【会員限定】「だろう!」という自信をコートで証明(千葉ジェッツ#34小野 龍猛選手)

オールジャパンで初優勝を飾った千葉ジェッツは、2017年幸先良いスタートを切った。日本一になる少し前、11月5日の仙台89ERS戦から12月18日の富山グラウジーズ戦まで13連勝を挙げている。完全に上昇気流に乗っていた。
「勝っているときは自然とチームの雰囲気は良くなります。ディフェンスでも声が出るようになり、それぞれが気を配ってローテーションできるようになった。オフェンスでも、一人で打開しようとせずにボールムーヴメントができるようになったのも好調の要因だったと思います」

キャプテンとして「ディフェンスでは声をかけていた」が、オフェンスに関しては何も言わず、チームメイトが思い切ってプレーできる環境を作っていた。コート上でのキャプテンとしての役割は「声がけ程度」だと小野選手は言う。

チャンピオンシップ進出を決めた千葉にとって、「すでにベースはできているので、あとは完成度を高める作業」に徹するだけ。小野選手は、“声がけ程度”のキャプテンシーでチームを勝利に導くスタイルも変わらない。シーズンを通して徹底すべきことを積み重ねていくことが、頂点に近づく近道でもある。

日本代表ならばリーダーシップを持っていて当然

長谷川健志・元ヘッドコーチの下、小野選手は日本代表でもキャプテンを任されていた。本誌では「な〜んにも考えてなかった」と“無責任”な発言をしていたが、ルカ・パヴィチェヴィッチヘッドコーチに変わった今年2月のイラン戦では、小野選手をはじめとした日本代表経験者たちが率先してリーダーシップを発揮していた。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について