ターニングポイント(群馬クレインサンダーズ)

勝利を確信し、笑顔を見せる群馬クレインサンダーズの選手たち

勝利を確信し、笑顔を見せる群馬クレインサンダーズの選手たち

勝てない日々を続けていた2シーズン目の群馬クレインサンダーズ。そんな中、昨年12月15日付でライアン・ブラックウェルHCを更迭。さらに、年明けから次々と外国人選手を入れ替え、前向きなチーム改革に着手しているのではないかと興味が湧く。
2月までは毎月1〜2勝しか上げられなかった群馬だったが、3月に入ると成績がグンと上向き5勝5敗。プレイオフ争いを繰り広げる仙台86ERS、青森ワッツに一矢報い、奈良バンビシャスを連勝で下す。さらに当時首位だった秋田ノーザンハピネッツを94-89で破る大金星を上げた。
テコ入れしたことが実を結び、ようやく結果に表れ始めた群馬にさらなる興味を抱く。

プレイオフ進出へ向けて連勝必至の王者・横浜ビー・コルセアーズを相手に、厳しい試合になると想定していた4月7日に行われたマンデーゲーム。予想通り、序盤は横浜がリードを奪う展開。しかし、2Qに入るとアグレッシブなディフェンスから群馬がすぐさま逆転に成功。さらにゾーンやフルコートプレスなどディフェンスを切り替えながらペースを握り、点差を広げていく。負けられない横浜は3Pで点差を詰める。ラスト4分を切った時点で76-74。二桁点差あった群馬のリードは、2点差まで迫られる。しかし、岡田 慎吾がジャンプシュートを沈め、さらに小渕 雅のスティールから再び岡田が速攻を決めた群馬が84-76で勝利。月曜日にも関わらずホームに集まったブースターと喜びを分かち合った。

言いたいことを言い合って来た選手ミーティング

藤田 弘輝HC代行

藤田 弘輝HC代行

「チームのモチベーションや雰囲気がすごく良かっただけに、初戦に負けたのは何だったのだろうと思ったくらいです。本当に今日の勝利は大きいですし、ここで負けていたら次から4連戦する強豪・岩手ビッグブルズに対しても100%のモチベーションで臨むのは難しかったと思います。モチベーション高く、チームワークで向かわないと勝てないので、次戦へ向けてしっかり準備したいです」
ライアンHCを更迭した12月15日より指揮を執る藤田 弘輝HC代行は、確かな手応えを感じている。
アグレッシブなディフェンス、リズムの良いオフェンスができていることが、チームの好調さだと見て取れた。
「ボールがしっかり回っていることで、全員が気持ち良くプレイできた試合でした。シュートが外れても、良いタイミングで打てていれば、気持ちを落とすことなくハードなディフェンスができます。逆に1on1を仕掛け、他の4人がオフェンスに参加しないような状況でシュートが落ちた時は、5人全員のディフェンスの士気にも影響します。やっぱりボールムーブメントは大切であり、それができたこの試合は大きかったです」

10得点を挙げた岡田は、落ちたシュートにも納得している。
「もちろん全部が入ったと思って、シュートを打つことができています。最後のレイアップの前に決めたジャンプシュートも自信を持って打てました」
目の前で繰り広げられたバスケットを見せられれば、なぜ群馬はここまで負け続けていたのだろうかと疑問にさえ思う。負け続けたシーズン中に行って来たことを岡田が話してくれた。
「試合後は毎回ミーティングしていますが、特に嫌な負け方をした試合の翌日は練習後に選手だけで集まり、みんなで言いたいことを言い合っていました。先週もやりましたが、その結果が今週、一つですが勝てたのでチームは良い方向に向かっていると思います。チームプレイがうまくいかなかったり、誰かがイライラしたり、雰囲気が悪い時には必ず選手ミーティングを開催してきました。今では、悪い雰囲気でも、良い場面でも、試合中にしっかりハドルを組んでコミュニケーションを取れるようになっています」

努力だけは昨シーズンから変えずに続けて来たこと

群馬クレインサンダーズ#11岡田 慎吾選手

群馬クレインサンダーズ#11岡田 慎吾選手

群馬の黒星先行は今シーズンに始まったことではない。新規参入した昨シーズンは14勝38敗、イースタンカンファレンス最下位。今シーズンも2月までは7勝27敗と散々な結果であった。しかし3月に入ると、簡単に連敗しないチームへと変貌を遂げている。
「今日の試合がまさに典型的でした。これまではディフェンスで崩れて追いつかれて逆転されて来ましたが、そこでガマンできるようになったのがこれまでの大きな違いです」
負け続けて来た過去と、勝ちきることができた現在の変化について、岡田が答えてくれた。

逆に、昨シーズンからずっと変わらずに続けて来たことを明かしてくれたのは小渕であった。
「昨シーズンの成績は良くなく、今シーズンもずっと良くなかった中、どうにかして変えないとどんどんチームにとっても負け癖が付いたまま終わってしまうという心配はしていました。しかしそうならないように、負けている時も練習中からやるべきことは変えず、ずっと努力し続けて来ました。その姿勢を見せられるベテラン選手が、このチームには多くいます。それが結果として、少しずつ良くなって来たことであり、努力し続けて来て本当に良かったと思います」

昨シーズン、様々なチームから選手が集まって来てチームはスタート。浜松・東三河フェニックスからやって来た岡田は、「直接、浜松がこうだったという話はしませんが、練習に対する取り組みや普段の行動は、浜松でプロ選手として心がけていたものを今も変わらずやっているだけです」と言う。
選手それぞれが持ち寄った文化が、チームカラーとして浸透し始めつつあるようにも思えた横浜戦でもあった。岡田は、「まだまだ明確な色というのは表現しにくいですが、このチームには特徴的な選手がいて、それぞれの仕事ができれば今日のようなゲームができる。この戦い方を続けて行けるチームになりたい」とも話しており、群馬が目指すバスケットの手応えを感じていた。

リーグ屈指の日本人選手たち

群馬クレインサンダーズ#0小淵 雅選手

群馬クレインサンダーズ#0小淵 雅選手

チームの調子が上向いて来たことで、小渕にとっても本来の感情を取り戻しつつあるようだ。
「昨日の敗戦後と、今日の勝った後のロッカールームの雰囲気は全然違っていました。やっぱりその楽しさを覚えていきたいです。群馬は一人ひとり頭の良い選手が多いチームです。ゲームの終盤どころでの楽しさをみんなも感じており、これまでのような良いゲームをしていても逆転されてしまうような取りこぼしが減っています。そこがみんなの意識が変わってきている点ではないでしょうか」
勝つことこそがバスケに関わる人々にとって最高の喜びである。そして、成長できる瞬間でもある。この横浜戦での1勝が、群馬にとってのターニングポイントだった、と振り返る日がいつか来るかもしれない。
「今シーズンは、途中からもう一度新しいシーズンがスタートしたようなもの。以前のことをクヨクヨ言っても仕方ない」と前を向く藤田HC。
レギュラーシーズンの期間は限られているが、来年も再来年もチームは続く。リスタートに遅すぎる時期はない。ブースターへ向け、明るい未来をプレゼンテーションをしていくことも、ゲームで示す重要な役割だ。

群馬の試合を見ていて、日本人選手の活躍が目立った。そう話を向けるとそれぞれが自信を持って口を開く。
「リーグ屈指の日本人選手が集まっているチームだと本当に思っています。そこをできるだけ生かしたいとずっと思っています」と藤田HCが言えば、小渕も「本当に群馬にはタレントが揃っています。まだまだディフェンスでの課題はありますが、オフェンス時においてこれだけPGが困らないというのは、素晴らしい選手がいる証拠でもあります」と話していた。

シーズン序盤でつまずいた群馬ではあったが、リーグ屈指の日本人選手というベースがあり、それが開花し始めている。すでにプレイオフ争いから脱落したが、少しでも爪痕を残して来シーズンへとつなげたい。
残るは4試合。前節で2連敗を喫した岩手と、今週末はホーム最終戦で再び対戦する。先週土曜は72-76は惜敗、日曜日も順位の差を感じさせない互角な戦いをしている。
現在10位であるがために、すでに見放したブースターもいることだろう。しかし、ぜひともホーム最終戦にもう一度、見てもらいたい。今の群馬は、これまでとは別のチームというほど良い雰囲気を醸し出している。

群馬クレインサンダーズ

群馬クレインサンダーズ

  • 4月19日(土)18:00 群馬 vs 岩手@伊勢崎市民体育館
  • 4月20日(日)14:00 群馬 vs 岩手@伊勢崎市民体育館
  • 4月26日(土)18:00 信州 vs 群馬@長野運動公園総合体育館
  • 4月27日(日)14:00 信州 vs 群馬@長野運動公園総合体育館

群馬クレインサンダーズ
bjリーグ

泉 誠一