アグレッシブな三銃士(富山グラウジーズ#9水戸 健史選手)

bjリーグを制するための一つの答えとして、日本人選手の活躍が挙げられる。
コートに立つ5人中最大6割を占めるオンザコート3(3人同時出場可能)を採用するbjリーグだが、日本人が攻守に絡み100%の力を発揮できるチームこそ優勝に近い。
イースタンカンファレンスで凌ぎを削り合う11チームに所属する選手たちの平均得点を比較してみると、首位・秋田ノーザンハピネッツはスタメン5人が平均二桁得点をマークする。富樫 勇樹と田口 成浩の2人もしっかりスタッツを残し、一番乗りでプレイオフ進出を決めた。
3位・岩手ビッグブルズも5人の二桁得点選手を誇るが、日本人選手は高橋 憲一のみ。秋田以外に平均二桁得点に達する日本人選手を擁するチームは、bjリーグ全体を見ても富山グラウジーズだけである。チームのスタイルや選手の役割などそれぞれあるので、一概に大きな要因とは決めつけられない。しかし現時点では、複数の二桁得点を挙げる日本人選手がいる2チームが、イースタンカンファレンスの上位を占めている(全ての順位やスタッツは3月9日終了現在)。

(右から)#9水戸 健史選手、#31城宝 匡史選手、#0藤江 建典選手

(右から)#9水戸 健史選手、#31城宝 匡史選手、#0藤江 建典選手

日本人選手の活躍無しにチームの勝利は無い

オンザコート2からスタートする1Qに登場する3人のガード陣。初年度からリーグに参戦するベテラン城宝 匡史は平均17点。3月8日には通算400試合出場を達成した。6シーズン目の中堅・水戸 健史は12.8点。bjリーガーとして2年目を迎えた藤江 建典は9.4点であり、二桁に届きそうな活躍を見せる。
昨シーズンの王者であり、イースタンカンファレンスセミファイナルで立ち塞がった横浜ビー・コルセアーズを相手に、2連勝した22週目(3月8日-9日)。試合後、ボブ・ナッシュHCに先発で起用する日本人3選手に対する評価について質問を投げた。
「外国籍選手だけではなく、日本人選手たちにもしっかり仕事をするようにシーズンを通して伝えています。先発の3人だけではなく、ベンチプレイヤーも一生懸命練習から取り組んでおり、どの選手を起用しても得点を獲れることは信じています。日本人選手たちの活躍無しには、このチームの勝利はありません」

城宝、水戸、藤江はそれぞれ183cm前後と同じくらいの身長であり、それぞれがPGとSGの両方を担うコンボガード。そして、3人とも得点能力が高い選手たち。
「3人のガード陣は全員が、どのポジションでもプレイできます。たとえ外国籍選手たちが相手に止められたとしても、日本人選手たちが得点を獲って活躍できるのが我々の有利な点でもあります。特定の選手だけに頼るのではなく、コートに立つ5人全員でアタックするプレイをトレーニングキャンプから徹底させて来ており、それが実現でき始めています」
ナッシュHC体制となり2シーズン目を迎え、それぞれの信頼感が増したことで飛躍していることは、ゲームを見ていても感じられる。

一番信頼できる日本人選手がいるのが富山

水戸選手はうまく外国人選手の長い手をかわしながらワンハンドシュートを決めた。

水戸選手はうまく外国人選手の長い手をかわしながらワンハンドシュートを決めた。

サム・ウィラードのビッグショットが決まり、74-71で横浜との接戦を制したこの日(3月9日)。1Qは23-14で、テンポ良くゲームを運んだ富山が9点リードしていた。リバウンドを奪って攻守が切り替わった瞬間、一斉に自陣へ走り出す富山は、日本人3選手が起点となり、どんどんボールを前にプッシュする。ナッシュHCも「理想的な形」と言う展開で一気に点差をつけた。
起点の一人である水戸がボールを持つと、さらにスピードは増す印象を受ける。得点力はルーキー時代から定評があり、これまでも注目してきた選手だが、来月4月23日には29歳を迎えるとは思わなかった。まだまだ若手と思っていたが、しっかり年月を重ねており、それはプレイにも現れている。
「具体的に何が変わったかは分かりませんが、これまで積み上げて来たことなのだと思います。今シーズンはこれまでの足りない部分を補ってくれる選手の補強がうまく行ったことで、一人ひとりの役割がしっかりできています。昨シーズンから積み上げて来たことで、自分が行くべきなのか、つなぎに回るべきなのかが、感覚として理解できるようになりました。ルーキー時代の僕は、ただ走るだけという感じで、速攻でレイアップを決めるだけであり、そこからのスタートでした。今ではいろんなことができるようになったという自信はあります。それも、良い指導者、良いチームメイトに巡り会えたおかげです」

頼もしく感じた日本人3選手の活躍について、水戸自身はどう感じているのだろうか?
「城宝さんにしても、藤江にしても、オフェンス能力がすごく高いです。やっぱり積極的に攻めることで最悪ファウルももらえますから、そういうプレイで点数が伸びています。僕は一番信頼できる日本人選手がいるのが、富山だと思っています」
仮説として挙げた日本人選手の二桁得点がチームの順位に反映することに対し、実証するような水戸のコメント。そして、富山は実際に強い。イースタンカンファレンス現在2位だが、首位秋田、そして3位岩手にも直接対決では3勝1敗と勝ち越している。

横浜戦は15得点/7アシストの活躍を見せた水戸選手

横浜戦は15得点/7アシストの活躍を見せた水戸選手

有明に行くこと自体は通過点──目の前の試合を大事にすること

首位まで1ゲーム差。1位通過することでプレイオフを少しは有利に戦うことができ、ホームゲームの権利を得てブースターを味方にできる。
しかし、ナッシュHCは急がずに足下を固めながら歩みを進める姿勢は変えない。
「順位よりも、残り試合でしっかり自分たちが成長し続けることを目標にしています。毎試合毎試合を勝っていくことが、結果として順位が付いて来るだけ。1位を目指すことよりも、目の前の試合を大事にすること。秋田も岩手も素晴らしいチーム。周りを見ずにまずは自分たちのプレイをしよう、とトレーニングキャンプ1日目から一貫して選手たちには伝えてきました」

チーム内で唯一、富山県出身の水戸。地元でプレイすることこそが大きな力になっている。
「今日も高校時代に対戦相手だった友だちが応援に来てくれましたし、地元はいろんな人が見に来てくれますので、いつも勇気づけられています。逆に緊張する場合もありますけど…。アウェイにもたくさんのブースターがバスツアーで駆けつけてくれるので、やっぱり力になっています。アウェイでもホームのような感覚で試合ができるのは、本当にありがたいですね」
アウェイでの横浜戦ではあるが、ベンチ裏を埋める赤い軍団は心強い。そして、ブースターと一緒に有明コロシアムを目指す。
「昨シーズンは本当に良いところまで行ったのに、最後の最後で(カンファレンスセミファイナルで横浜に敗れ)有明まで届きませんでした。今シーズンはみんながさらに上に行くことを期待している思います。チーム目標は有明に行くことではなく、優勝。有明に行くこと自体は通過点。これからも勝って行けるようにがんばるだけです」
水戸のこのコメントこそ、ナッシュHCの教えがチームに浸透している証である。

今週末は、水戸の地元・南砺市にて大阪エヴェッサを迎えて行うホームゲーム。
先週末に秋田はプレイオフ進出を決めた。1ゲーム差で追う富山も今週末に決まる可能性は高い。開幕を迎えた時、勝利した時、プレイオフを決めた時……と、ブースターがスタンディングオベーションで称える区切りの瞬間は目の前まで来ている。

  • 3月15日(土)18:00 富山 vs 大阪@南砺市福野体育館
  • 3月16日(日)13:00 富山 vs 大阪@南砺市福野体育館

歪な2リーグ制が夢を失わせている──

最後の質問を向けると、水戸は驚いた顔を見せた。
「え!? 僕の頭には全然ないです。グラウジーズが強くなれば良いと思ってプレイしているだけなので、そこは全く意識していなかったです」
bjリーグにも良い選手はいる。
NBL選手との直接対決がないことで比較できず、評価されない現状がある。踏まえて、これまでの指揮官の多くは旧JBLから選出されてきた。近年でも、トーマス・ウィスマンHC然り、鈴木貴美一HCはアイシン三河との兼任だった。

日本代表を目指しているか?

実に簡単な質問であり、バスケットボール選手であれば誰もが目指す目標だと思っていた。しかし、歪な2リーグ制はこの当たり前の目標さえ霧に包んでしまっている。そう感じずにはいられなかった。
残念ながらどんな選手にもピークがあり、寿命がある。一日も早くリーグがどんな形であれ交流を持ち、直接対決できることで、選手にとっての新しいモチベーションや成長につながるはずだ。そしてもう一度、バスケットボール選手ならば抱かねばならない日本代表の夢を見て欲しい。それこそが、日本代表の底上げになると信じている。

富山グラウジーズ
bjリーグ

泉 誠一