アジア選手権直前:宮元 美智子選手コメント

宮元美智子選手

宮元美智子選手

10月27日からタイ・バンコクで「第25回FIBAアジア女子バスケットボール選手権大会(以下、アジア選手権)」が開催される。この大会は来年9月末に開幕する「第17回FIBA女子バスケットボール世界選手権大会」の予選も兼ねていて、上位3位までに入れば世界選手権の出場権を得られる。

大会を目前に控えたヘッドコーチ、選手のコメントを紹介する3回目は宮元美智子。今年度の女子日本代表に初選出された5人のうちの1人で、いきなりスタメンの座を勝ち取ったシューターである。初の公式国際大会となった東アジア競技大会を振り返ってもらい、そこからアジア選手権に向けて何をすべきかを聞いた。

――東アジア競技大会は初の公式国際大会でしたが、どのように感じましたか?
japan131024b宮元 海外に移動すると環境が変わるので、試合だけではなく、移動や生活面も本番であるアジア選手権をイメージして過ごすようにしました。バスケットに関しては相手がどうこうではなく、自分たちが今までやって来たことを個人的にも、チームとしても試合の序盤から出せるように意識をしていました。結果として自分自身のプレイに波がありましたし、ディフェンスでも自分よりも大きな選手につくことがあって、インサイドプレイのディフェンスがうまくできませんでした。それについてはしっかりと修正してアジア選手権に臨みたいです。

――雰囲気に呑まれたなど、メンタル面でこれまでとは違う感覚はありましたか?
宮元 チャイニーズ・タイペイ戦はゲームの入り方が良くなくて、重たい雰囲気がチームの中に漂っていたのですが、それを最後まで変えられずに終わってしまいました。自分一人で変えるのは難しいことですが、そういう時間帯があることをみんなそれぞれ感じていたと思います。コートに立っている5人もそうですが、ベンチも含めてチーム一丸となって、我慢する時間帯はしっかりとコミュニケーションをとりながら我慢をして、自分たちの流れが来たときには爆発できるようにしなければならないと感じました。

――しかし前日の中国戦はガマンできていたわけでしょう?
宮元 中国戦もけっして良い内容とは言えませんでした。でもそれ以上にチャイニーズ・タイペイ戦は自分たちのミスが多く、相手というよりも自分たちのイージーミスで流れがつかめませんでした。最終合宿では自分たちのターンオーバーやイージーミスをしないようにと言われているので、チームとして大会までにしっかりと修正していきたいと思います。

――宮元選手はシューターとしてシュートを求められていると思いますが、全体的に決めるべきシュートが落ちていると内海(知秀)ヘッドコーチも課題に挙げていました。その点についてはどう考えていますか?
宮元 今日のスクリメージでも1試合を通して良くなくて、修正もできずに終わってしまいました。まずは1本目、2本目のシュートを大事にすることと、シュートが入らなくてもディフェンスやリバウンドなど自分のできる仕事を疎かにしないようにしたいです。そしてアジア選手権では何もしないまま1試合を終えるのではなく、どこかで修正して自分のリズムでチャンスが来たら、積極的に打つスタンスは変えずにやっていきたいと思います。

初の日本代表入りで、いきなりスタメンのシューターに抜擢されたのだから、5月から合宿を重ねてきたとはいえ、まだ慣れないところもたくさんあるのだろう。宮元の口から出てくるのは反省ばかり。しかし日本代表のシューターでもあった内海ヘッドコーチが見込んだ才能が、東アジア競技大会レベルで萎んでいくはずもない。インサイドがこれまで以上に強くなった今回の日本代表だからこそ、宮元美智子の3ポイントシュートがチーム浮上のための重要なカギとなる。

女子日本代表のアジア選手権・予選ラウンド対戦スケジュール

10月27日(日)14:00〜 対カザフスタン
10月28日(月)20:00〜 対チャイニーズ・タイペイ
10月29日(火)20:00〜 対韓国
10月30日(水)16:00〜 対インド
10月31日(木)16:00〜 対中国
11月2日(土)準決勝
11月3日(日)決勝
*すべてタイ時間。日本との時差:マイナス2時間。例)日本22時=タイ20時

JBA:第25回FIBA ASIA女子バスケットボール選手権大会特設サイト
FIBA ASIA:第25回FIBA ASIA女子バスケットボール選手権大会サイト(英語)
フジテレビNEXT:TV放送スケジュール

文・三上 太