成長できた1分間(秋田ノーザンハピネッツ:大塚裕土選手)

大塚 裕土選手に指示を送る中村和雄ヘッドコーチ

大塚 裕土選手に指示を送る中村和雄ヘッドコーチ

球団記録タイとなる開幕6連勝中の秋田ノーザンハピネッツ。浜松・東三河フェニックス、青森ワッツをホームで撃破し、初のアウェイゲームとなった東京サンレーヴスとの初戦は90-59と31点差をつけて快勝。それまでは不安や不満が多かったが、この試合の後には「ようやく自分のチームらしくなってきた」とコメントを残した中村 和雄ヘッドコーチ。
続く6連勝目は、追いかける展開ながら最後の最後に#0富樫勇樹がファウルをもらい、フリースローを2本沈めて72-70、逆転勝利を飾った。しかし、不甲斐ない接戦に、憮然とした表情でそそくさとコートを去っていった。
その後、会見に現れた中村HCは……「前半はもう呆れてた」。不満なコメントが早くも復活である。

決まらない……3割を大きく下回る3Pシュート率

10月20日の東京戦での秋田の3Pシュート率は、たった18.2%(6/33本)。これまで6試合を合計しても26.4%と数字が伸びていない。逆に東京は37.0%でbjリーグトップの高確率。この試合も30.4%(7/23本)であり、秋田より成功本数は1本上回っている。
「最後の時間帯まで、富樫は1/9本、大塚(裕土)は0/5本。相当3Pシュートの確率が悪い」と中村HCはお怒りだ。

どれだけ3Pシュートの確率が悪いのか?他のチームの確率と比べてみよう。
リングから6.75m離れた3Pシュートだが、プロであれば成功率3割は越えていて欲しいところだ。ウエスタンカンファレンスを見ると、12チーム中10チームがその3割をクリア。NBLでは全12チーム10チームがクリアしており、東芝ブレイブサンダース神奈川(42.7%)、アイシンシーホース三河(40.8%)と東西首位チームは4割を越している。
最後に秋田と同じイースタンカンファレンスを見てみると……3割越えは11チーム中4チームに留まっており、総じて悪い。
中村HCの言葉を借りれば、どのチームも「3Pシュートが練習不足」なのではないか。

6試合を終え、チームで一番多く3Pシュートを打っているのは46本で富樫。続く39本の#14大塚 裕土。
その大塚は、この日の試合では1本しか決めていない。しかし、その1本が東京ブースターの声援を悲鳴に変えた。

残り時間は1分を切り66-67、1点を追いかける秋田。なお、時計は終了に向かって数字を減らす中、シュートポジションで待つ大塚にボールが回って来た。
そのボールに触れる前までの大塚は、3Pシュートを5回外し、3度の2Pシュートも決めきれず、リングに嫌われていた。
試合中、コートサイドを走る大塚を呼びつけては、シュートのアーチのことや力を抜いて打て、と何とか気持ちを落ち着かせ、確率悪い3Pシュートを1%でも上げるように、中村HCはアドバイスを送り続けた。

逆に大塚は、「前半にシュートが決まらなかったことで、後半に入った時も落としたらどうしよう、と考えてしまっていました」と言い、入らないプレッシャーに押しつぶされていた。決めようと思えば思うほど、力んでしまうものでもある。
残り時間が迫り、さらに力が入る場面。9回目のシュートチャンスであり、6投目の3Pシュートを放った。
「本当に何も考えずに打ったシュートという感じです。強いて言えば、決めることしか考えてなかったです」
そう大塚が振り返ったシュートは、迷い無くリングに吸い込まれて行き、秋田が逆転に成功した。

対戦相手よりも激しい中村和雄のプレッシャーの中で成長を実感する大塚

東京戦で最後の最後に3Pシュートを決めた大塚裕土選手

東京戦で最後の最後に3Pシュートを決めた大塚裕土選手

39分間のうち20分間をコートに立っていた大塚。しかしその間、1点も決められずにいた。
中村HCは大塚を先発で起用し、最後の大事な場面でもコートに立たせ続けた。
そして最後の1分で、チームの勝利を呼び込む値千金の3Pシュートを決めて見せた。

東海大学を卒業した2010年、当時JBL2のTGI・Dライズで2シーズンプレイし、リーグ2位の3Pシュート成功率を記録。昨シーズンはドラフト1巡目で宮崎シャイニングサンズに移籍。平均32分のプレイタイムを与えられ平均12.6点。2013年4月6日の大分ヒートデビルズ戦では31点をマーク。
得点力ある大塚の実績に対し、中村HCの評価は違う。
「プレッシャーがある中で、これまでバスケットをやってきていない。バスケットを始めて、初めて勝たなければいけないところにいる。大塚自身、大丈夫だと思っているかもしれないけど、まだまだ通過点。僕のプレッシャーは半年くらいでは解けないし、過去を振り返っても全てのプレイヤーが半年から1年は成長するのに時間はかかっている。大塚にも1年はかかるぞ、とすでに言ってある。まずは僕のプレッシャーに勝たなければいけない。それだけ期待してますし、楽に成長させようとも思っていないですよ。よく褒めて伸ばすとか言うけど、プロはそんな甘いレベルじゃない。もうちょっと勝ち進んでいくためにも、厳しい精神状態でシュートを決めきって欲しい。それが入るようになることが、一人前になるということです」

期待が高いからこそ、求められるレベルも自ずと高くなる。
「正直言って、昨シーズンの宮崎は勝敗にこだわっていないというか、バラバラな状態で秋田とは全然違うチーム環境でした。本当の意味でのチームに入った今は、緊張感を持ってプレイすることに慣れない部分もありますが、日々成長させてもらっている環境にいることを実感しています。今日の試合で最後に決められたこと、そして最後までコーチが信頼して試合に出してくれたこと、それを自信に持ってこれからも自分のやるべきことを突き詰めていきたいです」
大塚に求められる仕事を果たしたのは、この日のゲーム中で1分だけだったとも言える。しかし、この1分が大塚を一回り大きくさせた気がしてならない。

「あの場面で富樫も大塚も決められるんだから、資質はある。臆せずにやることも大事だが、そのためにも練習が大事。一生懸命練習をしてきた裏付けがあるからこそ、勝負どころでも決められたわけだ」
期待を寄せる二人の若者たちが、最後の最後に活躍したことを話し終えると、中村HCはようやく一息ついた。

秋田という成長できるチームに移籍してきた大塚がやるべきこととは?
「チームのため、秋田県のため、という気持ちが強い。だからこそ、少し力んでいる部分があるのかもしれません。スタートで出していただいているので、シーズンの早い段階でしっかり自分の役割が安定して出せるように1試合1試合、成長して行きたいです」

大塚の3Pシュートの確率は、8/39本で20.5%。
怒れる指揮官は、「血ヘドを吐くくらいシュート練習をして次の試合に臨みたい」と不気味な笑みを浮かべた。
さて、再びホームに戻る今週末(10月26日-27日)、今シーズン好調な信州ブレイブウォリアーズを迎え、秋田県立体育館で開幕連勝新記録となる7連勝を賭けた一戦が待っている。
血ヘドを吐くほどしごかれた成果はいかに!?
3Pシュート成功率をチェックだピョン♪

bjリーグ
秋田ノーザンハピネッツ

文・泉 誠一