【TK bj-league】最凶の2人(ライジング福岡#11青木 & #1清水)

ライジング福岡#11青木 & #1清水

bjリーグが産声をあげた時、チーム数はたったの6つだった。仙台89ERS、新潟アルビレックスBB、埼玉ブロンコス、東京アパッチ(2011年3月の東日本大震災後に消滅)、大阪エヴェッサ、大分ヒートデビルズ(来シーズンより愛媛オレンジバイキングス)。いよいよ今週末5月14日から最後の王者を決めるファイナルが有明コロシアムで行われ、ラストシーズンのクライマックスを迎える。

11シーズンをかけ、全国24チームにまで膨れあがったbjリーグ。6チームから始まった初年度から11シーズンを全うした選手はたったの12人。
青木 康平(福岡)、石橋 晴行(大阪)、日下 光(京都ハンナリーズ)、小菅 直人(琉球ゴールデンキングス)、佐藤 公威(新潟)、清水 太志郎(福岡)、城宝 匡史(富山グラウジーズ)、仲西 淳(福岡)、波多野 和也(滋賀レイクスターズ)、藤原 隆充(群馬クレインサンダーズ)、堀川 竜一(横浜ビー・コルセアーズ)、水町 亮介(秋田ノーザンハピネッツ)。

この11年間、岩手ビッグブルズや大分・愛媛ヒートデビルズ、高松ファイブアローズ、さらには優勝した横浜ビー・コルセアーズ等々、いくつものチームが経営危機を乗り越えて“今”がある。残念ながら、宮崎シャイニングサンズと東京アパッチは消滅したが、その2チームに在籍していたレジェンドが今シーズン、同じチームでプレーし、Bリーグでは3部行きを言い渡されている。数々の難局を体験してきた青木選手と清水選手に、11年間の汗と涙を振り返ってもらおう。

Text & Photo by Seiichi Izumi

やっぱり悔しい! 不完全燃焼で終えたラストシーズン

──11シーズンを全うしたbjリーグのラストシーズンが終わった今の心境は?
青木:どのタイミングで負けても11年戦い抜いたわけで、終わってみればやっぱり悔しいです。ただ、それまでの過程はいろんなことがありました。コート上ではそんなには感じませんでしたが、会場に来るまでの間に11年間のことをずっと振り返ってました。
 自分の体に身を任せて最後はバスケットをしたいと思っていたのですが、実際にはそれどころではなく、やり切った感がまったくない。与えられた環境で、できる限り頑張ってはいたのですが、全体的には不完全燃焼ですね。

清水:やっぱり悲しいという思いが強いですかね。bjが始まった時は日本人選手もほとんどいませんでしたし、ある程度のレベルのバスケ選手もいませんでした。当時JBL(現NBL)とはどこか張り合ってる部分があり、「なにくそっ」という思いがありました。僕に限らず、1シーズン目からbjでプレーしてきた選手たちそれぞれにプライドがありました。

#11青木康平

──福岡はヘッドコーチが代わりました。安定しなかった中で、最終節でプレーオフ進出を決めただけでも一つの成果だったのでは?
青木:僕が福岡に来て3年が経ちますが、ヘッドコーチがもう6人も代わってるんですよ!

──今シーズンは、途中、石橋 貴俊さんが指揮を執られていて驚きました。
青木:石橋さんやヘッドコーチ代行を含めると3年間で9人です。やっぱり毎年毎年積み上げるものが無かったら、“有明”まで辿りつけないです。

清水:自分たちで苦しめてしまったシーズンでした。外国人をケガで失ってしまえばしょうがないですが、そうではなく代えようと思って切ったのに次の選手が見つからず、自分たちで苦しい状況を招いてしまいました。今まで宮崎や大分で経験したような「お金がないから選手が取れない状況」と福岡は違っていたので、本当にもったいなかったです。それでも、最後にはしっかりカムバックでき、ホームコートでプレーオフ進出を決められたのは、福岡としては一つの財産になるではないかと思います。

青木:ウエスタンカンファレンスの7位まではすごく良いチームであり、積み重ねがあります。しかし、福岡を含めた8位以下のチームはどう転がってもおかしくないチームばかり。大分はずっと外国人が2人しかいなかったにも関わらず、プレーオフ争いができるまでのチームになり、すごく良い雰囲気のチームでした。僕らもずっと外国人が一人欠けたままシーズンを戦い、最後も(仲西)淳くん(体調不良)がいませんでした。40試合やってきてヘッドコーチが代わり、それまでの積み重ねがないまま残る12試合でポッと勝ってしまっただけではチームとしての厚みはないわけです。その差がやっぱり勝負に出てしまったと思います。

プロになれるのは数%の選手だけのはず!
運営会社同士の切磋琢磨で、“プロフェッショナルなチーム”が増えることが大事

──宮崎という名が挙がりましたが、経営状況が思わしくなかったり、潰れてしまったりしたチームを経験してきたお二人は、Bリーグはどういうプロリーグになってもらいたいですか?
清水:本当に僕はいろんな経験をしています。給料が遅延したり……そういった経営をしているチームは、正直言って今後続けるべきではないです。2〜3カ月先ではなく、ちゃんと1年間の見通しを立てていなければ、選手にとってバスケットができる場は増えますが、生活できる環境ではありません。選手がストレスを味わいながらバスケットをするべきではなく、しっかりとした土台を作るべきではないかと思います。
 これまでと同じような待遇のままでは、Bリーグとしても顔を潰すことにもなり兼ねないでしょう。しっかり土台を作った上でステップアップしていけば、Bリーグは繁栄すると思います。僕が小学校の頃からコロコロとリーグの名前が変わってきたようなことが無くなるよう願う意味で、しっかりとした土台を作って欲しいですし、身の丈にあったチーム運営からスタートすべきです。チームがB1~B3の環境に合ったところからスタートし、上を目指すのは良い仕組みだと思います。

青木:Jリーグやプロ野球と同じように、選手がしっかりと給料をもらうことで、一人ひとりの意識も変わるだろうし、そうなればお客さんも増えていくような環境面の向上も必要になるはずです。それはチームや選手だけではなく、テーブルオフィシャルやレフェリーなど、リーグに携わるすべてが向上しなければなりません。bjリーグの現状を言えば、普通なら「暴動が起きかねない」ような状況が実際に起きていて、そこは悲しいですよね。

#1清水太志郎

──11年間、試行錯誤しながらプロバスケットボール選手として全うしてきた中で、改めてプロバスケ像とはどんなものでしょうか?
清水:バスケットに集中できる環境が必要です。bjはまだ整っていないので、いろんな言い訳が生まれてしまいます。選手に限らず、運営側もしっかりプロフェッショナルとして、選手が言い訳をできないような環境づくりが必要です。コート外の振る舞いではなく、まずはコート上でのパフォーマンスに向き合うことが大前提です。
 屋内競技であり、器が小さいのでファンと触れ合える距離が近く、盛り上がれるのは良いですが、コート外でも近すぎる部分があり、それはプロとしてはあまり良くないとも言えます。そういう面では、まだまだプロ意識が少ない選手も多いと思います。
 でも、彼らがプロになれてしまう環境こそがいけないと思っています。誰でもプロになれるものではないんです、本当は。プロになれるのは数%の選手だけのはず……それはバスケットに限らず、すべてのプロスポーツにおいて、日本の人口のほんの一握りがなれる希有な職業です。しかし、バスケの現状においては(チーム数が増え)、人数合わせで簡単にプロになれてしまう部分もある。選手もそうですし、運営会社側もしっかりプロとして確立していかなければなりません。
 1年目からプレーしている選手は本当に少ないですが、それぞれプライドを持ってコートに立って来たし、その思いは誰よりも強いと思っています。僕はその選手たちをリスペクトしていますし、できればリーグとしてもリスペクトして欲しかったです。

青木:本当にそう!

清水:Bリーグに変わるから、簡単にサヨナラ〜という感じにはなって欲しくなかったのですが……選手とリーグのお互いがリスペクトできる関係……Bリーグではそうなって欲しいです。

青木:どのチームも選手どうこうではなく、それを管理するのは会社です。その会社がしっかりしていれば、プロ意識も育つでしょうし、もっとbjリーグも良い方向に行ったはずです。厳しいかもしれませんが、これが現実であり、プロと言いながらもプロチームでは無かった部分が多かったということ。プロフェッショナルなメンタリティを持っていなかった選手が多いリーグになってしまったのが現状です。
 BリーグになればB1は(運営がしっかりしている)限られたチームとなり、B3(※B3は別組織の運営で、プロ限定ではないリーグとなる)は、いくら福岡などプロチームが入ったところで、プロとは言えない状況となるでしょう。B2でも、その経営レベルに甘んじてしまい、1部を目指さないチームが出てくるかもしれません。それらも含め、運営会社単位で切磋琢磨することで、プロフェッショナルなチームが増えることが、日本のバスケット界にとって一番良いことだと思っています。たとえ、今よりも「プロ選手」が減ろうとも。あとは日本人のコーチが育たないとダメですね。

清水:それは間違いないです。選手の質や経歴に限らず、bjがあったことで台頭してくる日本人選手が出てきました。外国人選手の質も年々高まっている中、クビになってもすぐに就職先が決まってしまうのがコーチです。そこに競争が生まれることも、プロリーグとして大事なことの一つだと思います。

#11青木康平

ショックだったB3宣告
二人が揃うと…「なぜかチームがグチャグチャになりますね」

──シーズン開幕前にBリーグの3部が言い渡されましたが、それを聞いた時の心境は?
青木:最初はかなりへこみました。

清水:本当に凹みました。(レノヴァ)鹿児島でプレシーズンゲームをした帰り道にそのことを知らされました。

青木:鹿児島に日本人選手だけで快勝した後でした。

清水:福岡の3部はショックです。それ以上に鹿児島や高松が2部というのは選手の質ではなく、運営の質としてどうかなと思っているところがありましたし、それがショックでした。

 青木:実際はあの時点での努力の差だったと思います。結果は3部として発表され、その後、2部に上がれるのではないかという噂はありましたが、繰り上がらなかったです。そこに希望を持っていた部分と、今シーズン、僕らがしっかり優勝して3部にいるようなチームではないことを示したかったのですが……運営会社やヘッドコーチがシーズン途中で代わってしまう。僕と太志郎がいるとなぜかチームがグチャグチャになりますね(笑)

清水:あははは(笑)

ライジング福岡#11青木 & #1清水

──そんな最凶の二人だからこそ、お話を伺ったわけです(笑)。3部が確定している福岡ですが、移籍も含めて来シーズンも現役を続けますか?

清水:まずはシーズンが終わったばかりなので、自分の気持ちと相談です。康平さんは36歳で、僕は35歳。リーグ内でもそんなに安いサラリーではないので、需要があるかどうかが絡んできます。今後のことはまだからないですね。

青木:まぁまぁ、どう転んでも歩けるようにはなってますけど、あとは自分の気持ちがどこを目指すか……。気持ちがあっても、いらないと言われればそれまでなので、今は何も考えてないです。

清水:早く終着点を見つけ、良いオフを迎えたいですね。

#1清水 京都#8村上

取材を行ったのはプレーオフ ファーストラウンド 京都 vs 福岡の第2戦を終え、2連敗で福岡のシーズン終了が決まった後だった。
この2人を始め、11年間bjリーグの礎を創ってきた選手たちが、プロというものを模索しながらコート上で示し、メディアを通じて発言してきた。チームや選手の努力により、プロバスケットボールリーグが成り立っている。彼らがいたからこそ現在のプロバスケ選手、プロバスケチームの道が拓けたと言っても過言ではない。
シーズンを終えたばかりで、来シーズンの予定は白紙のベテランたち。悔しさや反省点を挙げる2人だけに、それが現役続行のモチベーションとなっているはずだ。まだまだコート上で、“プロリーグの道”を切り拓いてもらいたいと願っている。

2016年5月9日:追記
初出時、以下の箇所でミスがありましたので、修正しました。
読者の皆様、ならびに関係者の皆様に深くお詫びし、ここに訂正をさせていただきます。
正「群馬クレインサンダーズ」
誤「群馬ファイアーボンス」