自分と向き合う出稽古:IBL参戦ニッポントルネード/早川大史選手

UFCで一番メジャーな日本人格闘家である岡見勇信選手は以前、チェール・サネン選手と対戦して敗れた後、そのサネン選手が所属するジムに出向いて自分の弱点を克服するなど、おおよそバスケでは考えられないような強化が格闘技や武道では日常茶飯事に行われている。それが出稽古だ!

日本にいながらアウェイを味わえる出稽古

ロンドンオリンピックを間近に控える柔道も、様々な形で出稽古を行い、出先では”歓迎”されることも多いと格闘技雑誌で読んだことがある。生きるか死ぬかのような歓迎ぶりは、日本にいながら、日本人同士でありながら、さらに無観客ながらも着実にアウェイの恐怖を味わえる実戦型の強化となっている。その経験が世界の舞台で勝ち上がれる礎になっているのかもしれない。
もちろん日本人のレベルを上げるため、お互いに切磋琢磨しているケースの方が多い。ボクシングミドル級日本代表の村田諒太選手もまた、いろんなジムに出向きながらプロボクサーと拳を交え、ロンドンオリンピックに備えている模様が、ちょうどテレビで流れていた。
出稽古は同じ競技同士だけにあらず。体が資本のアスリートにとって、フィジカルトレーニングは競技に関係無く、いろんなコーチの門を叩きながらパフォーマンス向上を図るというのは良く聞く話であり、一種の出稽古として考えることもできる。プロ野球やJリーグでは、オフシーズンになると自主トレの模様がニュースになる。違う競技の選手や敵対するチームの選手との合同トレーニングや異種競技の練習法を取り入れながら試行錯誤している。それは全て、自分と向き合い、そして自分を超えるためのアスリートとして必要な時間である。

アメリカへ出稽古中のニッポントルネード

120710_03.jpgオフシーズン期間を有効活用するため、日本から一歩踏み出して異なる環境に身を置く集団がいる。アメリカの独立リーグIBL(インターナショナル・バスケットボール・リーグ)に参戦した「ニッポントルネード」だ。日本人を主として構成されたチームが、バスケ発祥の地であるアメリカへ渡り、自分磨きの”出稽古”を行っていた。
IBLとは、4月〜7月にアメリカ北部を中心として開催されるリーグであり、NBA経験者やEURO LEAGUEのトップでプレイしている選手も多く参戦していると言う。またbjリーグで活躍する外国人選手の中には、IBLを経験している選手も多い。あくまでこのリーグは、次のシーズンへ向けてアピールするためのリーグであり、ここで生計を成り立てられるわけでは無い。
今年5月には、bjリーグがIBLとの強化育成プログラム協定を締結したことを発表。それゆえにbjリーガーも参戦しているニッポントルネードのことは大きく扱われるのかと思っていたが、これまでのところ一切紹介されていない。

ニッポントルネードの動向に興味を持っていたところ、突然、参加選手の一人である大分ヒートデビルズの早川大史選手から連絡をいただいた。一昨シーズンはペルーへとプレイグラウンドを求めて日本を発った早川選手。それまでは隣国である韓国までしか渡航経験が無かったが、たった1度の経験で一気に殻を破り、今ではステップアップできる環境を求めて軽やかに海を渡っている。経験が人生の原動力であることを身を以て証明してくれた。
最初に連絡をいただいたのは、まだシーズン中であった。IBL参戦のきっかけやリーグの状況などを伺った。

足りない部分を補うスキルトレーニング

Q:IBL参戦を決めたきっかけは?

120710_01.jpg

  • 早川選手:今回のニッポントルネードの活動は、IBL参戦とパーソナルコーチによるスキルトレーニングをするという目的があります。日本ではまだ珍しい専門的なスキルコーチから自分に必要なスキルを教わり、それをIBLのゲームで実践する、そしてまた更に必要なスキルを教わるという反復練習をしています。
    bjリーグやペルーリーグでプレイして、自分は圧倒的にスキルが足りない事に気付かされました。それを克服したくて、今回の参加を決めました。

Q:IBLの試合環境はどのような感じですか?

  • 早川選手:観客は大体50〜300人くらいです。チケットも1000円以下なものもあり、地元の方が気軽に観に来ています。

Q:現地での練習環境は?

  • 早川選手:練習環境はスキルコーチであるJasen Baskettコーチの運営するEmerald City Basketball Academy(ECBA)で、個人スキルを教わりながらトレーニングしています。練習頻度は強制ではなく自己管理ではありますが、ほぼ毎日行っています。

Q:IBLを通して自分が成長したい点は?

  • 早川選手:もちろん来シーズンへ向けたスキルアップです。昨シーズンに足りなかった部分をしっかり補いたいです。
    他にもいくつかありまして、まずはメンタル面です。どんなにディフェンスを頑張ってもある程度は得点は取られてしまうので、気にせず集中して次のオフェンスへ切り替えが出来るようになりたいです。どんな厳しい状況や環境でも気にせずプレイするように心掛けています。良い意味での諦めであり、バスケに重要な切り換えの早さをメンタル面でも養いたいと思っています。
    それとチャレンジする気持ちです。IBLは本番のシーズンではないので、練習中のスキルやゲーム中に思いついたことはどんどんトライしています。既にプラスになっていることがたくさんあります。また、バスケだけではなく、人間的にも成長していきたいです。

Q:今後の目標や夢は?

  • 早川選手:まずは来シーズン、bjリーグで日本一になることです。その先は、ユーロで一番になることです。その後の野望もありますが、それはここでは言えません。

1勝12敗の成績だが……

志を持って臨んだニッポントルネードは、7月3日に行われた試合でシーズンは終わった。IBLでの戦績は1勝12敗、プレイオフ進出には至らず。試合結果は以下の通り。

  • ニッポントルネード 119-153 Vancouver Volcanoes
  • ニッポントルネード 101-155 Bellingham Slam
  • ニッポントルネード 129-136 Olympia Reign
  • ニッポントルネード 112-151 Salem Soldiers
  • ニッポントルネード 102-152 Vancouver Volcanoes
  • ニッポントルネード 109-157 Portland Chinooks
  • ニッポントルネード 109-132 Olympia Reign
  • ニッポントルネード ○132-127 Yamhill Highflyers
  • ニッポントルネード 110-158 Portland Chinooks
  • ニッポントルネード 127-203 Salem Soldiers
  • ニッポントルネード110-152 Edmonton Energy
  • ニッポントルネード 84-145 Edmonton Energy
  • ニッポントルネード 128-178 Portland Chinooks

120710_02.jpg有志で選手を寄せ集め、チーム練習よりも個人のスキルアップに注力し、さらに外国人はゲームの時だけやって来る中で1勝できたのは大きい。この成績について早川選手は、「成績に関しては特に深くは考えていません。たしかに負けたことは悔しいですが、今回はJasenコーチにパーソナルトレーニングをしてもらい、それを実際のゲームで試すという目的でIBLでプレイしていました。もちろん勝つ気持ちでプレイはしていましたが、勝敗が全てではないトレーニングシーズンなので、勝敗にはそこまでフォーカスしてやっていませんでした。でも、勝ったゲームはとても嬉しかったです!」と言うように、チームでありながらも選手個々の目的を達することができれば、それで良いのである。

人との縁

そしてもう一つ、わざわざ海を渡ったことで得られる情報や人間として成長できたことも多かったはずである。
「今回のIBL参戦を通じてまず、人との縁が格段に広がったと感じています。僕はIBLのシーズン中に、ユーロで優勝するという新しい目標を決めました。目標を定めたことによって、それに即した情報をたくさん得ることができました。ユーロでプレイしている選手や関係している方が多くいたので、日本よりも情報を得やすいというのがIBLの利点です。あとは、やはりメンタル面がとても前向きになりました。ニッポントルネードのメンバーもそうですが、アメリカへ来る時点で自分の生き方をクリエイトして、なおかつチャレンジしている。そんなメンバーと一緒に行動しているとどんな状況でもポジティブにならざるを得ません。オーナーの西田さんも常に”Just do itしてみろ”と言ってくれていたので、ゲームでもそれ以外でもどんどんトライするようになりました。そして、何事にもタフになることができました」

一歩外に出ることで自分自身と向き合える

IBLが本当にレベルアップの舞台として有効なのか?
「アメリカの空気を吸うだけでは高く飛べない」という名言通り、本当のところは分からない。
しかし、目的意識を持って臨むことで、成長につなげることはできる。
そのためにも、自分のテリトリーとは違う環境を求める行動は、今後の日本バスケ界においてある種のブームになれば良い。何も海外だけではなく、国内でも得られるスキルアップできる環境はきっとある。一歩外に出たことで、違うバスケの捉え方を知ることができ、自分自身とも向き合える。その結果は何も悪い面ばかりではなく、良い面も自ずと見えて来るはずだ。その経験を個人のスキルアップだけに留めずに所属チームへと持ち帰り、相乗効果としてチームのレベルアップにつなげたい。それもまた自分の財産となり、チームの糧になる。
まもなく夏休みを迎え、子供たちにクリニックなどを行う機会があるチームや選手もいると思うが、同様に自分たちにとっても新たなる経験をするクリニックを実戦して欲しい。

全ては意欲と捉え方次第で、いくらでも前に進めレベルアップできる。このオフシーズンを有効活用した成果を、来るべき新しいシーズンに見せてもらいたい。

ニッポントルネードに参加した選手たちの今後の成長を見るためにも、ロスターと所属チームを紹介し、結びとしよう。

ニッポントルネード

  • 早川 大史(大分ヒートデビルズ)
  • 飯島 康夫(HOOPERS/SOMECITY・勉族)
  • 伊藤 邦茂
  • 伴 晃生(国士舘大1年)
  • 藤高 宗一郎(関西大3年)
  • 千代谷 信吾(Eastern Oregon University)
  • スタッフ:オーナー兼ヘッドコーチ・西田辰巳氏/アシスタントコーチ・松下朗大氏