【NBL】土俵際で見せた東芝神奈川の底力

東芝ブレイブサンダース神奈川文・松原 貴実 写真・吉田 宗彦

ラストとなるNBLファイナル、第1戦を逆転で勝ち取り、続く第2戦も終始リードを保って快勝したアイシンシーホース三河の戦いぶりに「スイープで決まりそうな強さ」を感じたバスケットファンは多かったのではないだろうか。
しかし、明けて迎えた第3戦で東芝ブレイブサンダース神奈川は甦る。「思えば、自分でもゾーンに入ったかなと感じる時間帯があった」という辻直人の連続シュートを中心に88‐73で勝利。崖っぷちで踏みとどまったチームは1週間後の第4戦、翌第5戦にも勝利し、2連敗からの3連勝でNBL最後の王者に輝いた。
エースである辻、そして、連日安定した力を発揮した大黒柱ニック・ファジーカス、今回の優勝は彼らの存在があったからこそ。それは異論を挿む余地がない事実だ。だが、それと同時に改めてこのシリーズを振り返ると、奮闘する何人もの選手たちの姿が浮かんでくる。篠山竜青はキャプテンとして悩むこともあったが、「周りの人たちに支えられた。苦しみながらも全員の気持ちが1つになれたからこそ勝ち取れた優勝だと思う」と語り、2人のエースは「アイシンは個々の力がある強敵だったが、そのアイシンをうちはチーム力で破ることができた」(辻)、「うちは1度もあきらめなかった。1人ひとりがワンプレー、ワンプレーに集中して戦い抜いたと思う」(ファジーカス)と胸を張った。3人のことばに共通していたのは『チーム力』と『全員の力』――優勝記者会見の席で勝因を聞かれた北卓也ヘッドコーチもまた、その要因の1つに『豊富な控え選手の存在』を挙げた。
「控え選手が(アイシンより)うちの方が豊富であり、それぞれが自分の役割をしっかり担い、見えないところのプレーで貢献してくれました。たとえばアイシンは本当にインサイドが強いので、ボックスアウトなどもコツコツやることが大事。そういったところも(コートに出た)メンバーたちが実によく頑張ってくれました。まさにチーム力の勝利だったと思います」

◆38歳の献身 #25ジェフ 磨々道
 2連敗を喫し後がない状態で迎えた第3戦では3P 7/11を含め30得点をマークした辻に注目が集まったが、その陰でチームを支えたのはジェフ 磨々道の献身的なプレーだ。アイザック・バッツ(208cm)、ギャビン・エドワーズ(206cm)を揃えたアイシン三河の強力なインサイドに割って入り、文字通り身体を張ってゴール下を死守した。
チーム最年長の38歳。年齢による衰えは「間違いなくあるよ」と笑う。「だから、水分を摂ったり、マッサージを受けたり、栄養をつけて、夜は早く寝る。連戦の疲れを取るために8時半には寝てるよ」――インタビューに答える顔は終始飄々としているが、実はだれよりも熱いマインドを持つ。2連敗後、チームに重い空気が漂う中「選手で行ったミーティングで、あきらめるな! と僕らを鼓舞してくれたのはマドゥとニックだった」(篠山)
2勝2敗の5分に持ち込んだ第4戦の後、磨々道の語ったことばには、チームに対する彼の思い、優勝に懸ける静かな闘志が表れていたように思う。
「アイシンはすごくいいチームでインサイドも強い。でも、私は恐れてはいない。たとえば辻は私のためにプレーする。私は辻のためにプレーする。チームはだれかがだれかのためにプレーする。東芝はそういうチーム。だから私も自分のやるべきことをやるだけ。明日もそれだけを思ってプレーするよ」

#25ジェフ 磨々道

◆仕事に徹したベンチメンバー #5山下泰弘 #0藤井祐眞
 ベンチメンバーの踏ん張りという意味では、山下泰弘、藤井祐眞の貢献も光った。今シーズン場面によって1番、2番を任された山下は「難しさも感じましたが、どういう形で出てもいい流れを作れるように常に準備はしていました」と言う。しかし、今シーズンはセカンドチームが思うように機能しないことも多く、責任を感じることも少なくなかった。
「このシリーズでも1、2戦では僕たちセカンドチームが出た時間帯に得点が止まり、ディフェンス面でも今一つ自分たちの仕事ができなかった。それだけに3戦目からは開き直って頑張ろうという思いが強かったです。まずはディフェンスからリズムが作ろうと。それはできたかなと思っています」

  もともと確率の高いアウトサイドシュートには定評があり、自身も「自信を持っています」と言い切る。第4戦、第1P終了間際の比江島慎の3Pで25-21と詰め寄られたが、第2Pコートに出た山下は思い切りのいいジャンプシュートで再び流れを呼び戻した。この試合、エースの辻が開始2分で2つ目のファウルを犯しベンチに下がったが、「そういうときのために僕たちがいるわけで、あわてることはありませんでした」(山下)

#5山下泰弘

辻に代わった藤井もまた「あわてることはなかった」と振り返る。「ただ僕は辻さんのようには得点できないので、それならばとにかくディフェンスを頑張ろうと決めていました」
マッチアップしたのは比江島。「比江島さんは1対1をやらせたら日本でトップ、アジアでもトップレベルの選手なのでこっちも必死です。『自分は守れる』と自分に言い聞かせて、というか、自信を持たないと止められないので、そういう気持ちでプレーしました」
 そのディフェンスだけではなく、球際のハッスルプレー、要所要所のアウトサイドシュートなど「自分の持ち味は出せたと思います。最初は控えで出る難しさも感じていましたが、ミスしないようにミスしないようにと思うとプレーが消極的になって、いい結果が出せないことも実感したし、いろんな意味で学ぶことが多かったです。この大舞台で学べたことが自分の成長につながるような気がしています」

藤井祐眞

◆地味なプレーで光を放つ #33長谷川技
 このシリーズの全試合にスターティングメンバーとして出場した長谷川技もこれまではベンチメンバーの1人だった。4年前のルーキーシーズンはケガからのスタート、それ以後も度重なるケガに泣かされ、昨季はひたすらリハビリに精を出す日々が続いた。
「東芝に入ってから万全な状態で過ごしたシーズンは1度もありません。やっと…という感じですね。今シーズン、やっとまともにコートに立つことができました」(長谷川)
チームの主力である“ミスターディフェンスマン”の栗原貴宏のケガもあり、12月13日の広島ドラゴンフライズ戦からスタートに起用された。復帰した栗原とプレータイムを分けながら戦ったファイナルでは5試合平均25分近くコートに出て、アイシン三河のエース金丸晃輔封じを任された。
「ベンチに栗原さんがいてくれることは心強かったし、もう自分はできることを精一杯やるだけでした。とにかく金丸さんにボールを持たせないこと。それはまあまあできたのではないかと思っています」(長谷川)
本人は「まああまできた」と控え目だが、これに対し金丸は「東芝は2人(長谷川と栗原)ともファウル覚悟でコンタクトしてきて、僕の体力を削る作戦だったと思います。ああいう守られ方はレギュラーシーズンではあまり経験しなかったし、体力だけでなくメンタルも削られるような感じでした」と苦渋の表情を浮かべた。ボールを持たせてもらえないことで、シュートの感覚も鈍り、ストレスだけが溜まっていく。その結果、第5戦こそ終盤の連続3Pが効いて15得点を稼いだものの、あとは第1戦10得点、第2戦9得点、第3戦4得点、第4戦5得点と、本来の力を出し切れないまま終わった。
「全力を尽くしたことがある程度チームの役に立ったことは素直に嬉しいです」と、長谷川。「自分は地味なことをコツコツやっているだけだし、地味でいいんです。でも、その地味なプレーに少しだけ注目してくれる人がいたら、それはそれでちょっと嬉しい(笑)」
 長い長いトンネルを抜けた先にあったリーグ優勝。「1年以上続いたリハビリ生活は辛かったですけど頑張ってきてよかった。腐らず頑張ってきて本当によかったです」
 勝利の紙吹雪が舞う中で長谷川の笑顔が弾ける。その肩を次々と抱いたのはずっと自分の“帰り”を待っていてくれた仲間たちだった。

長谷川技