反復練習 ー両リーグで頂点に立った選手の証言ー(横浜ビー・コルセアーズ#13山田 謙治選手)

bj141128a

併存する両リーグで頂点に立った経験の持ち主がいる。2009-2010シーズンにリンク栃木ブレックスでNBLの前身であるJBLを制し、2011-2012シーズンから地元に誕生した横浜ビー・コルセアーズへ移籍し、2年目の2012-2013シーズンにはbjリーグの頂点に立った。山田 謙治選手は、両リーグでの優勝を経験している。

強いチームの条件について伺うと、「反復練習です」と即答した。
「ヘッドコーチに言われていることを即座にできるようにならないといけません。何を求められているか、一人ひとりの役割がハッキリできれば、自ずと良いチームになると思います。そこが曖昧だったり、一人でも違う方向を向いていれば優勝はできません。リンク栃木の時も、横浜で優勝したも一人ひとりが役割をしっかり発揮し、コーチに求められていることをコートで表現できたからチャンピオンになれたと思っています。メンバーを見れば、他のチームの方がタレントは揃っていましたが、その中でも勝てたというのはチーム力であり、そこが大事だと僕はすごく思っています」

スモールラインナップながら運動量で勝り、連勝ストップ

bj141128cインタビューを行ったのは、ライジング福岡に83ー77で勝利した11月15日。連敗を7でストップした。
この日の横浜は悲報からのスタートだった。約1ヶ月前の青森ワッツ戦でヒザを負傷したウェイン・マーシャル選手。その後も、ケガを押して出場していたが、痛みが取れずに検査をした結果、左膝の皿が割れていたことが判明。11月15日より交渉者リスト入りとなった。
外国籍選手はウォーレン・ナイルズ選手とジャーフロー・ラーカイ選手の2人しかおらず、対する福岡は4人を擁する中で勝利をつかんだ。チームにとっても、“ウェインのために”とモチベーション高く臨んだ試合でもあった。

「そういう部分の意識がこの試合で変わったと感じています。今までは相手にリバウンドを獲られるとそこでやられてしまったと諦めてしまう感じでしたが、今日は獲られても次のディフェンスをがんばることを一人ひとりが意識してできたところもあります。徐々にですが、チームとしては良い方向に向かっていると思っています」
“そういう部分”とは、オフェンスリバウンドを獲られても、続く相手の攻撃をチームディフェンスで凌ぎ、さらに高確率でシュートを決めることができた。集中したプレイをすれば、外国籍選手が少なくても活路を見出せるのではないか、という質問についての答えである。
高さで劣る分、福岡にリバウンドは獲られていた(横浜37本:福岡45本…オフェンスリバウンド17本)。それでも、ゾーンとマンツーを併用したディフェンスからプレッシャーをかけて失点を凌ぎ、外国籍選手が少ない状況でも粘り勝つことができた。
「スモールラインナップな分、運動量多く動けますので、そこでアジャストしながら戦っていくしかありません。その中でうまく相手を混乱させられれば、良くなると思います」

bj141128b

毎シーズン、何かしらの問題を抱えてスタートしている

横浜は優勝したにも関わらず、そのシーズン途中から経営難が表面化し、チームとしては厳しい状況が続いている。今シーズンもなかなか選手が揃わず、心配もしていた。「僕らは毎シーズン、何かしらの問題を抱えてスタートしている」と山田選手もそこは割り切っているようだ。しかし、ここに来てマーシャル選手の離脱は痛い。
「ウェインがいなくなるのはチームとしては大きな痛手です。1ヶ月間もケガをしながらチームのためにプレイしてくれたウェインのためにも、今日は勝たなければいけませんでした。ウェインに不安を持たせてはいけないという思いの中、一人ひとりが本当にステップアップしてくれています。今日の試合であれば久山(智志選手)や(堀川)竜一さんなど、それぞれの役割が明確に分かってきているので、コート上でもしっかり表現できています。その点は一つの成長しているところだと思います」

山田選手と同じPGを担うチーム生え抜きの河野 誠司選手の成長も頼もしく感じる試合だった。
「僕としても助かりますし、今日の試合でも河野が引っ張ってくれた時間帯もありました。PGとして今日のようなプレイを毎試合できるようになれば自然とプレイタイムが増え、コーチからの信頼ももっともっと上がって来ると思います。そこは僕も期待しています」
強いチームは一人ひとりの役割がハッキリしていることと山田選手は言っていた。少しはきっかけが見えたかと聞けば、「まだまだ今シーズンのチームはそこまで完璧にはなっていません。でも、そこが浸透していけばシーズンを通して良いチームになれるとは思っています」と話していた。

なかなかチーム名になっている横浜市内で開催できずにいる横浜だが、今週末(11月29日-30日)は平塚総合体育館でバンビシャス奈良戦、来週末(12月6日-7日)はスカイアリーナ座間で群馬クレインサンダース戦と、ホームゲームが続く。幸い、現在4勝12敗の横浜より勝率が低い2チームとの対戦。マーシャル選手が戻ってくるまで、少しでも勝ち星を重ねるためにも、この4試合は落とせない。

  • 11月29日(土)18:00     横浜 vs 奈良@平塚総合体育館
  • 11月30日(日) 14:00     横浜 vs 奈良@平塚総合体育館
  • 12月6日(土) 18:00     横浜 vs 群馬@スカイアリーナ座間
  • 12月7日(日) 14:00     横浜 vs 群馬@スカイアリーナ座間

bj141128d

リーグとして無くなってしまうのではないか、という不安

両リーグで優勝を経験した山田選手にも、統一プロリーグ問題について触れてもらった。
「大変な問題だと思います。男子はここ最近オリンピックには出られていませんが、女子に関してはアジアでチャンピオンになっていますし、女子まで国際大会へ出場停止となってしまうのはどうかと思います。
また、WJBLは早々に1部と2部が合併したわけですし、プロ(クラブチーム)と企業も関係なくできています。そこをどうやるのかというのは、本当に難しい問題だと思います。
今日も応援に来てくれたクリニックの子どもたちがいましたが、その子たちのためにも、しっかり話し合ってクリアにしてもらいたいです。
両方のリーグにも良い部分がありますが、現状の集客面ではファイナルを観てもbjリーグの方が人は入っているわけですし、そういうところは受け入れなければいけないのかなと思います。もちろんNBLは、ずっと実業団リーグとしてやってきたわけですから、企業チームとしての意見もあるかと思います。すごく難しい問題だと思いますし、早くしなければいけないのでしょうがなかなか答えが出る問題ではないと僕は思います。トップ同士がしっかり話し合いをして、良い方向に持って行かないと、今後バスケットボールというものが本当にリーグとして無くなってしまうのではないか、という不安もあります。このまま状態ではいけないと思うので、早急に話し合った方が良いと思っています。
メディアで取り上げてもらわないといけないですし、2020年に東京オリンピックがあるわけですから、そこに日本が出ていないのはやっぱりよくないのかなと思います」

最後に、古巣のリンク栃木との対戦を臨んでいるかを聞いた。
「お互いプロチームですので、対戦してみたい気持ちはあります。切磋琢磨になるし、対戦することで良い勉強になると思います。今年のプレシーズンは交流戦も盛んに行われていたので、ある程度のお互いのレベルも分かったと思います。バスケットの堅実さやパフォーマンスの良さも分かるので、交流しているのは良い方向に向かっているのかなとは思います」

山田選手は毎週金曜20:30〜21:00にFM湘南ナパサ(78.3MHz)で「それいけビーコル!謙治のラジオ」という情報番組を持っている。ネット環境があれば、サイマルラジオでどこからでも聞くことが可能だ。

横浜ビー・コルセアーズ
TK bjリーグ

泉 誠一