7年目の飛翔(信州#1今野 翔太選手)

今野翔太選手

今シーズン、大阪エヴェッサから信州ブレイブウォリアーズへ移籍した今野 翔太。それまで5点前後だった平均得点を昨シーズンは倍増となる9点台に押し上げた今野だが、新天地ではさらなる活躍を見せている。開幕した10月は、6試合で平均18.7点。20点オーバーの試合が2試合。
飛躍的な活躍に興味を持ち、実際に話を聞くべく11月17日に行われたアウェイでの埼玉ブロンコス戦へ足を運んだ。前半は4点止まりだった今野。今日は得点は伸びないか──と思われた後半。早々に3Pシュートを沈め、4Qだけで12点を挙げ、終わってみればチームハイの19得点。やっぱりすごかった今野に話を伺って来た。

7年目にしてようやく巡り会えたチーム

ー 今シーズンに入って得点が伸びた要因は?

今野「河合 竜児HCが僕のやりやすい環境でプレイさせてくれていることが一番だと思います。長所を生かそうとしてくれていますし、自分の得意なプレイをコートで出させてくれていますので、遠慮することなくもともと自分が得意としていたプレイを出せるチームにようやく巡り会えたと思っています」

ー 大阪時代も思い切り良いドライブを出すも、なかなか大きな壁に阻まれることもあったが、今ではそれが決まるようになった印象を受けたが?

今野「当時は遠慮がありましたし、自分のプレイスタイルとチームの求めるスタイルをなかなか合わせることができずにいました。今回フリーエージェントで移籍を決断し、自分が選べる立場になったことで、(ヘッドコーチの河合)竜児さんのプレイスタイルのことを聞いたりしていたところ自分の考えとマッチしていました。このチームに来て今、それが数字に表れてるので良かったですし、すごい感謝しています」

ー 移籍の決め手になったことは?

今野「竜児さんの求めるバスケットと僕の考えてることがほぼ一緒だったこと。ディフェンスをメッチャがんばって、オフェンスではメッチャ走って、シュートをガンガン打つ。どんだけシュートを打たれても、守ればもう一度攻められると思っているので、今は遠慮無く……遠慮する時もありますが、前よりも積極的にプレイできています。これまで得点のアベレージが高くなかったのに、得点を獲れるところを見抜いてくれたところはすごいと思いますね」

努力が結果に直結していることをうれしく思う河合HC

ー 河合ヘッドコーチはどのように今野の才能を見出したのだろうか?

河合HC「ドライブであったり、ジャンプシュートに関してはあれぐらいやれると思って獲得したので、その期待には応えてくれています。正直言って、アウトサイドに関しては僕の想像とは違っていて、そこまで入るとは思っていませんでした。しかし、練習中はもっと入っていますし、何よりハードワーカーであり、シューティングを打ってる本数が違います。努力が結果につながっています。もちろんその努力が必ず報われるということではないですが、今は努力が結果に直結していることは僕もうれしく思っています」

河合HCがチームを作る上での理念として、「選手の長所を生かしたいと考えている」。選手の良さを引き出した結果、今野はこれまで以上の活躍を見せているのだ。

河合 竜司ヘッドコーチ

河合 竜司ヘッドコーチ

ー 河合HCはアウトサイドに関しては予想以上と言っていたが?

今野「あれ、昨シーズンから打っていたんですけどね。もともと自分では打てるとは思っていましたが、いろんな考えがあってこれまでは抑え気味でした」

もともとは点取屋だった学生時代

今野のグラスルーツを紐解いて行くと、点取屋であったことが分かる。大阪学院大学時代には、関西学生バスケットボール 1部リーグにおいて、得点ランキングは平均22.4点で3位(※ちなみに1位は元パナソニックトライアンズの濱田 卓実。現在SOMECITY OSAKAにてTAKOYAKI BOYZのメンバーとして活躍中)。4年時にはインカレにも出場。敗れはしたが、2回戦の日本体育大学戦では38点を挙げている。

信州ブレイブウォリアーズ#1今野 翔太選手

信州ブレイブウォリアーズ#1今野 翔太選手

今野「もともと得点を獲るタイプだったんです。でも、大阪でプレイするようになってから自分のスタイルがブレていたんでしょうね。昨シーズンに、ようやく自分のプレイが見つかりました。6年かかりましたけどね。何とか生き残って来れました」

ー 移籍したことでの大きな変化とは?

今野「プレイタイムが伸びたこともあり、いろんな勉強ができているので、もっと良くなって行くと思っています。でも、ディフェンスはまだまだです。もっと頭を使っていかないとダメですね。ボールの無いところの動きや細かいところはやっぱりまだまだできていないことも多く、ちょっとチームに迷惑をかけているなと思っています」

ー 大阪と信州の違いはあるか?

「あえて厳しい竜児さんの元でやることを決めましたし、今はバスケットに集中できています。と言って大阪で集中していなかったわけではないですが、以前よりも練習量も増えています。寒い環境の中ではありますが、やればやるだけ自信になりますし、このような環境に身をおけて良かったなと思いますね」

11月17日時点で8勝4敗の信州は、まずまず好調なスタートを切った印象を受ける。しかし今野は、「周りからもそう言われますが、自分の中では普通であり、これまでのシーズンとあまり変わらないです」と言っていた。
ならば、これから進んで行くレギュラーシーズンを戦い抜くことにより、チームとしても、今野自身もさらに上向きになるはずだ。

今野「もちろんその自信はあります」

信州ブレイブウォリアーズ
bjリーグ
今野翔太オフィシャルサイト

文・泉 誠一