統一プロリーグへ向けた現場の声

統一プロリーグ問題は結論に至らないままJBA深津会長が辞任し、FIBAからの何らかの制裁が下ることが免れない現状、様々な立場にいる当事者たちはどう感じているのでしょうか?
リーグ統合の是非を含め、どのような環境を欲しているのか、選手やスタッフに意見を求めてみましたが、正式な情報は伝えられていないようです。臨時理事会後の説明会では、今後、然るべき時に選手に伝えねばならないと、丸尾 充会長代行は話していました。
統一プロリーグ問題に関してはデリケートな問題であり、もしかするとチームから口止めされていたかもしれません。しかし、先週末に行われた各リーグの試合後、現場にいる方々が口を開いてくれました。
横に広報がいても、しっかりと自分の意見を話してくれた選手たち。1対1で伺った選手に対しては、本当に出して大丈夫かと念を押したところ、おかしなことは言っていない、と真摯に意見を述べてくれました。現場の意見はどれも正論です。

bbs141029a

竹内 譲次選手(日立サンロッカーズ東京/日本代表)

ー FIBAからの制裁が免れない状況になってしまいましたが?

選手には関与できない部分があり、選手からアプローチしろと言われても難しい部分でもあります。もちろん深津会長はすごくご尽力されたと思いますけど、それでもうまくまとまらなかったことであり、なかなか選手や一般の人達が思っているよりも難しい部分があるのだと思います。

ー どのようなリーグ環境や、どういう方向に向かって欲しいと思っていますか?

僕にも子どもがいるので、やっぱり子どもたちの将来のことを一番に考えてあげたいです。2つのリーグがあることで、例えば野球少年やサッカー少年はプロ野球選手になる、Jリーガーになるという明確な目標を立てることができます。でも今、バスケをしている若い子たちにとっては、NBLの選手になる、bjリーグの選手になる、そのどっちかを選ぶことになってしまいます。レベルが高く、待遇の良いリーグを目指すとは思いますが、そのまとまりが無い状態が、気持ちの問題かもしれませんが寂しいところがあります。プロバスケ選手になりたい子どもたちが、2つのリーグのどっちかを選ぶというのは寂しいですよね。

ー 同じコートで対戦していないので、どちらの方がレベルが高いかを比べることもできない現状があります。

そうなんです。でも、ファンはどっちが強いという話に絶対なってしまうじゃないですか。もちろん僕はNBLの選手なので、このリーグの方が上だというプライドはありますが、そこは難しい。高いレベルのバスケを見たいと思う子どもたちが、どっちの試合を見に行けば良いか迷ってしまいます。演出も大事ですが、それ以上に質の高いプレイを見せたいです。

ー FIBAからの制裁が下されることで、日本代表活動に影響が及ぶ点については?

選手が一枚岩になれば変えられるかと言えば、可能性はゼロではないでしょうが、難しい部分もあります。加盟しているチームがうまく話し合って、全員がプラスになることは難しいとは思いますが、そのプラスを目指しつつ厳しい条件を強いられるところも理解しながら歩み寄ることが絶対に必要だと思います。

ー このような状況になってもリーグ戦は続きますし、選手としてコートで表現しなければなりません。

僕はバスケを職業として家族を養っているわけですから、やるべきことにブレはありません。子どものお手本になるようなプレイをし続けるだけです。

bbs141029b

辻 直人(東芝ブレイブサンダース神奈川/日本代表)

ー FIBAからの制裁が免れない状況になってしまいましたが?

解決への見通しがつかず、間に合わないのではないかという話を薄々は聞いていました。でも、それに対しての詳しい話は選手に下りて来ておらず、どういった部分で決まらないのかなど詳細は分かりません。ただ少しずつ聞いていた情報が「あぁ、やっぱりそうなのか」というのが正直な気持ちです。
せっかくアジア大会で日本代表が銅メダルを獲ったことで、日本のバスケットに対して良いニュースをもたらせることができました。それをきっかけに何か変われたり、少しは良い流れを持って来られたと思っていたのですが、出鼻をくじかれたような感じになり本当に残念です。

ー どのようなリーグ環境や、どういう方向に向かって欲しいと思っていますか?

一 個人の意見ですが、そんなにチームを増やしてもうまくいかないと思っています。チームの問題もいろいろとニュースに出たりしている状況です。お金をちゃんと用意できるような環境も大事でしょうし、僕は東芝しか知りませんがすごく良い環境でやらせてもらっています。他のプロチームの話を聞けば、練習場所が無いとか、体育館が滑るなど、環境が良くない状況を聞いていると何が良いのか、それでうまくなれるのかという疑問が正直なところあります。今のやり方のままでも良い部分はあると思います。

ー 企業チームの良さをどう感じていますか?

すごくバックアップしていただいています。パナソニックも良かったでしょうが、昨シーズンに移籍して来た大西(崇範)さんも東芝の環境はすごく良いと言っていました。

ー 裏を返せば、パナソニックのように景気によって休廃部に追い込まれる心配もありますが?

それはそうですが、企業チームだけではなくプロチームも経営難になってしまう現状もあり、今はどのチームにとっても安定は無いのかもしれません。

ー 一つになった方が良いとか、bjリーグのチームと対戦したい気持ちはありますか?

ルールも違う中で本当にやれるのか、という問題もあるでしょう。もし、bjリーグのルールを持って来て外国人選手3人がコートに立つような状況になった場合、それで日本代表が強くなれるかな、という心配があります。やっぱり日本でやってる以上、日本代表が強くならなければならないですし、試合に出なければ絶対に成長はありません。いくら練習中に外国人選手と対戦するからといっても、やっぱり試合に出て結果を出して、様々な経験をしなければ向上しないことは、この3年間を通して感じています。もし、日本人選手の出番がルール上少なくなってしまうのは、今後の日本代表が大丈夫なのか、という心配があります。

bbs141029c

石谷 聡選手(青森ワッツ)

ー どのようなリーグ環境や、どういう方向に向かって欲しいと思っていますか?

いろいろ問題はあると思いますが、やっぱりの日本の中でのトップリーグは一つに定めて欲しいです。(FIBAからの制裁を下されることで)日本代表が国際試合に出場できなくなると言われていますが、サッカーを見ていても日本代表が実力をつけたことで人気もすごく上がったと思います。日本代表活動をもっと活発にするためにも、トップリーグも含めて、日本でバスケットボールをしているみんなが一つにならなければいけないと思います。やっぱりトップリーグが一つになって、ともに向上していける環境が、僕はベストだと思います。

bbs141029d

目 健人選手(東京サンレーヴス)

ー どのようなリーグ環境や、どういう方向に向かって欲しいと思っていますか?

この問題について一番理解されているのは、bjリーグとNBLの両方を経験している人であり、その方の発言が一番影響があるのでは無いでしょうか。僕がこんなことを言って良いのかは分からないですけど、NBLとbjリーグの両方のトップ同士で話すことも大事ですが、それならば両方のリーグを経験している選手やコーチがいるわけですし、その意見が一番大きいと思います。そういう方々の声を聞けば、より良い方向に進むのではないかと思います。

bbs141029e

棟方 公寿ヘッドコーチ(青森ワッツ)

ー どのようなリーグ環境や、どういう方向に向かって欲しいと思っていますか?

その話し合いに実際に入っているわけではないので、私からは答えられません。
ただ、一緒になりたいという気持ちはあります。そこは分かってもらいたいです。

bbs141029f

山野 勝行代表(アースフレンズ東京Z)

ー どのようなリーグ環境や、どういう方向に向かって欲しいと思っていますか?

僕の立場から言うのもなんですが、日本一を一つにしてもらいたいです。今は、bjリーグはbjリーグで日本一、NBLもNBLで日本一と言ってる状況なので、日本一を一つにして欲しいです。本当の日本一の争いを観たいじゃないですか。今と同じくリーグが別のままであれば、プロ野球の日本シリーズのようなもので決着をつけても良いと思います。これから東京Zがさらに上に向かっていくためにも、どこが本当の日本一なのかをハッキリさせてもらいたいです。僕らは日本一と言いたいですからね。今、いろいろと言われている問題もありますが、一つのリーグになるのがやっぱり分かりやすいです。その中で東と西や1部と2部に分かれようが、一つのリーグになって欲しいということを現場にいるみんなが思っていることなのではないでしょうか?本当の日本一が決まる環境を作りたいですよね。

* * * * * * * *

コメントを寄せていただいた皆さん、ありがとうございました。
統一プロリーグ問題は、リーグや日本代表に携わっている一部の人たちだけの問題ではありません。もしFIBAに制裁を課され、日本代表活動ができなくなった場合、オリンピックを目指さない競技というレッテルが貼られ、そのしわ寄せが今後の競技人口や集客数の減少、バスケ自体に興味をもってもらえないなど、何かしらの影響があるはずです。
今すぐには実感できないことでもあります。しかし、現役を引退した後もバスケを生業にしたいと思った時に、競技人口が減っていれば、マーケット自体が縮小してしまうわけです。その被害を少なくするためにも、バスケに関わる全員が危機感を持たねばならず、1日も早い解決を臨まねばなりません。

JBA
NBL
TK bjリーグ

泉 誠一