渡嘉敷来夢、渡米! 「ちょっと近所まで散歩に行ってきます」の軽快さ

渡嘉敷来夢、渡米!笑顔のあふれた囲み取材渡嘉敷来夢がアメリカへ旅立った。シアトル・ストームの一員としてWNBAの舞台に立つためだ。しかし彼女からは気負いが全く感じられない。国内リーグのときと同じスタンスでメディアに語り、見送りに来ていた家族や友人と戯れる様子は、世界最高峰のリーグに参戦する渡米すらも「ちょっとそこまで散歩に行ってきます」という軽い感覚。でも、なんだろう、それこそが渡嘉敷来夢の渡嘉敷来夢たる所以というか、見事なまでの清々しさを感じさせる。外連味のない天真爛漫さ。むろんそれとて渡嘉敷の一側面でしかないのだろうが――。

ここでは出発前に成田空港でおこなわれた、笑顔のあふれた囲み取材の様子をお届けしよう。

Text & Photo by F.Mikami

渡嘉敷来夢、渡米!笑顔のあふれた囲み取材

――率直な今の気持ちを聞かせてください。

渡嘉敷 やっと今、「これからアメリカに行くんだな」っていう実感がわきました。空港に着いたときも「本当にアメリカに行くのかな…すぐに帰ってくるんじゃないかな」って勝手に思っていましたから。

――リラックスできている。

渡嘉敷 リラックスできているかどうかは、わからないですけど…楽な気持ちで出発するなぁって感じです。

――これだけ多くの報道陣がいることについては?

渡嘉敷 ビックリです。空港に入ってきたときに、みなさんが見えたので「わぁ~(こんなに来ているのか)!」って。こんな経験は初めてです。ありがとうございます。

――契約を結んだという記者会見から少し時間が経ちましたが、その後はどのように過ごしていましたか?

渡嘉敷 毎日、午前中は軽く体を動かしていました。でも特にアメリカを意識して何かをしたということはないです。

――英会話は?

渡嘉敷 英会話はチョロチョロチョロと…まだ全然できないんですけどね(笑)。

――トレーニングキャンプに入る前に、サンディエゴでトレーニングをするんですよね? そこではどんなことをするのですか?

渡嘉敷 まだ何も聞いていないんですけど、トム(・ホーバス。JX-ENEOSサンフラワーズ・アソシエイトコーチ)のメニューをガッツリやらされるんだと思います。

――トレーニングはホーバスコーチがやるのですか? それとも専門のトレーナーのもとでおこなうのですか?

渡嘉敷 トムが彼の息子さんの通っている高校の体育館を借りて、トレーニングをしてくれるみたいです。たぶんディフェンス練習や、シュート系だと3ポイントシュートとか、ミドルシュートとかの練習がメインになるんだと思います。

――サンディエゴにはいつまでいるのですか?

渡嘉敷 12日にシアトル入りするので、9日から11日まで3日間ですね。

渡嘉敷来夢、渡米!笑顔のあふれた囲み取材

――実際、シアトルでキャンプに入ったら自分をアピールしなければいけないわけだけど、どのあたりを出していきたいと考えていますか?

渡嘉敷 ここまできたら、あとはやるだけなので、自分が日本でできていることをしっかり出したいなって考えています。シュート力は……けっしてあるわけではないんですけど、それでもシュートだったり、1対1では負けたくないって思っています。あとは自分と身長が同じか、自分よりも大きい選手やパワーの強い選手がたくさんいると思うので、そういう選手に対する体の使い方や、技術面で何が通用するのかを試したいです。

――アウトサイドのシュートはこれから相当力を入れて、磨かないといけないと考えていますか?

渡嘉敷 そうですね…日本の試合ではあまり打つ機会がないですけど、打てるとは思っています。なので、そんなに心配はしていないです。

――3ポイントも?

渡嘉敷 3ポイントも練習すればできるのかなぁって思います。目標はウチ(JX-ENEOS)の3番の宮澤(夕貴)より決める(笑)!

――何か勝負をするんですか?

渡嘉敷 いや、日本に帰ってきたときに「自分のほうが入っているぞ」って上から言いたいだけです(笑)。宮澤も1年間で3番ができるようになったので、自分もこの4か月間でアウトサイドのシュートを覚えてやるぞっていう、勝手なライバル心ですね。

――キャンプでは日本とは異なるレベルの選手との競争になって、そのなかでそうした未知のプレイを出さなければいけないわけですが。

渡嘉敷 特に心配はしていないです。バスケット面で自分ができないことはないって思っていますから。もちろん「すごいな」って思うことはあると思うんですけど、だからといってひるむんじゃなくて、じゃあ、自分もやってやろうって思うタイプなので心配はしてないです。

――桜花学園の井上(眞一)先生からは何と言われましたか?

渡嘉敷 (井上先生の口調を真似て)「おお、頑張って来い」って(笑)。でも本当に頑張ってほしいって言われました。日本を代表して行くわけですから、日本人でもできるってしっかり見せたいです。

――大神(雄子)選手からのアドバイスは受けましたか?

渡嘉敷 シンさん(大神のコートネーム)もいろいろ聞きました。なかでも、シンさんはポイントガード(PG)としてしゃべられなければいけないっていう立場がありましたけど、自分はそれとは関係なくコミュニケーションを積極的にしていけたらなって考えています。そういう面でのアドバイスもいただいたし、自分もこの(明るい)キャラを全開に出していこうかなって考えています。ノリと勢いだけはアメリカ人と同じだと思っているので大丈夫かなって思っています。

――シアトル・ストームのホームページに名前が出ていて、背番号が「7」ですけど、それを選んだ理由は?

渡嘉敷 何だと思います(笑)? まず(自分が日本でつけていた)10番はスー・バードさん(アメリカを代表するPG)がつけている。次に自分は数字の1と3が好きなんですけど、それも埋まっている。じゃあ高校のとき15番だったので15番も考えましたけど、(以前在籍していた、オーストラリア代表のエースセンター)ローレン・ジャクソンの後にはつけられない(笑)。8もいい数字だと思ったけど、埋まっています。そうなったときに「7はラッキーセブンじゃん!」って…ただそれだけなんです。何か理由があったほうがいいじゃないですか? 6だったら「なんで6なの?」って聞かれたときに答えが出てこないから。最初「39」もいいかなと思ったんですよ、「サン・キュウ(=Thank you)」で。でもそれがわかるのは日本人だけじゃないですか(笑)。向こうの人は「3」を「さん」って読まないから。だから「ラッキーセブン」の「7」にしようかなと。

――渡嘉敷選手が7番をつけるのは新鮮ですね。

渡嘉敷 新鮮です。今後アメリカに行き続けることになったら、たとえ10番が空いていても7番をつけ続けたいなって考えています。やはりここが始まりなので。日本の10番といえば渡嘉敷だと少しずつ認識されるようになってきているので、アメリカの7は渡嘉敷…とはならないと思いますけど、「シアトル・ストームの7は渡嘉敷」って、出だしから印象付けられたらなって思います。

――開幕戦のコートに立っているイメージはありますか?

渡嘉敷 そうですね、自分の中では想像しています。それが残り何分なのか、シックスマンなのか、スタートなのかはわからないですけど。ただちょうど1年前にスタンドからWNBAのコートを見ていて、「1年後にあのコートに立つ」って言ったんです。開幕戦はJX-ENEOSのチームメイトも見に来てくれるということなので、いいところを見せられたらなって思っています。

――Wリーグではウォーミングアップでダンクをしていましたが、向こうでもやってやろうという気持ちはありますか?

渡嘉敷 はい。日本より盛り上がるんじゃないですかね? ウォーミングアップでもやっておけば、たとえゲームに出られなかったとしても、「あいつ、ウォーミングアップでダンクをしてたよな」ってインパクトを与えることになると思うので。あ、もちろん試合には出ますけどね(笑)。ただちょっとずつ自分の存在感を出して、アメリカの人たちにもわかってもらえたらなって思いますし、ダンクはそのための1つの武器というか、パフォーマンスとしてやりたいです。

――もちろん試合中も、ですよね?

渡嘉敷 試合中もワンマン速攻でチャンスがあれば、ですね。アメリカでは40分間出続けることがたぶんないと思うので、10分なら10分のプレイタイムのなかで「最大限に飛べ」と言われれば飛べると思います。ぜひ、やりたいですね。

――個人の目標はありますか?

渡嘉敷 今は開幕スタメンに入ることです。数字については特に考えていません。まだどんなところなのかわからないので…でも開幕でスタートを取るくらいの気持ちでやって、ダメならダメです。でもそういう気持ちでやって、スタートで立てたら、みんなには内緒にして、当日ビックリさせたいです。

――キャンプからダイアン(大西ムーアダイアンまどかさん。渡嘉敷の桜花学園高校時代のチームメイトで、現在はアメリカ・ハワイ大在学中)が通訳でつくそうですね。

渡嘉敷 キャンプの途中からですね。自分が一番慕っている同期でもあるので、本当に心強いです。アメリカ行きが決まる前から、毎日のようにラインをしている仲だし、本当に自分は恵まれているって思いました。ちょうど彼女にとっては夏休みの期間でもあったし。

――渡嘉敷選手のほうからお願いをしたのですか?

渡嘉敷 通訳を探すにあたって、「誰か友だちいない?」ってトムに聞かれたときに「あ、ダイアン」ってひらめいたんです。バスケも知っている、英語もしゃべれる、日本語もしゃべれる、そして自分と仲がいい。だから、いきなり電話をしました。「ダイアン、ダイアン、ちょっと軽いことを言っていい? 自分、アメリカに挑戦しようと思うんだけど、通訳どう?」って、このノリで話したんです。そうしたら「え、いいよ」って。そのときはまだ彼女も卒業後のことも考えていないときだったけど、「期間的に大丈夫だからいいよ」って言ってくれたんです。8月いっぱいくらいまではいてくれます。

渡嘉敷来夢、渡米!笑顔のあふれた囲み取材

――話を伺っていると「ちょっと近所に買い物に行く」くらいの、気負いのなさを感じます。

渡嘉敷 そうですね、本当に「ちょっと行ってくるわ」っていう軽い感じなんですよね。だからここに来るまで自分がアメリカに行くっていう感じもしなかったですし、これからアメリカに行くのに、それこそ近所に「散歩に行ってくるよ」っていうくらいの気持ちでいるので、自分でも正直ビックリしているんです。もっと「行ってきます!」「頑張ってきます!」っていう力んだ感じになるのかなと思っていたんですけど、意外と楽に行けるなと…でも寂しい気持ちもありますよ。それでも絶対にホームシックにならない自信はありますけどね。

――どういう自分になって日本に戻ってきたいと考えていますか?

渡嘉敷 英語しゃべれる、自炊が少しできる、3番目にバスケットがうまく…というのは冗談で(笑)、最初にバスケットで成功してと言いますか、それこそ日本代表やJX-ENEOSのプラスになるように、自分がそれらに何らかの影響を与えられるようになって帰ってきたいですね。そしていろんな人に「アメリカに行って良かったね」って言ってもらえるように、プレイ面でもそうですけど、精神面でも何かしらプラスになれる選手になって帰ってきたいですね。

――その間に女子日本代表の合宿もおこなわれています。

渡嘉敷 代表合宿については日本にいるみんなに任せたいと思っています。もちろん日本代表のことを考えないわけではないですけど、まずは自分がアメリカに挑戦するにあたって、いろんな人が協力し、応援してくださっているので、成功して戻ってこなければダメかなって考えています。だから今はアメリカのことを一番に考えて、頑張りたいです。

渡嘉敷来夢、渡米!笑顔のあふれた囲み取材