悲願のリーグ制覇へ向け、背中で見せる生え抜き選手(新潟アルビレックスBB#32池田 雄一選手)

日本最古のプロバスケットボールチームである新潟アルビレックスBBも、誕生してすでに13シーズン目。日本リーグ、JBLを経て、bjリーグが誕生した年から参戦。しかし、優勝経験は2001-2002シーズンに下部リーグであった日本リーグを連覇した2回のみ。一方、運営面では1試合平均観客数2,611人(4月7日現在)を集客し、琉球ゴールデンキングスに次ぐリーグ2位。長岡駅から屋根付きスカイウォークでそのままアリーナへつながる便利なアオーレ長岡で行われた前節は、4月5日(土)2,508人、6日(日)2,703人を集め、好調をキープ。だが、コート上での成績は、プレイオフ進出へ向けて予断を許さない位置に甘んじている。

4位:信州(29勝17敗)
5位:新潟(28勝20敗)2.0
6位:青森(23勝23敗)4.0
▲▲▲プレイオフ圏内▲▲▲
7位:仙台(23勝23敗)0.0
8位:横浜(20勝26敗)3.0
※順位は4月7日現在

残り試合数はライバルたちより2試合少なく、あと4試合。自ら勝ち星を積み上げられない来週(4月19日-20日)を前に、余裕を持ってラストゲームを迎えるためにも、今週末(4月12日-13日)が正念場。ホームに迎えるのは、真下にいる6位青森ワッツ。
前節では、すでに西地区首位通過を決めている琉球に対し、1勝できたのは大きい。
「プレイオフへ向けて負けられない中、結果として1勝1敗でした。でも正直言って、昨日の勝利が霞むくらい今日はやられた印象を受けています」
大差で敗れたゲーム後、悔しいコメントを残してくれたのは、新潟アルビレックスBB#32池田 雄一だ。
2Q序盤、琉球のディフェンスに攻めあぐみ、逆に速攻を食らう。さらに3P攻勢で23-47、前半で一気に点差が広がった。4Qには10点を上回る26-16を挙げた新潟であったが、それ以前に開かれた差を縮められず65-84。一番避けなければならないはずである勝利した後の大敗を喫してしまった。

新潟アルビレックスBB#32池田 雄一選手

チームを引っ張る#32池田 雄一選手の背中

コートの中でしっかり表現して背中で見せること

8年目を迎えた池田は今シーズン、ナイル・マーリーとともに副キャプテンを務め、佐藤 公威キャプテンを支える役目を担う。昨年10月27日の群馬クレインサンダーズ戦で連続先発出場300試合を達成し、4月6日現在まで340試合に記録を更新中。バスケットボールスピリッツ vol.2のbjリーグ全チーム紹介においても、チームがイチオシ選手に挙げている。
常にスタートで起用されるエースであり、リーダーシップも求められる今シーズン。佐藤 公威や藤原 隆充は一度移籍し、新潟に戻ってきたが、池田はルーキーシーズンから新潟一筋の生え抜き選手。
「やるべき当たり前のことは、このレベルではみんなが分かっていること。公威選手がキャプテンですが、僕が一番チームに長くいますし、コートの中でしっかり表現して背中で見せることが伝わるのかなと思うし、説得力があると思っています。そこを一番に心がけてプレイしています。若い選手は経験が無い分、考えることや悩むことも多いと思うので、そこは率先して声をかけるようにはしています」

“背中で見せる”をプレイで見せると置き換えれば、現在チーム内では日本人トップとなる平均8.7点、157リバウンドを挙げており、数字としてその責務を全うしている。以前まではスタッツ目標として毎試合15点を掲げていた池田だが、「経験を積んだ今はスタッツよりも試合でできることや必要なことを意識し、結果としてスタッツがついてくれば良いと思っています」と言う。

我が強くゲームを荒らす…僕もそういうタイプでした

新潟アルビレックスBB#32池田 雄一選手

新潟アルビレックスBB#32池田 雄一選手

琉球戦の敗因として、「弱いメンタル」を挙げていたのは平岡 富士貴HC。ビハインドが続く苦しい試合中、声をかけ、発破をかけていたのは佐藤キャプテンであり、最年長の藤原だ。プレイで引っ張る池田にも同じようなリーダーシップがもう少しあればチームが変わるのではないか、と質問を投げた。
「プロ選手であるがゆえに、正直言って我が強い選手もいます。そのためにゲームを荒らす場面もあり、僕も元々はそういうタイプでした」
そう話す池田は、これまでの経験を生かしたもう一つの役割があることを話し始める。
「でも、荒らすことでチームが崩れることも身をもって経験しました。そうしないためにも、誰かしらが犠牲となりガマンしてプレイしなければならず、それが一番できるようでできないことです。それが分かった上で選手たちを立てるところは立てながら、支える役割を担うことでチームのために役立つのかな、というのが今までの経験で分かったことです」
温厚そうな表情とは裏腹に、数年前まではずっとイライラしていたそうだ。しかし、自分を振り返り、落ち着いて周りを見回したことでやるべきことが定まった。そして今では、ストレスからも解放された。
「メンタル面は自分としては、少しは成長したのかなと思います。周りにどう見られてもそれはどうでも良いこと。チームを上向かせることが仕事であり、それが正解なんです」

陸川 章HC(東海大学)からもらったパンチで団結を!

9シーズン目となるbjリーグにおいて、到達していないリーグ制覇の瞬間を新潟県民は待ち焦がれている。残り試合は4試合しか無く、プレイオフも未だ確定していない。しかし、ブースターの期待に応えるためにもやらねばならない。
「試合数は少ないですけど、目標をしっかりと認識し、みんなが同じ方向に向くことが大事になります。良いプレイが続けられずに下を向きたくなるところではありますが、それでも引っ張って行くことが大事。これからはチームとしての団結力がものすごく大事であり、必要です。誰かが置いてけぼりになりそうならば引っ張って行く、イラついていれば押さえる、そういうまとまりを意識して1試合1試合を戦っていきたいです」

団結力を高めることに関しては、熱い陸川 章HCの下で4年間を過ごした東海大学出身の池田にとっては、すでに体に染みついているはずではないか。
「もちろん陸さんに学んで来たことです。よく陸さんは、パンチを例えてこんな話をしてくれました。パンチをする時に指を5本開いたまま殴れば突き指してしまう。1本や2本でも開いていれば、その指を痛めてしまう。だからこそ、パンチする時は5本の指をしっかり握り、まとまって出さなければならない。それはバスケのコートに立つ5人も同じだということは4年間ずっと言われてきました。1本、2本が出てしまうのが凹んだりイラついている選手なので、そこをしっかりまとめていきたいと思ってますし、そのイメージはできています。練習中から選手同士のコミュニケーションはしっかり取れていますので、あとは結果を出すだけですね」

しっかりとプレイオフ圏内を確保し、優勝争いができる権利を勝ち獲らねばならない状況にある。現時点では、残り試合が2試合少ない新潟の立場はビハインドとも言える。だからこそ次の青森戦は絶対に負けられない。同時に、プレイオフ ファーストラウンドのホームゲーム開催となる4位も狙うことだって可能だ。二兎を追う者は一兎をも得ずとは言うが、ガツガツ行くのがプロってもんだろう。

(左)新潟アルビレックスBB#32池田 雄一選手

(左)新潟アルビレックスBB#32池田 雄一選手

  • 4月12日(土)18:00 新潟 vs 青森@鳥屋野総合体育館
  • 4月13日(日)14:00 新潟 vs 青森@鳥屋野総合体育館
  • 4月26日(土)18:00 新潟 vs 埼玉@所沢市民体育館
  • 4月27日(日)14:00 新潟 vs 埼玉@所沢市民体育館

新潟アルビレックスBB
bjリーグ

泉 誠一