20歳なんてまだまだ序の口よ。(秋田ノーザンハピネッツ#0富樫勇樹選手)

見応えのあった秋田#0富樫勇樹選手(右)と琉球#14岸川隆一選手のマッチアップ

見応えのあった秋田#0富樫勇樹選手(右)と琉球#14岸本隆一選手のマッチアップ

富樫勇樹2008年8月、新潟全中(全国中学校バスケットボール大会)男子決勝。相手チームのエースがシュートを沈めると、すかさず新潟・本丸中学校のエースガードが入れ返す。中学生の試合とは思えないハイレベルさに、老舗専門誌の編集者が思わず「この決勝戦はお金が取れる試合ですよ」と口にした。ボクもそれに同意したのを覚えている。

あれから6年、本丸中のエースガードだった富樫勇樹のプレイが見られると聞いて、有明コロシアムに向かった。彼のプレイを見るのは、2年前の「NBA WITHOUT BORDERS ASIA 2012」以来だが、そのときはチラリと見た程度で、しっかりと見るのは6年前の全中以来ということになる。
bjリーグ2013-2014シーズンのファイナルは、富樫のいる秋田ノーザンハピネッツと、琉球ゴールデンキングスの対戦となった。オープニングショットは琉球のルーキー・岸本隆一の3ポイントシュート。しかしその直後、富樫が3ポイントシュートを入れ返した。その瞬間、あの決勝戦がフラッシュバックしてきた。そして「すぐに決め返すあたり、勇樹はあのときと変わらないな…」、ボクはそう思った。

富樫勇樹選手

富樫勇樹選手

しかし考えてみれば、変わっていないわけがない。6年という歳月を経て、彼ももう20歳。お酒だって飲める(彼が飲むかどうかは知らない)年齢だ。プレイヤーとしても、中学を卒業後、アメリカの高校に3年間通って、実力をつけてきている(と聞いている)。しかも舞台はbjリーグのファイナル。相手は人気、実力ともにリーグトップクラスの琉球。そんなbjリーグを代表するチーム、選手に対して堂々と渡り合えるのだから、やはり富樫の実力は本物だし、それだけ進化しているのだろう。「いやいや、あれくらいのこと、中学生のときからやってたよ」と思ってしまうのは、オジサン特有の感傷なのかもしれない。実際には1対1の駆け引きやドリブルワーク、シュートのバリエーションやそれを選択する判断力、体の使い方だって、当時とは雲泥の差があるはずだ。

それでも富樫と秋田は優勝することができなかった。その最大の理由はむろん琉球の強さにある。個々のうまさ、強さもさることながら、緻密なスカウティングで、どの選手もが「秋田は富樫のチーム」と認めるエースガードの良さを少しでも消そうと守ってくる。そこには当然フィジカルコンタクトのあるハードなディフェンスもあり、富樫のスタミナはそうしてじわりじわりと奪われていった。
それが第3クウォーター、富樫自身が「人生で初めて」という右足の痙攣につながったのだろう(左足の痙攣は経験済み)。富樫の足がハタと止まった。同時に秋田の攻撃も止まった。そこが勝負の分かれ目だったといえる。第4クウォーターの初めにベンチで応急処置を受け、残り7分46秒でコートに戻ってからは鬼気迫る1対1を見せたが、勝負の流れを変えることはできなかった。

試合後、チームが優勝するために何が足りなかったと思うか? の質問に「チームに何が足りないというより、今日の試合に関しては自分に足りないものが見つかった」と富樫は答えた。
「こういう事態(足が攣って、動きが鈍くなること)になったのは、琉球のディフェンスのプレッシャーだったり、フィジカルコンタクトなどで脚に“来た”んじゃないかと思うんです。その点でもう少し強い脚…40分間試合ができる体力や脚力をつけることが、これから先の課題になっていくと思います。もちろんそれは今までもわかっていたことですが、今日の事態でまだ改善できていないことがわかりました。(ファイナルという)大舞台でこうなったので、この悔しさをバネに、これからトレーニングに励んでいきたいです」

そのとき、改めてハッと気づいた。そうか、彼はまだ20歳なのか。同級生は大学3年生。彼自身は好んでプロの世界に飛び込んできたわけだが、それでもまだ体ができあがるところまでは至っていない。富樫の速くて、しなやかなプレイを支え、それでいてタフな筋肉をつけるには、もう少し時間が必要なのだ。

「先のことはまだ見えない」と言いつつ、一方で「チャレンジできるところは若いうちにしていきたい」とも言っている。それが示すものは何なのか。今年度の男子日本代表候補にも選ばれ、JAPANのユニフォームを身にまとって躍動する姿も見てみたいが、それでもやはり海外にチャレンジするほうが富樫勇樹には似合っているような気がする。20歳。まだまだ進化の序の口である。

富樫勇樹選手のディフェンス

富樫勇樹選手のディフェンス

bjリーグ

三上 太