アジア選手権直前:吉田 亜沙美選手コメント

吉田亜沙美選手

吉田亜沙美選手

10月27日からタイ・バンコクで「第25回FIBAアジア女子バスケットボール選手権大会(以下、アジア選手権)」が開催される。この大会は来年9月末に開幕する「第17回FIBA女子バスケットボール世界選手権大会」の予選も兼ねていて、上位3位までに入れば世界選手権の出場権を得られる。
 大会を目前に控えたヘッドコーチ、選手のコメントを紹介する2回目は吉田 亜沙美(JX-ENEOSサンフラワーズ/PG)。今や大神雄子と並んで日本の顔ともいうべき存在になった、日本が世界に誇るポイントガードは、先日の東アジア競技大会をどう感じ、アジア選手権をどう戦おうと考えているのか。

――まずは東アジア競技大会の感想と、チームの現状を聞かせてください。
吉田 中国に勝った翌日のチャイニーズ・タイペイ(以下、タイペイ)戦では気が緩んでしまったのか、自分たちのバスケットができず、ディフェンスが崩れて、オフェンスにうまく連動できませんでした。もちろんそこでの反省点を修正するために最終合宿に入ったわけですが、それでも内海ヘッドコーチから「今までやって来たことがブレてはいけない。しっかり目標を持って、みんなでひとつになってやらなければいけない」といった話をしていただきました。最終合宿の練習では、スクリメージにしろ、分解練習にしろ、それぞれの練習の中でディフェンスのルールを再確認したり、コミュニケーションもしっかり取れていて、今はすごく良い感じに仕上がってきています。今日のスクリメージでも、お互いのチームがやり合っていましたし、スタメンの5人だけではなく、相手をしてくれている選手たちにも押し上げてもらっているように感じます。まとまってきていると思います。

――東アジア競技大会は、アジア選手権直前であり、モチベーションやケガへの不安もあって、難しい大会だったと想像します。そのなかでも「これだけはやってはいけなかった」という悪い点はありましたか?
吉田 ディフェンスで、相手はこのプレイをしてくるからこれだけはやってはいけないという約束事があったにも関わらず、誰かの気が緩んだり、プレイを疎かにしているように見えたのは残念でした。チームで決められたルールを誰かひとりでもサボってしまえば、そこから穴ができて流れがつかめなくなってしまいます。このチームはディフェンスが上手くいけば、オフェンスも自然と良い流れにできるチームなので、ディフェンスで徹底するべきところはコートに立っている5人が徹底しなければいけません。悪かったのはそこだけだったと思います。

――逆に、難しい大会でも今後につながりそうな収穫はありましたか?
吉田 中国に勝てたのは、悪い流れの中でもベンチを含めて全員がガマンをしてディフェンスを頑張れたからで、その点は次につながるすごく良い経験になりました。自分たちのオフェンスがダメなときでも、ディフェンスを頑張って相手に得点をさせませんでしたし、ここはガマンの時間帯ということを、全員が把握できていたことはプラスだったと思います。

――東アジア競技大会ではターンオーバーが多かった。大会前に内海ヘッドコーチは「東アジア競技大会はゲーム感を取り戻す大会だ」とおっしゃっていましたが、ターンオーバーが多かったのはそれが原因でしょうか?
吉田 国内ではゲームができず、チーム内でのスクリメージだけだったので、東アジア競技大会が本当に久しぶりのゲームでした。最初の2試合(グァム、ホンコン・チャイナ)もゲームになるような相手ではなかったので、残りの2試合の入り方がすごく難しかったのは事実です。それでも自分たちのバスケットをしなければいけませんでした。その点については選手たちもしっかり反省して、本番のアジア選手権に向けて臨めると思うので、もう気持ちを切り換えてやっていくしかないと思っています。

japan131022b――今年のチームはインサイドが充実しているのが特徴ですが、ポイントガードとしてインサイドをどのように使っていくつもりですか?
吉田 昨年のチームもすごく良いチームだったと思いますが、そこに王(朝新喜)や渡嘉敷(来夢)が加わり、インサイドにボールを入れることでディフェンスがより縮まり、アウトサイドにいるシューターが気持ち良く打てています。ですから、相手がどんなに大きくても、インサイドにボールを入れたいと思っています。そこから攻められなくてもディフェンスを縮めてからキックアウトをすればドライブもしやすくなると思いますし、センターを軸にしてドライブからの合わせやパス&ラン、スクリーンプレイもできます。オフェンスの鍵はセンター陣のポジション取りや、アウトサイドからのインサイドに入れるパス、逆サイドの合わせだと思います。まずはディフェンスから速い展開に持ち込みたいと思っていますが、セットオフェンスに入ったときに、しっかりとインサイドにボールを入れることもポイントになってくると思います。

――そのディフェンスから走る展開についてはどのように意識していますか?
吉田 最近、ディフェンスからブレイク、アーリーへと持ちこむときに、センターとのピックプレイが少ないと言われました。自分がドリブルで持ってきたときに、そのまま流れでセンターがスクリーンに立って、右サイドにいたらそこから左にドライブで切っていくことが少ないと。自分がディフェンスリバウンドを取ったら素早くプッシュして、センターやウイングを走らせることも必要ですが、センターのスクリーンを使って自分がレイアップに持って行くことも必要になってくると思います。特に終盤疲れてくるとみんな走らなくなってしまうので、そのときにはそういったプレイを意識してやっていきたいです。

――最後にアジア選手権の目標を聞かせてください。
吉田 もちろん優勝することです。ディフェンスにもオフェンスにもさまざまなチームのルールがありますが、私は、ディフェンスからのブレイクを徹底するなど自分たちのバスケットをやっていれば絶対にどこにも負けないと思っています。自分たちのプレイをして、このチームが結成したときにみんなで決めた「アジア選手権で優勝する」という目標に全員で向かっていきたいと思います。そのためにもまずは初戦のカザフスタン戦と2戦目のタイペイ戦で流れをつかむことがポイントになります。東アジア競技大会のときもそうでしたが、最近入り方の悪い試合がずっと続いています。スタメンの5人がそこをしっかりと意識して臨めば、その課題もクリアされると思っています。

 日本が得意とする速い展開に持ち込むためには、単にスピードがあるというだけでなく、チームの最前線で厳しいディフェンスができる吉田の存在は欠かせない。165センチながらリバウンドへの意識も高く、コート全体を見渡す視野の広さと、そこに的確なパスを出す実力も兼ね備えている。攻守ともにチームの先頭に立ってチームをけん引する吉田亜沙美のプレイは必見である。

女子日本代表のアジア選手権・予選ラウンド対戦スケジュール

10月27日(日)14:00〜 対カザフスタン
10月28日(月)20:00〜 対チャイニーズ・タイペイ
10月29日(火)20:00〜 対韓国
10月30日(水)16:00〜 対インド
10月31日(木)16:00〜 対中国
11月2日(土)準決勝
11月3日(日)決勝
*すべてタイ時間。日本との時差:マイナス2時間。例)日本22時=タイ20時

JBA:第25回FIBA ASIA女子バスケットボール選手権大会特設サイト
FIBA ASIA:第25回FIBA ASIA女子バスケットボール選手権大会サイト(英語)
フジテレビNEXT:TV放送スケジュール

文・三上 太