リーダーシップを説いて世界へ導いた名将(日本代表元ヘッドコーチ 長谷川 健志氏)

昨年まで男子日本代表チームを率い、選手たちにリーダーシップを説いて世界へと導いた名将・長谷川 健志氏。文字数制限ある誌面では伝えきれなかったリーダーシップ論をさらにご紹介していきたい。その前に、本誌に登場した「トリプルドラゴン(橋本竜馬・篠山竜青・小野龍猛)」は、いずれも長谷川氏が日本代表ヘッドコーチ時代にキャプテンを任せている。その3人の印象について聞いてみよう。

小野 龍猛(千葉ジェッツ)

同年代の選手たちに比べると大人っぽく、そこにリーダーシップがあります。小さいことに目が行き届き、自分より年上にも年下でも分け隔て無く幅広くつきあえるタイプ。本来みんなそうでなければいけないですが、特に龍猛はそういうところが長所です。みんなをガーッと引っ張っていくタイプではないですが、言われなくても何かをしようと自ら行動に移しています。たぶん、それは子どもの頃から身についている習性だと思いますし、私はそれが好きな方です。ガーッといかない割には導く能力があります。絶対、小さいときに良い意味でも悪い意味でもガキ大将だったんだと思います。それでいて私らコーチ陣にもきちんと意見を言えるし、話し合ったことを他の選手たちにもしっかりつないでくれました。

篠山 竜青(川崎ブレイブサンダース)

行動で引っ張るタイプ。自らのプレーでハッスルして盛り上げながら、リーダーシップを発揮してくれます。バスケットはポイントガードの背中を見てディフェンスします。つまり、その背中がハッスルしてなかったら、後ろにいるみんなもがんばることができない。逆に、その背中がすごくがんばっていれば、後ろにいる選手たちはがんばらないといけないと思うわけです。そのことはいつもポイントガードの選手たちには伝えてきました。戦う姿を示すことについては、竜青なんて最たるものです。竜青は持って生まれた明るさがあり、リーダーシップにとっては必要なことです。

橋本 竜馬(シーホース三河)

竜馬も自分の行動でみんなを引っ張っていくタイプですが、竜青よりも話してものを伝えたり、率先して質問したり、みんなが思っていることを先に行動したり、そういう部分が長けています。どちらかと言えば親分肌ですね。人間というのは表裏一体です。親分肌のガキ大将は自分が言いたいことを常に言い、行動に移したりできる。それは、リーダーシップの本質の部分では同じこと。そこをどう表現するか、またはここは我慢しよう、ここはこういう言い方にしよう、などを経験で学んできたからこそキャプテンを任せられるわけです。表から見れば生意気で態度がでかいように見えても、裏から見ればすごくそれがチームをまとめる牽引者となるかもしれません。そういうのを見極めるのも指導者ですし、選手も気付いていく必要があります。

「環境が人を変えるんですよ。私だってそうでした」と長谷川氏と同じ境遇、同じ匂いがする選手をキャプテンとして託していたのかもしれない。長谷川氏はキャプテンだけではなく、選手一人ひとりにリーダーシップを持たせ、自ら考えて行動することでチームワークを高めていた。リーダーシップを持った選手たちは、自然と大人になったようにも感じられた。
バスケ選手としての人生は儚い。だが、社会人として大切な組織の中での役割について、日本代表という最高峰のチームから学ぶことができたはずだ。それは、長く続く今後の人生にとっても大事なことでもある。長谷川氏に説いていただいたリーダーシップ論を3回に渡ってご紹介していこう。

一番下の立場としての理想像を思い描きながらチームビルディング

日本代表のチームビルディングには、自分の理想が多少はありました。もし何かの組織に入るならばこんな組織に行きたいな、という自分の理想像や夢を少しでも現実化したいというのはずっと考えていたことです。ヘッドコーチは一番上の地位におりリーダーは私ですが、逆に自分が一番下の立場として思い描くべき夢を作っていかなければならないという思いがありました。

リーダーシップを掲げましたが、それは日本人の足りないところです。そこがなぜ足りないのかと言えば、勉強していてもそれは身につかないものであり、普通の学校生活の中で習得するのも難しいからです。小学校や中学校から課外活動としてバスケットをしてきた選手たちは、ある意味で人格形成や自分の長所を伸ばすことが備わっているはずです。そう考えれば、引退後に何が自分たちの強みかと言えば、バスケットの経験を生かした社会貢献ができることです。

(つづく)

文・泉 誠一 写真・三上 太