新体制に必要なコミュニケーション(日立東京:ティム・ルイスHC、酒井泰滋キャプテン)

日立サンロッカーズ東京

日立サンロッカーズ東京

日立サンロッカーズ東京は、NBLへとリーグが変わった今シーズンより体勢を一新。8年間に渡って指揮を執って来た小野 秀二 元ヘッドコーチが退任し、イギリスからやって来たティム・ルイスヘッドコーチを新たに迎えた。昨年のロンドンオリンピックでは地元イギリス代表のアシスタントコーチを務め、2004年に行われたキリンカップではイングランド代表のアシスタントコーチとして来日経験がある。
「日本代表戦を見ていたので、能力のある日本人選手がいることは分かっていましたし、とてもハイレベルなリーグだと思っていました。それに日本でプレイしている外国人選手のレベルが高い」
これが、来日前にルイスHCの中にあった日本の印象である。

情報が無いまま来日したルイスHC

ティム・ルイスHC

ティム・ルイスHC

実績ある外国人ヘッドコーチが日本を変えてくれるのではないか、と少なからず期待してしまう。同時に、世界のマーケットに乗らない日本人選手のことをどれだけ分かってやって来るのか、という疑問も抱く。現状は、実績があってもなかなか結果を出せずにおり、それも来日前の情報が少なすぎるため、フィットするために1シーズンを費やさねばならないのが原因ではないかとさえ感じる。ルイスHCもまた、来日前に新たなる職場の状況を熟知してはいなかった。
「確かに来る前は、日本人選手に関してそこまでは分かっていませんでした。選手の経歴やスタッツとかは、向こうにいるとなかなか分かりづらかったのは事実です。(ドナルド)ベックHC(トヨタ自動車アルバルク東京)に連絡をして情報を聞いたりしていましたが、そこまで詳しく分かった上で来日したわけではありません」
海外組が9割を占めるサッカー日本代表であれば、外国人ヘッドコーチでも容易に戦術をシミュレーションできるが、バスケ界はそうはいかない。

開幕から1ヶ月が過ぎ、サンロッカーズは1勝7敗(10月20日現在)。チームを作ったばかりなので、この結果も必然なのだ。
第4節目を迎えた東芝ブレイブサンダース神奈川戦は、手応えを感じたであろう試合となった。今シーズン、キャプテンを努める#28酒井 泰滋に今の状況を伺った。
「これまでの試合内容がちょっとひどすぎて、戦う以前の問題でした」
見ている側から言っても何がしたいのか分からず、サンロッカーズのバスケスタイルを見出せずに終わっていた6試合は、やはり選手たちも混乱していたようだ。
「そんな状況でしたので、選手としてももっと改善できる点があるのではないか、とミーティングしてから臨んだのが今日の試合(10月19日のブレイブサンダース戦)だったので、ちょっと先が見えた…とまでは言えませんが、今日のような試合を続けて行くことで見えて来るものはありました。次につながる試合ができたし、今日のような試合を続けていかないと、ですね」

新たなるサンロッカーズスタイル

「ガード陣(#9西村 文男、#7伊藤 駿)は速いので、それがうまく機能すればチームとしてもうまくいく」と、一つのストロングポイントを挙げた酒井。
良い流れができリードしていた時間帯はどんどんボールをプッシュし、躍動感溢れるオフェンスを見せていた。さらにディフェンスでは前線からプレスを仕掛けていく。これがルイスHCが求めるバスケなのだろうか?
「日本におけるバスケスタイルはハーフコートバスケットが多いなと思う部分がありました。今回、就任するに当たりオールコートで走るバスケットをしていきたいと思いながら、いろいろと考えては来ました。オフェンスではもっと走らせたいし、トランジションの中で良い状況判断をさせていきたい。ディフェンスはアグレッシブにボールにプレッシャーをかけ、チェンジングディフェンスで相手を翻弄させることを求めており、今日の試合ではできていました。それが勝つチャンスが最後まで続いた要因でもあります」

酒井にも同じように新しくなったサンロッカーズスタイルを聞いて見た。
「どんどんプッシュしていくバスケットを求めています。ガード陣は速いし、ウイングの広瀬(健太)も、(小林)大祐もガンガン行くタイプ。でも、そこのバランスを保つことは必要になるとは思います。彼らの良さを生かすためにも、誰かのためにプレイする献身的な意識や、周りを生かすための自己犠牲など、そこまで考えてプレイできるようになれば、もっと機能してくると思っています」
これまではディフェンシブなチームであり、5〜60点のゲームを僅差で勝つのがサンロッカーズのスタイルであったが、指揮官が替わりガラリと印象が変わった。
その戸惑いもさることながら、初めて外国人ヘッドコーチの元でプレイすることに違和感や難しさは無いのだろうか?
「そこには思ってた以上の難しさがあります。言葉の問題も大きいですし、特徴や性格をつかむのもそうですし、どうしても日本人とは違う感覚があります。外国人選手が2人とも変わったことも大きく、日本でプレイしたことある選手であれば文化を知っていてくれるので理解も早いですが、そこが難しいところ。伝え方も簡単にはいかないと思っています」
新体制となったチームキャプテンにとって、悩みは多い。

今いるメンバーで勝つことだけ!そのためにも学ぶことが大事

酒井泰滋キャプテン

酒井泰滋キャプテン

ルイスHCを迎えて3ヶ月が過ぎ去ろうとしている今、ようやくいろいろと分かり始めて来た時期でもある。
「僕は時間が経つにつれて、ティムとのコミュニケーションが取れるにようになって来ていると感じていますし、今後はもっと自発的にやらないといけないという自覚もあります。その点については問題ないですが、ただチームが勝っていないので、選手のモチベーションや試合への臨み方は考える必要があります。勝てていないことで、責任の所在を明確にしようとしがちになりますので、それはチーム全員の責任であることをスタッフはもちろんでしょうが、選手にも意識させるようにしていかなければいけないと感じています」
7シーズン目を迎え、しっかり経験を積んできた酒井はルーキーシーズンを引き合いに出して、さらに話を続けた。
「今までなんだかんだ言って、こういうシーズン開幕も多かったです。僕がルーキーシーズンの時なんて、負け越しスタート(第4週までで今シーズンと同じく1勝7敗)でしたが、途中から盛り返して最終節までプレイオフ争いをしていました。なので、まだまだ全然悲観する時期ではない。これから自分たちでどれだけ立て直して、上位に食い込んで行けるかですよね」

サンロッカーズの大黒柱である#15竹内 譲次が戻って来れば巻き返せるのでは?端から見ればそんな期待感も強いが、その意見を酒井は一蹴する。
「譲次が間に合わないことは始めから分かっていたことであり、それを考えていては選手としてダメです。ファンの方々はそう思われているかもしれませんが、選手の間ではそういう思いは全くなく、今いるメンバーで勝つことしか考えていません。選手一人ひとり、ハマ(#14中濱 達也)やミツ(#0満原 優樹)にも意地がありますし、彼らの特徴は出始めています」
この試合、竹内だけでなく#21ダリアス・ライスもケガで欠き、インサイドでビハインドを背負っていた。しかし、満原はシュートレンジ広いオフェンス力で二桁得点を挙げ、中濱はガッツ溢れるルーズボールやリバウンドに絡み、役割を果たす。

選手それぞれが仕事を全うすることでチームはまとまっていく。その成長できる段階がレギュラーシーズンでもある。今シーズンは一気に54試合へ増え、まだまだ一歩を踏み出したばかり。
今はルイスHCと選手たちがお互いに腹を探り合っている状況だ。
「私が来て、チームは違うスタイルにガラッと変わりました。8年間、小野HCの下でバスケットをしてきたわけで、私のスタイルにアジャストするにはもう少し時間がかかると思っています。私は選手たちにフリーを与えるバスケットを求めていますし、選手たちがゲームをコントロールできるスタイルを目指しています。選手たちには、ロボットのようにプレイして欲しくはないですし、一人のバスケットボール選手として戦ってもらいたい。まだまだお互いに学んでいる状況であり、時間がかかるかもしれませんが、信じてがんばることが大事です」
学ぶことを惜しまなければ自ずとチームは良くなって行く。そう思わせてくれた価値ある敗戦だったと言えよう。

次戦は10月26日-27日、墨田区総合体育館でのアルバルクはホームゲーム。集客面でも平均1,210名と大幅に目標入場者数2,000名を下回っているが、サンロッカーズファンは少なくはないはずだ。チームもファンもポテンシャル高いサンロッカーズの巻き返しに期待したい。

NBL
日立サンロッカーズ東京

文・泉 誠一