメラを見てもらうとキリリとした表情。どうにか表情筋を緩めたくて、あっちこっち見て貰う事に。笑

【選手(わたし)が自分(わたし)に戻る瞬間(とき)】

もうーピッタリ!ということで、この企画の1ページ目に選ばれたカット!全貌がこちらです。(誌面では構成上すこし写真が切られています)

すごく木々が美しく色付いていたので、その色を全体に散りばめたかったんですよね。ぐっと首をあげてもらったので、きっと伊集さんの視界には黄色とオレンジ色が優しく踊っていたはず。

うーん、白ニットとのコントラストが最高♡

撮り始めの頃からは想像が出来ない、弾ける笑顔!

選手の皆さんそうなんですが、伊集さんもとても優しくて、積極的に話しかけて頂きました!その中で忘れる事が出来ないのが、伊集さんから言われたこの一言。

「なるべく(顔が)薄く見えるように撮って下さい。笑」

いや、無理でしょう。笑
(伊集さんごめんなさい!)

伊集さんは、濃いか薄いかと言われればもちろん濃い顔。目鼻立ちがはっきりしていて私としては羨ましい限りなんですが、無いものねだりですね。

伊集さんのリクエストに、「何それ!笑」とすかさず突っ込みを入れたマネージャーさんと笑い合ったその瞬間、大好きな1枚が生まれました!

オフショットページにも載せていますが、これは是非大きいサイズで見て頂きたかった1枚。はぁー成し遂げた!笑) わたしは大満足です。

目力がすごく強い伊集さん。瞳が隠れるだけでかなり印象が違いますよね?
短い時間だったのが残念でしたが、撮影は無事終了!

さぁて折り返し!
この日の後半戦はトヨタ自動車アンテロープス、栗原三佳選手へと続く。

WJBL
デンソーアイリス

写真/文・麻実