今年の目標は『自分らしさを追求すること』 男子日本代表・古川孝敏

20150804furukawa01

文・松原 貴実

何年か前の日本代表合宿で、渡邉裕規がこんな話をしていた。
「僕や古川やクリ(栗原貴宏)は高校時代それほど注目された選手ではなかったし、将来を期待された選手でもなくて、ゴールデンとはほど遠い“雑草世代”って感じで。でも、その僕らがこうして今、代表選手に選ばれている。それがなんかすごく嬉しいんですよ」
 今回、合宿のキャプテンを任された小野龍猛もまた同期生。渡邉が言う“雑草世代”は今や代表チームを支える中堅どころとなった。中でも川村卓也、金丸晃輔、辻直人といったシューター陣をケガで欠いた現況の中、古川孝敏が担う役割は大きいと言える。それを自覚した上で日々の練習に臨む古川に、今年に賭ける覚悟を聞いた。

 今年も代表候補に選出され、その感想は?と尋ねると、「危機感を持って臨んでいます」という予想外の答えが返ってきた。「去年はアジア(競技)大会でのプレータイムも少なかったし、代表に選ばれているものの…という感じでした。自分の力が足りなかったことに危機感を持ちました。代表に必要な選手になるためには、もっと自分らしさを追求して、それを出していかなければならないと思っています」
それでは古川が考える“自分らしさ”とはどんなものなのか?
「それを言葉にするのはちょっと難しいんですが、一言で言えばアグレッシブにやるということ。プレーで言えば外のシュートだけにこだわらず、中にアタックしていく技術ももっと身に付けてプレーの幅を広げたいという欲があります。もちろんシュートは積極的に打っていくつもりですが、今までみたいにキャッチ&シュートだけでは相手に守られやすい。それだけではないんだぞというものを見せていかないと。それもあくまでアグレッシブに」

20150804furukawa02

 あくまでもアグレッシブに…そんな古川のプレーを初めて見たのは、彼が東海大1年生のときだった。当時の4年生には竹内譲次、石崎巧、井上聡人、内海慎吾、阿部佑宇といったいわゆるゴールデン世代の選手が揃い大学界屈指の強豪と言われていたが、そのチームの先発メンバーに抜擢されたのがルーキーの古川。技術的にはまだ未熟な面はあったもののチャンスと見れば一瞬の躊躇もなくゴールを狙う1年生は、見ていてわくわくするおもしろさがあった。
 とりわけ印象深かったのは、リーグ優勝がかかった青山学院大との一戦。勝負どころで、石崎が放った3Pシュートが外れた瞬間、ゴール下に果敢に飛び込み鮮やかに決めたタップシュートだ。身体能力の高さはもちろんのこと、そのしなやかな身体の動きに目を見張った。
 御影工業高校(現神戸科学技術高校)時代に全国の舞台(インターハイ、ウインターカップ)を踏んだのは3年生のときのみ。しかも早々と敗退したため、いずれの大会も注目されることなく終わった。それでも「バスケットがもっとうまくなりたい」という思いは強く、関東の大学に進むことを望んだが、どこからもオファーはなし。東海大進学が叶ったのは「自分のプレーをまとめたビデオを陸川章監督に送り、興味を持ってもらえたからです」
 入学後はレベルが段違いに高い先輩たちのプレーに驚きながらも「ただただガムシャラに練習しました。練習も試合も本当に無我夢中でした」
 自ら切り拓いた場所で、ただただガムシャラに…いわば、それが古川のスタート地点だった。

 しかし、それから9年、古川は危機感だけが募った昨年の代表活動を経て、自分に足りないものを模索していた。
「そのとき気づいたのは自分のメンタルの弱さだったんです」
 アグレッシブにゴールを目指しているつもりなのに、肝心なところで引いてしまう。バスケットを学び、バスケットを知った分、ガムシャラで怖いもの知らずだった『かつての自分』が、ふっと弱気になってしまうことがある。
「それに気づいたのが昨シーズンのリーグ後半戦あたり。もともと俺が、俺が、というタイプではないんですが、戦う以上それもまた必要なのだと気づきました。そこから少し変われたと思います。少なくともそれまでより気持ちが前向きになりました」
 その結果、リーグ後半からは自分でも納得できるパフォーマンスが増えた。「危機感を持って臨んでいる」と言った今回の(代表)合宿でも「変わった自分が少しは出せている気はします」と、徐々に手応えを感じているようだ。
「10月には28歳になるんです。もう28歳ですよ(笑)」
 若手のくくりから外れた分、経験を積み、経験が重なった分、プレーに深みが増す年齢。
「そうですね。だからこそ自分らしさを追求して、もっとチームに貢献できる選手になりたいと思っています」

20150804furukawa03

 男子日本代表の第4次合宿は現在中国で行われており、続く第5次合宿はヨーロッパ遠征が予定されている。古川はいずれも合宿メンバーに選ばれ、参加したAtlas challenge(7月27日~8月1日@中国・蘇州で開催)予選ラウンドでは、第1戦(対リトアニア)で15得点、第3戦(対オーストラリア戦)で23得点とチームハイをマークした。残念ながら勝ち星は得られず、試合の詳細もわからないが、それでもこの得点からアグレッシブにゴールに向かう古川の姿が伝わってくるような気がする。中国に旅立つ前の合宿で「とにかくアタックしてきます。引かずにぶつかっていきます」と、きっぱり言い切った力強いことばを思い出した。